詳細を見る

メタバースにおけるオープンプロトコルの必要性

20 mins

メタバースという言葉は、最近、ニュースやイベントでよく耳にします。メタバースとは、人々が互いに交流し、様々なデジタル空間を体験できる仮想世界のことですが、近年のブロックチェーン技術の台頭やAR/VRの進歩に伴い、すでに多くの企業がメタバースを取り入れ、ユーザーにとってシームレスで没入感のある仮想体験の実現に取り組んでいます。こうした状況において、メタバースは現在ある課題に直面しています。それはオープンプロトコルの必要性です。

オープンプロトコルは、インターネットのHTTPやTCP/IPのように、異なる仮想世界やプラットフォームの相互通信を可能にするプロトコルです。オープンプロトコルがなければ、メタバースのプラットフォームはそれぞれ孤立したエコシステムとなり、プラットフォーム間でデジタル資産やIDが転送できません。この記事では、オープンプロトコルの詳細、メリット、クローズドプロトコルのリスク、そしてメタバースビルダー(metaverse builders)が果たす重要な役割について解説します。

オープンプロトコルとは?

オープンプロトコルは、様々なデバイス、アプリケーション、プラットフォームが制限や制約なく通信できる規則や規格です。通常、自由にアクセスでき、一般に公開され、なんの制限やライセンス料もなく使用できます。オープンプロトコルでは、ユーザーのコラボレーションとイノベーションの促進、透明性の向上、プラットフォームの相互運用が確保されます。

一方、クローズドプロトコルは、単一の事業者が所有・管理する独自の規格です。一般的に、特定の機器やアプリケーションでのみ使用されます。そのため、他のプラットフォームとのやり取りは難しくなります。また、使用料が高い場合もあり、ユーザーはアクセスの際にライセンス料の支払いが必要になるときもあります。

オープンプロトコルとクローズドプロトコルの主な違いは、アクセシビリティと透明性です。

オープンプロトコルのメリット

メタバースにおけるオープンプロトコルの重要性は、インターネットの発展に伴うインターネットプロトコル(IP)のそれと似ています。IPが異なるネットワーク間の通信を可能にし、インターネットの発展を実現したように、メタバースにおけるオープンプロトコルも、仮想プラットフォーム間の相互運用を促進します。この機能により、ユーザーは仮想の不動産、収集品、通貨などのデジタル資産をシームレスに移転できます。

メタバースでは、オープンプロトコルはクローズドプロトコルに比べ多くのメリットがあります。オープンプロトコルでは、ユーザーのイノベーションとコラボレーションが促進され、開発者は制限や制約なしに新しいアプリケーションや機能を構築できます。また、分散型開発ができるので、誰もが協力してメタバースの発展に取り組めます。

オープンプロトコルは、ユーザーの実験と創造性を促し、イノベーションを推進します。また、様々なバックグラウンドを持つ開発者やクリエイターが、オープンでインタラクティブなコミュニティにおいて活動やコラボレーションができます。これは、多様性に富み活力あるエコシステムにつながり、私たちの現実の価値観を反映したメタバース空間を作り出します。

オープンプロトコルでは、ユーザーと開発者に対する透明性も向上します。オープンなドキュメントポータルによって、開発者は基本的なコンセプトを素早く理解し、プロトコルへの関わりが円滑に進みます。またユーザー側では、メタバースがどのように運営され、自分のデータがどのように使用されるかがわかるので、気持ちの上で納得できます。こうしたメリットは、長期的な普及にもつながります。

オープンプロトコルと相互運用

重要な点は、オープンプロトコルによって相互運用が実現し、ユーザーは異なる仮想世界を行き交い自分のアイデンティティ、成果、デジタル資産をシームレスに移動できることです。

これは、異なるサービスへのアクセスや、他のプラットフォームの人々との交流を望むユーザーにとっては必須条件です。多くのユーザーは、どのプラットフォームでも、選択の自由と友人とともに活動できる機能に価値を見いだしています。オープンプロトコルでは、ユーザーは通常、追加のログインやサインアップなしでプラットフォーム間を移動できます。そのため、メタバースへのアクセスが容易になり、ユーザーはショッピングや遊び、学習、仕事など、様々な仮想アクティビティに参加できます。

オープンプロトコルは中央集権化を抑制し、よりバランスのとれた力の配分を生み出します。「中央集権化」にも普通はある程度の効率性がありますが、少数の組織がデータや取引の大半を支配するので、力の不均衡を招きます。一方、ユーザーは分散化によって、メタバースでの自分のデジタル資産や相互交流をコントロールできます。つまり、メタバースでは分散化により、力と権限が公正に配分され、すべてのユーザーが公平で包括的なサービスを受けられます。

クローズドプロトコルのリスク

クローズドプロトコル(Closed protocols)の多くは、小グループや単一の組織が管理する独自のソフトウェアや技術に関連しています。ただしメタバースに当てはめて見た場合、成長と発展を妨げる重大なリスクをもたらす恐れがあります。

クローズドプロトコルは、ユーザーのイノベーションとコラボレーションへの妨害、不透明性の増大、相互運用の制限、過度な中央集権の継続につながる危険があります。

クローズドプロトコルは通常、単一の組織によって開発・管理され、外部のステークホルダーからのインプットは限定的です。そのため、多様な考え方に欠け、類似の視点や経験しか集まらないため、イノベーションの停滞につながります。

クローズプロトコルは、特定の技術標準や規格への遵守が厳格なため、ユーザーのコラボレーションを阻害する恐れがあります。このため、開発者、コンテンツ制作者、その他ステークホルダーの効率的な連携が難しくなり、開発サイクルの遅延や不完全なユーザーエクスペリエンスにつながる可能性があります。

メタバースにおけるクローズドプロトコルのもう一つの大きなリスクは、不透明さの増大です。クローズドプロトコルは、知的財産やその他の専有情報保護を目的とすることが多く、透明性や説明責任が損なわれる場合があります。

加えて、独自の標準や規格を用いて、相互運用を阻害するケースもあります。このため、異なる組織による効率的なコミュニケーションやコラボレーションが困難となり、ユーザーのIDや資産の他のプラットフォームへの移行ができなくなる可能性があります。その結果、私たちが思い描くような連携統合したメタバースではなく、つぎはぎ的な「仮想の島」になってしまいかねません。

オープンプロトコルのコラボレーションの例

オープンプロトコルの導入を進めるには、様々な組織、企業、影響力のある個人が交流し、協力する必要があります。例えば、Open Metaverse Interoperability (OMI) Groupは、メタバースをオープンで相互運用できるリソースとしてサポートしています。このグループは、熱心な愛好家、業界の専門家、独立したクリエイターから成り、コミュニティのコラボレーション、オープン性、透明性が、メタバース全体の重要な基盤であると考えています。

The Interledger Protocol(ILP)は、異なる決済システムをつなぐオープンなプロトコルで、メタバースでのプラットフォーム間の取引に不可欠とみられます。一方、Decentralized Identity Foundation (DIF)は、分散型IDシステムのオープン規格を目指す非営利団体で、ユーザーが自分のIDや資産を保持したまま仮想世界を移動できます。

メタバースで使われるオープンプロトコルの例としては、VRMLやMateraがあります。「VRML(Virtual Reality Modeling Language)」は、3Dの仮想環境やオブジェクトを作成・共有するためのオープン規格です。一方、「Matera」はLandvaultが構築した新しいオープンプロトコルで、メタバースエクスペリエンスをトークン化して、チェーン上で使用し、人と経済を連携させます。人や組織において、プラットフォームを越えた共同制作や ベンチャー事業が容易になります。

メタバースビルダーの役割

メタバース・エクスペリエンス・ビルダー(Metaverse experience builders)は、メタバース導入を進める上で重要な役割を担っています。開発者やデザイナーと協力し、オープンプロトコルを利用したバーチャルエクスペリエンスを構築して、相互運用ができる安全なメタバースの開発ができます。

エクスペリエンス・ビルダーはまた、ブランドや組織、著名人のメタバースへの参入をサポートして、インターネットの新しいフェーズへの移行を促し、多くの視聴者を魅了します。その目標は収益にとどまらず、技術によってメタバース経済が加速し、ウェブ上で公平な富の配分が促進される未来です。

オープンプロトコルはメタバースの開発に不可欠

オープンプロトコルは、メタバースの開発に不可欠で、ユーザーに対してシームレスで安全な仮想体験の実現に重要です。メタバースは、私たちの生活、仕事、付き合い方に変革をもたらします。メタバースの相互運用かつ包括的な世界の構築に向けて、独立した組織、献身的な個人が、自由にプロトコルを利用し協力しあうことが求められています。私たちの豊かな未来は目の前に広がっています。

よくある質問

オープンプロトコルとは何ですか?

メタバースにおけるオープンプロトコルのメリットは何でしょうか?

メタバースにおけるクローズドプロトコルのリスクとは何ですか?

メタバースで使われるオープンプロトコルの例としては、どのようなものがありますか?

メタバースにおけるオープンプロトコルの役割は何ですか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Takashi-HIgashi-new.jpg
Takashi Higashi
国際広報、海外の先端技術調査、海外企業との提携等をこれまで行ってきました。ここ数年、暗号資産に関心を持ってウオッチしています。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー