詳細を見る

【基礎知識】NFTトレードの始め方

31 mins
記事 Alex Lielacher

強気市場において、CryptoPunksやBored Apesのような人気のNFTトレード(取引)で大金を稼いだ人がいることはご存知でしょう。そのため、この見かけ上利益の出しやすいベンチャーで運試しをしてみようと考えている人もいるかもしれません。しかし、弱気な市場において、その価値はあるのでしょうか?また、どこで投資対象になりうるプロジェクトを見つけることができるのでしょうか? どのようなマーケットプレイスを選べばよいのでしょうか?

本記事では、NFTトレードの基本からプラットフォーム、NFTの有用性まで、NFTに関する重要な情報をまとめ、NFT取引の始め方や手順についてご紹介します。

BeInCrypto

TelegramのBeInCryptoトレーディングコミュニティに参加してください。レビューを読み、暗号資産のプロジェクトについて語り、プロのトレーダーからあなたのすべての疑問・質問に答えてもらいましょう(現在英語のみ対応)。

Join now

Atlas VPN

🛡VPNでインターネットを安全に利用し、個人情報を保護しましょう!

アトラスVPNのプロモコード「ATLASWELCOME」で82%割引ボーナスを利用する。

Get VPN

NFTトレード(取引)とは何か?

NFTトレードとは、非代替性トークン(NFT)を購入し、それらを直後または数年後により高い価格で売却する取引のことです。OpenSeaRaribleBinance NFT、Nifty Gateway、Coinbase、SuperRare、MakersPlaceなどの二次市場で取引することができます。

そもそもNFTとは?

非代替性トークン(NFT)とは、固有(唯一無二)の有形または無形のアイテムを表すデジタル資産です。これらはデジタルアート、有形アート(従来の美術品)、仮想不動産、ゲーム内アイテム、スポーツの記念品、音楽、動画などが該当します。人々はブロックチェーン上で、これらをNFTとしてミント(作成)し、所有者に独占的な所有権を与えます。つまり、NFTの所有者は世界に1人しかいないことになります。さらに、NFTがブロックチェーン技術を使った固有なデータであることから、投資家は購入前に所有権を検証することができます。

NFTトレーダーは利益を上げることを目指していますが、利益が保証されるわけではありません。NFTトレードで成功するためには、洗練された技術と適切な戦略が必要です。人気のあるNFTが再販された場合、期待外れな結果を出すこともよくあります。たとえば、ジャック・ドーシー氏のNFTツイートは2021年に290万ドルで売却されましたが、2022年にオークションに出品された際には有益な入札を集めることができませんでした。オークションが終了した時点で最高入札額はわずか280ドルでした。このように、徹底的な調査と市場の「読み取り」能力が成功に不可欠と言えます。

NFTトレードの始め方

NFT トレードの始め方は比較的簡単ですが、そのプロセスには多くの作業と粘り強さが必要です。以下、各ステップを見ていきましょう。

1. NFTの市場リサーチをする

マーケットには多くの非代替性トークンが存在するため、時間をかけて調査する必要があります。NFTには、コレクターズ、ゲーム、メタバース、アート、ユーティリティなど、さまざまなカテゴリーがあります。リサーチをもとに、興味のある分野のNFTを選んだり、有望なカテゴリーに投機したりすることができます。

また、アーティストなどの個人からNFTを購入するか、NFTプロジェクトを運営している企業から購入するかを決めましょう。特定の個人のNFTに興味がある場合は、以下を参考にしてみてください:

  • 彼らはその分野で評判が良いですか?
  • 彼らの仕事の品質を評価できますか?
  • 他の人がそのクリエイターの作品の品質を評価していますか?
  • 彼らは以前にNFTを販売したことがありますか?
  • 彼らのNFTの再販価値は何ですか?
  • 彼らはどこで自分のNFTをミント(鋳造)しましたか?
  • NFTに参入する前の彼らの仕事の成績はどうでしたか?
  • 彼らはNFTを販売する際に自分の作品の著作権を保持していますか?

NFTプロジェクトを希望する場合は、NFTを作成している企業を調べ、各プロジェクトを深堀りすることが重要です。検討すべきポイントとしては、以下のようなものがあります。

  • プロジェクトチーム:LinkedInのようなプラットフォームで、彼らのキャリア背景を調査する
  • その企業がNFTを作成している期間
  • プロジェクトについて人々はどんなことを言っているか。これは、そのソーシャルメディアで調べたり、Googleでプロジェクトに関するニュースを検索して調べられます
  • プロジェクトのロードマップ
  • プロジェクトが販売したNFTの数
  • そのNFTの(現在の)価値
  • コミュニティの活発度
  • トークンがある場合は、そのトークンの時価総額や、保有者にどのような特典があるかどうか
  • 著作権の問題:プロジェクトがNFTを購入する際に、購入者に著作権を譲渡するか
  • リセールバリュー(再販価値

2. 選んだNFTを評価する

NFTを選ぶ際は、希少性、耐久性、望ましさ、再販売者数、追加価値(任意のユーティリティ)、ブロックチェーンについて考慮しましょう。使用されるブロックチェーンの種類は重要です。なぜなら、NFTをバイヤーに譲渡する際に支払うトランザクション手数料の額を決定し、それは潜在的なバイヤーコミュニティの規模によって決定される場合があるためです。

3. 市場調査の実施

過去数ヶ月または数年間のNFT市場全体のパフォーマンスについて調査することも忘れてはいけません。NonFungibleのようなプラットフォームは、販売数、ユニークな買い手と売り手の数、トップNFTに関する貴重な統計を提供しています。このプラットフォームでは、四半期ごとのレポートも発行しています。NFT Statsもまた、貴重な情報源となるでしょう。

4. NFTトレード戦略の作成

NFTと市場に関する情報を総合して、NFT取引戦略を作成してください。その際、自分のリスク許容度に基づき、いくらまでなら使ってもいいのか、いくらまでなら失ってもいいのか、詳細な自己設定が必要です。そのため、具体的な数値をもって戦略を立ててください。例えば、高いボラティリティの市場でパニック売りを避けるため、最大ドローダウン(最大資産からの下落率)を調べておくなどしてください。

さらに、購入するNFTの数とタイプを示してください。以前の調査によって、異なるカテゴリーのNFTを購入することで、投資リスクを分散できるかどうかが分かっているはずです。

良いNFT取引戦略には、タイムラインも考慮する必要があります。いつNFTを売却する予定か、どの価格で売却するのかなどを決定しましょう。売却のタイミングを示すシグナルとして注目すべき市場指標をリストアップしてください。また、オークションでNFTを売却するのか、固定価格で売却するのかなども明確にしてください。

NFT市場はまだ若く、将来何が起こるかを予測するのに役立つデータが多くないかもしれません。したがって、市場変化に適応できる柔軟な取引戦略を作成してください。さらに、NFTプロジェクトまたは個人クリエイター、NFT市場を常に注意深く観察してください。

NFTの取引戦略では以下のポイントを気をつけてください:

  • 「底値」で購入しましょう。底値とはつまり最低価格のことです。これにより、あなたはある程度の利益を得てNFTを売却できるでしょう。ただし、多額の現金/暗号資産が手元にある場合は、「天井」でも購入できます。天井のNFTはレアかつ人気がありますので、売却時に良い投資利益を得ることができます
  • 希少なNFTほど価値が高くなります1枚限定NFTやできるだけ希少性の高いNFTを購入するようにしてください。ただし、耐久性の証明されたプロジェクトによって発行された1枚限定NFTは、低価格で見つけることが難しいことを覚えておいてください。したがって、有利な価格のときにこれらの極めて希少なNFTを手に入れるためには、有望な新規プロジェクトを探しましょう
  • とにかくレアなNFTのみを購入しましょう。これは、基本的に誰もが欲しがるNFTです
  • NFTは売り手が少なければ少ないほど望ましく、競合が少ないため売りやすい可能性があります

5. 希望するNFTがどこにリストされているかを判断する

さまざまなセカンダリーマーケットプレイス(流通市場)で、希望するNFTを探してください。複数のNFTマーケットプレイスにリストされている場合は、価格を比較してみてください。同じNFTでも、別のプラットフォームでは安くなっている場合があり、費用を節約できるかもしれません。

6. 暗号資産ウォレットを取得する

NFTを保持するには、暗号通貨ウォレットが必要です。選択するウォレットは、NFTが発行されたブロックチェーンに基づいています。たとえば、Ethereum NFTにはMetaMaskウォレットが必要であり、Solana NFTにはSolflareが必要です。ウォレットを入手したら、関連する暗号通貨を課金してください。NFTマーケットプレイスはほとんどが法定通貨をサポートしていないため、例えばEthereumのNFTを購入するにはETHが必要です。

NFTを保有期間中は、セキュリティ上の理由から、ハードウェアウォレットNFTマーケットプレイスに接続されていないオンラインウォレットに移すことを検討してください。また、Binance NFTやCoinbaseなどの中央集権型のNFTマーケットプレイスにNFTを置かないでください。ここでは、あなたの管理下に置かれないためです。代わりに、秘密鍵を100%コントロールできるノンカストディアル・ウォレットを選択してください。以下の動画は、NFTだけでなく暗号資産についても参考となるでしょう。

7. NFTを購入する

選択したNFTマーケットプレイスに移動し、ウォレットを接続してください。次に、興味のあるNFTに対してオファーを出してください。効果的なオファーを出すには、他の入札を調べて、オークションに勝てるようなオファーを設定してください。他のバイヤーと競い合いたくない場合は、現在の価格でNFTを購入することもできます。

ただし、NFTは購入後、ウォレットに保管されるため、NFTを売却する前に再度市場価格を確認し、十分な利益を上げられることを確認することが重要です。また、NFTは市場の需要やトレンドによって価値が変動するため、市場を常に注視して価格の変化に対応する必要があります。

8. NFTを適切なタイミングで売却する

NFTを適切なタイミングで売却することは非常に重要なポイントです!売却の成功は、既存の市場センチメントとマーケットプレイスに依存します。数百人程度のユーザーしかいないマーケットプレイスでNFTを売ろうとすることが、最善のアイデアではないことは言うまでもないでしょう。

また、リストする際に必要なすべての詳細を提供することで、売却の成功の可能性を高めることができます。さらに、オークションの終了時刻と底値を設定してください。底値は、あなたが受け入れる最低金額を示します。さらに、適切なオークション期間を設定するには、ある程度アイデアが必要です。オークション期間を長すぎる、短すぎるといったことがないよう、適切な期間を検討するために調査を行ってください。

オークションはNFTを売却するための唯一の方法ではありません。固定価格を設定したり、価格を下げることもできます。最適な販売方法は、それぞれの状況に最も適していると感じるものに依存します。NFTを成功裏に取引するためのコピー&ペーストのような機能はありません!

NFTトレードを始めるのに最適な場所を選ぶ方法

NFTマーケットプレイスは増加傾向にありますが、そすべてのマーケットプレイスがあなたのニーズに合うわけではありません。以下を参考にしてみましょう:

ユーザー数

マーケットプレイスのユーザー数は、あなたがNFTを売買を決断する速さに影響します。OpenSeaは最大のNFTマーケットプレイスで、月間121万人以上のアクティブユーザーと1億2,100万人以上の訪問者がいます。SuperRareやRaribleも人気のあるプラットフォームです。

DappRadarの30日間のデータによれば、トレーダー数が最も多いマーケットプレイスはOpenSea、Magic Eden、Blur、X2Y2、Axie、AtomicMarket、NBA Top Shotでした。

対応しているブロックチェーン

NFTマーケットプレイスは、1つ以上のブロックチェーンに対応しています。対応しているブロックチェーンのガス代が高い場合、さまざまなブロックチェーンでNFTを検索したいと思うユーザーには壁となるかもしれません。

プラットフォームの手数料

NFTプラットフォームは、取引のたびに売却価格の一定割合を手数料として徴収します。このサービス手数料はプラットフォームによって異なります。例えば、OpenSeaの手数料は売却価格の2.5%ですが、Nifty Gatewayは売却価格の5%を徴収します。したがって、マーケットプレイスを選ぶ際にはこれを考慮する必要があります。

対応するプラットフォーム

OpenSeaのように、すべてのカテゴリーのNFTをサポートするプラットフォームもあれば、ある特定のカテゴリーに特化したプラットフォームもあります。例えば、SuperRareとMakersPlaceは、NFTアートのみのマーケットプレイスで、よりハイエンドなデジタルギャラリーとして運営されています。このようなプラットフォームは、投機的なユーザーではなく、本格的なアートコレクターを惹きつけたいNFTトレーダーにとって理想的と言えるかもしれません。

評判・信頼性

NFTの各マーケットプレイスに関するニュースを常にチェックしておくと、いろいろなことが明らかになってきます。例えば、Raribleは過去にセキュリティ上の問題が発生し、一部のユーザーがNFTを紛失したことがありますこのようなリスク回避にもなるので、ぜひさまざまな情報を入手するようにしましょう。

販売数量

販売数量は、プラットフォームの健全性を示す良い指標です。NFTトレーダーとしては、マーケットプレイスを使用する前に、販売数量を調査しておきたいところでしょう。DappRadarによると、30日間のデータに基づく主要NFTマーケットプレイスはOpenSea、Blur、X2Y2、MagicEden、LooksRareです。

支払いオプション

NFTマーケットプレイスでは、一般的にデジタル資産が唯一の支払い方法となります。ただし、Binance NFTのような一部のプラットフォームでは、法定通貨の支払いも統合されています。したがって、適切な支払いオプションを備えたプラットフォームを選択できます。

NFTマーケットプレイスにはプライマリまたはセカンダリに分けられます。NFTプロジェクトはプライマリNFTマーケットプレイスを設立し、価格設定とマーケティングをコントロールすることができます。最初の販売後、NFTはセカンダリーマーケットプレイスに移動し、バイヤーが利益を得るためにNFTを売却する可能性があります。そのため、プロジェクトによるNFTがプライマリでミントして販売に間に合わなかった場合は、セカンダリで購入することができます。

NFTトレードはどこから始めるのが良い?

NFT トレードは非常に個人的な経験であり、特定のニーズに基づいて NFT マーケットプレイスを選択する必要があります。中央集権的なマーケットプレイスであれ、分散的なマーケットプレイスであれ、誰もがどこかで始めなければなりません。

以下は、NFT取引におすすめのプラットフォームのリストです。

  • Kraken — Krakenはこのほど、最新のNFTマーケットプレイスをリリースしました。さらに、伝統的なマーケットプレイスに伴う高額なガス手数料なしでNFTを取引することができます。Krakenは複数のブロックチェーンをサポートし、複数の暗号通貨でNFTを購入することができます。取引を始めるには最適な方法をお探しの場合は、Krakenをおすすめします。
  • ByBit — Bybitは、NFT取引のために複数のブロックチェーンをサポートしています。さらに、プラットフォーム手数料をゼロにする特典があります。また、Mystery Boxesを購入することもできます。NFT Mystery Boxには、4つのレアリティレベルのいずれかにランダムに1つのNFTが含まれています。Mystery Boxをいつでも開けることができ、また開封しなくても利益を出すことができます。
  • OpenSea — OpenSeaは、過去最大のNFTマーケットプレイスの一つです。使いやすいUIにより、NFTの作成が非常に簡単で効率的になっています。現在はOpenSeaのプラットフォームでは手数料を一時停止しており、NFT取引に足を踏み入れたい初心者トレーダーには最適なプラットフォームです。
  • Blur — Season 1のエアドロップが新しいマーケットプレイスであるBlurに注目を集めました。最初のシーズンを逃したかもしれませんが、Season 2が現在利用可能です。Season 2の報酬に加え、Blurにはマーケットプレイス手数料がかかりません。NFT取引を始めるためのマーケットプレイスを探している場合は、BlurがNFTの世界に触れるための良い方法になるでしょう。
  • Magic Eden — Magic Edenでは、トランザクションに対して2%の手数料しか課金されず、売買時に追加の手数料を支払う必要がありません。Magic EdenはSolanaでローンチされ、Ethereumブロックチェーン上でも利用でき、ロイヤルティも強制されています。これにより、初めてのコレクターやセラーにとってMagic Edenは最適です。

NFTトレードのリスク

NFTの取引は、急いでお金を稼ぐ手段ではありません。リスクがあるため、投資する前に注意深く調査し、失っても大丈夫な資産/暗号通貨を使用してください。利益の保証はなく、市場のセンチメントがあなたのNFTの価値に影響を与える可能性があります。また、NFTを現金化するまで数年待たなければならない場合もあります。

たとえば、CryptoPunksプロジェクトは2017年に発売されましたが、2021年のNFTブームの3年後に急速に注目を集めました。現在、CryptoPunksは最も人気の高い、高価なNFTの1つであり、最高売り上げのNFTの中にもよく含まれています。忍耐強く待つことで報われることもあります。

よくある質問

NFTトレードを始めるには?

NFTトレードは儲かりますか?

NFTトレードはリスクがあるのですか?

NFTトレーディングの将来はどうなるのでしょうか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー