詳細を見る

ザ・サンドボックスとは? SAND購入からステーキングまで完全ガイド

40 mins
記事 Eduard Banulescu

ヘッドライン

  • サンドボックスは、ブロックチェーン技術、DeFi、NFTを用いたPlay-to-earn(プレイ・トゥ・アーン)ゲーム
  • サンドボックスでは、仮想世界上のNFTの土地「LAND」が販売されており、価格高騰が期待されている
  • 流動性プールにSANDをステーキングすることができ、ステーキング報酬は、ステーキング量とLAND保有量に基づいて算出される

近年、仮想空間(メタバース)が注目を集めています。そんな中、ブロックチェーンゲーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」は、ユーザーが土地を所有し、さまざまなアイテムを使って遊ぶことができる仮想世界です。さらに、ゲーム内で行われるすべての取引は、イーサリアムブロックチェーン上で記録されます。つまり、ユーザーはゲームに参加することで、報酬を得たり、自作のデジタル資産をゲーム内のマーケットプレイスで販売したりすることが可能です。

そこで本記事では、ザ・サンドボックスとその独自通貨「SAND」について、わかりやすく解説します。サンドボックスに興味がある人や、メタバースの将来性を詳しく知りたい人は、ぜひ最後までご覧ください。

メタバースの台頭 

かつてSF作品で描かれていた仮想世界。当時は夢物語のように思えたかもしれませんが、近年、その実現可能性が急速に高まっています。そして今、注目を集めているのが「メタバース」という概念です。

メタバースとは、人間が現実世界と同様に交流できるデジタル空間のことです。インターネット利用者が平均で1日約7時間もオンライン時間を過ごす現代において、この構想は決して非現実的なものではありません。

メタバースは、人々が仮想空間でアバターを使って仕事、趣味、買い物、ゲームなどを楽しみ、オンラインコミュニティで交流し、デジタル空間を探検できる場所として構想されています。FacebookがMeta Platforms Inc.に社名変更したことで、「メタバース」という言葉は一気に世間に知れ渡りました。

現時点では概念として存在するものが多いですが、その要素の一部はすでにマイクロレベルで実現されています。業界のベテランも一般の観察者も、メタバースの構築に関わる企業が数年かかることを主張しているにもかかわらず、この概念に大きな関心を寄せています。

例えば、VR拡張デバイスを用いた現実拡張機能の開発が必要です。さらに、現在のインターネット利用方法から、メタバースへの移行にはわずかながら時間が必要となります。多くの点において、メタバースはインターネットの未来を予測する試みと言えるでしょう。

メタバースの可能性

メタバースは、コンテンツ制作者が今までとは違う方法でファンとつながる機会を生み出します。NFTやデジタルグッズなどを通じた収益化の新たな道が開けるでしょう。メタバース内では暗号資産が主な支払い手段となることも予想され、メタバースとブロックチェーン技術は密接に関係していくと考えられます。

メタバースという概念はすでに大きな注目を集めており、実生活での活用方法の模索が本格化しています。人材獲得競争も激化しており、大手企業はメタバース関連の経験を持つ人材を積極的に採用しています。暗号資産のエキスパートなども引く手あまたの存在となっています。

2022年以降のメタバース

大手企業は巨額の投資を行っています。マイクロソフトやソフトバンクなど、業種を問わず様々な企業が、独自のメタバース構築に向けてプラットフォームや人材を獲得しています。マイクロソフトはすでに数十億ドルをこの分野に投じています。

そして、各社は自社の革新性を世にアピールしていくでしょう。NVIDIAの「Omniverse Enterprise」やMetaの「Horizon Workrooms」は、仕事におけるデジタルコラボレーションの可能性を示しています。また、AltspaceVRはライブイベントやコンサートなどの体験をデジタル空間に持ち込もうとしています。さらに、ファッション業界も参入しており、デジタル世界向けのNFT服飾アイテムの開発にも力が入っています。

流行り廃りになる可能性はあるのでしょうか? 現時点では断言できませんが、経験豊富な専門家の意見にも耳を傾けてみましょう。例えば、ビル・ゲイツ氏は、人々はすでにメタバースの要素となる様々なツールを使い始めていると述べています。そして、数年のうちにメタバースは本格的な現実となるだろうと予測しています。

ザ・サンドボックス:メタバースの先駆けともいえるプロジェクト

サンドボックスは、デジタル世界の様々な流行を取り入れたプロジェクトと言えます。最新のゲームコンセプトと、ブロックチェーンゲームにおける「プレイして稼ぐ」というモデルを融合させたものです。また、今後大きな注目を集めると期待されるメタバースとの関連性にも注目が集まっています。つまり、サンドボックスの開発会社は、この分野での先駆者としての地位を狙っているのです。

サンドボックスに関わる人々の興味は、必ずしも新しいものではありません。2012年、Animoca Brandsという会社は、人気ゲーム「Minecraft」に似たゲームの開発に着手しました。このゲームはサンドボックスと名付けられ、Minecraftのファンから注目を集め、4,000万回以上のダウンロードを記録しました。この成功を受けて、開発者たちはもう一つのデジタルトレンドであるNFTにも目を向けました。

ブロックチェーンプロジェクトとしてのサンドボックスは、2018年に始動しました。目指したのは、すべてのアクションが暗号資産「SAND」を中心に展開する3Dメタバースの構築です。ゲーム内のNFTや様々な機能は、すべてSANDの使用に依存しています。例えば、ゲーム内では「LAND」と呼ばれる土地を購入することができるのですが、これもSANDトークンを使って行います。

これらの取引は、イーサリアムネットワーク上で実行されるスマートコントラクトによって促進されます。サンドボックスでは、LANDのプレセールにこの技術が活用され、従来のICOとは異なる手法での資金調達に成功しました。数億ドル規模の評価額を持つこのプロジェクトは、ブロックチェーンゲーム業界において最も注目されているプロジェクトの1つです。

ザ・サンドボックスとは?

「サンドボックス」は、ブロックチェーン技術、DeFi(分散型金融)NFT(非代替可能トークン)を組み合わせたPlay-to-earn(プレイ・トゥ・アーン)ゲームの先駆け的プロジェクトです。このゲームでは、プレイヤーが仮想空間内でアクティブに参画し、その活動に応じて報酬を得ることができます。

ザ・サンドボックスでは、プレイヤーはアバターを自由にカスタマイズし、広大な仮想世界を探検することができます。この仮想世界は、まるで現実世界のように、他のプレイヤーと交流したり、様々なアクティビティを楽しむことができます。

サンドボックスの大きな特徴は、プレイヤーが「LAND」と呼ばれるデジタル不動産を購入できることです。LANDは、ゲーム内の土地を表しており、プレイヤーは自由に建物やアイテムを配置することができます。さらに、LANDをNFT化して、他のプレイヤーに売却したり、賃貸したりすることで、収益を得ることができます。

サンドボックスでは、ゲーム内アイテムをNFTとして作成し、マーケットプレイスで販売することができます。アイテムには、アバター用の衣装や武器、装飾品などがあり、プレイヤーは自分だけのオリジナルアイテムを作成して、他のプレイヤーに販売することができます。

ザ・サンドボックスには、ゲーム内経済を支える「SAND」と呼ばれるトークンが発行されています。SANDは、LANDやゲーム内アイテムの購入、手数料の支払いなどに使用することができます。また、SANDは主要取引所で取引することができ、暗号資産投資家にとっても魅力的なゲームと言えるでしょう。

コア機能

ザ・サンドボックスは、ユーザーが「ノン・ファンジブル・トークン(NFT)」を使って自分だけの仮想世界を創造できるゲームです。イーサリアムブロックチェーン上で動作し、ユーザーはSANDトークンを保管するイーサリアムウォレットを使ってゲーム内エコシステムとやり取りを行います。

3Dグラフィック作成には、Animocaが開発した「VoxEdit」というソフトウェアが使われます。VoxEditはブロックチェーンを使った構築と連携させることができ、プレイヤーはアバターを作成し、サンドボックス内の様々なゲーム、環境、ハブにアクセスできます。

ザ・サンドボックスは、ブロックチェーン上の「DeFi版Minecraft」とも呼ばれています。実際、Minecraftのゲームモデルを模倣するところから始まったプロジェクトなのです。VoxEditは、モデラー、アニメーター、NFT作成ツールが一体になった強力なプログラムで、このようなゲームを開発するのに適しています。

世界を構成するアイテムは、最小単位の視覚デザインである「ボクセル」を使って作成されます。ユーザーは、ボクセルと「Game Maker」ツールを使って自分だけのアイテムを作り、SANDトークンと交換で売却することができます。サンドボックスのマーケットプレイスに作品をアップロードすると、ERC-1155トークンとしてイーサリアムブロックチェーン上に登録されます。

トークン化によるエコシステムの構築

ザ・サンドボックスでは、クリエイターやアーティストが様々なアイテムを制作し、エコシステムを機能させることができます。SANDトークン以外にも、土地の所有権を示す「LAND」トークンが存在します。

ゲーム内資産はコミュニティメンバーによって作成され、それぞれのLANDウォレットやSANDウォレットに収蔵されます。LANDトークンは非代替性トークン(NFT)であるのに対し、SANDトークンは代替性トークン(FT)です。つまり、LANDトークンはそれぞれがユニークであるのに対し、SANDトークンはすべて同じ価値を持ち、通貨として機能します。

ザ・サンドボックスは、他のゲームと同様にハイブリッド構造を採用しています。仮想世界のビジュアル表示を可能にするサーバーは中央サーバーで実行され、トークンやコレクティブルに関する情報は分散型ブロックチェーンネットワーク上に保存されます。

競合他社との比較

ザ・サンドボックスは、このようなタイプのゲームの先駆け的存在ではありません。2022年現在、暗号資産業界では「メタバース」が流行語となっており、プレイして稼げるブロックチェーンゲームも注目を集めています。こうした流れの中で、メタバースの可能性を技術的にもPR的にも活用しようとするゲームがいくつか登場しています。

もともとザ・サンドボックスは、人気ゲーム「Minecraft」の直接的な競合相手でした。最初のThe Sandboxは2012年に登場したもので、現在のバージョンは、暗号資産とNFTの可能性を活用したMinecraftを目指しています。

しかし、ザ・サンドボックス最大の競合相手は、おそらく「Decentraland」でしょう。Decentralandも、不動産をテーマにした類似のゲーム。Decentralandでは、ユーザーはLANDトークンを使って土地を購入し、独自のNFTを作成してゲーム内のマーケットで販売することができます。サンドボックスと同様、Decentralandもイーサリアムネットワーク上で動作し、ゲーム内通貨はMANAトークンです。

不動産をテーマにしたもう一つのブロックチェーンゲームが「Upland」です。Uplandでは、ユーザーは仮想世界内の土地を購入することができ、プレイして稼ぐことができます。こちらも同様に、NFT化された土地を売買することができ、UplandではUPXコインが使用され、EOSブロックチェーン上で動作します。

ロードマップと開発の歴史

ザ・サンドボックスは、暗号資産プロジェクトとしては、2018年に開始されました。スクウェア・エニックスやHashed、True Global Venturesなどから戦略的投資を受け、総額341万ドルを調達。The Sandboxは、プラットフォーム上でコンテンツを作成するための60以上のパートナーシップを締結しており、中には「Shaun the Sheep」や「Smurfs」などのアニメーション関連ブランドも含まれています。また、ATARIのような有名ゲーム会社もThe Sandboxに興味を示しています。

2018年に発表されたものの、開発段階は比較的遅く、2019年にはゲーム内容の一部が公開されました。同年、サンドボックスはLANDのプレセールを開催し、VoxEditのベータ版もリリースされました。

Game Makerのアルファ版は2020年に登場し、2021年末にはサンドボックスはマルチプレイ機能のアルファ版をリリースする準備が整いました。プレイして稼ぐシーズンも同年末に登場しました。

2022年、ザ・サンドボックスはLAND所有者に対して、順次新しいメタバース機能を公開していく予定です。DAOの立ち上げやバーチャルコンサートも今年中に開催される予定で、モバイル版のゲームも2022年後半にリリースされる予定です。開発者の予想によると、2023年にはプラットフォーム上に5,000以上のゲームが存在するようになります。また、新たなNFTパートナーシップや追加のLAND販売も予定されています。

LAND:希少価値の高い仮想不動産

ザ・サンドボックスのゲームでは、LANDと呼ばれる土地の所有権が重要な役割を果たします。LANDトークンは、ユーザーがプラットフォームのメタバースにアクセスするための鍵となるだけでなく、所有者が自分の土地を自由にカスタマイズできるようにします。他のユーザーが自分の土地にアクセスしたい場合は、所有者に対して少額の暗号資産を支払う必要があります。

LANDトークンは、ゲーム内の96×96メートルの土地の所有権を証明するERC-721トークンです。これらの土地は組み合わせることができ、ユーザーは複数のトークンを購入することができます。複数のLANDを組み合わせることで、プレイヤーは「ESTATE」と呼ばれるより大きな土地を作成することができます。

LANDトークンは本質的に、サンドボックス内における特定の土地の所有権を区別するためのものです。プレイヤーは、このトークンを使ってゲーム内での体験から収益を得ることができます。LANDトークンは、SANDトークンまたはイーサリアム(ETH)を使って、公開LANDセールを通じて購入することができます。また、サンドボックスMarketplaceやOpenSeaなどのNFTプラットフォームを通じて、他のユーザーからLANDを購入することもできます。

LANDを購入することは、この仮想世界内に不動産を所有することに相当します。この情報はイーサリアムブロックチェーン上に記録されます。現実世界と同様に、利用可能な実際の土地には限りがあります。LANDはわずか166,464個しか存在しないため、希少性の高い商品となります。

「ASSETS」とは?

ASSETSは、ユーザーが作成したNFTのことです。ゲーム内で貴重なアイテムとして使用したり、サンドボックスマーケットプレイスや外部のNFTマーケットプレイスで取引することができます。ASSETSを売買することで、ユーザーはSANDトークンを稼ぐこともできます。

ASSETSは、ERC-1155と呼ばれるタイプのトークンで、ゲーム内のさまざまな要素を「ボクセル」を使って表現します。「ボクセル」は、ユーザーがゲーム内で触れ合うアイテムを構築するための最小単位です。つまり、キャラクターが身に着ける装備品、自分自身のアバター、お気に入りのデジタルペットなど、ASSETSはユーザーが自由に作成したNFTなのです。

ASSETSは、専用のソフトウェア「VoxEdit」を使って作成された「ボクセルアセット」のことです。作成したアセットは、サンドボックスマーケットプレイスにアップロードされると、NFTへと変換されます。ASSETSには、役割によって「エンティティ」「装備」「ブロック」の3種類が存在します。これら3種類のASSETSが組み合わさって、サンドボックスの仮想世界が形作られていきます。

ザ・サンドボックスのトークン「SAND」とは?

ザ・サンドボックスの中心的な役割を果たすトークンが「SAND」です。ゲーム内でのあらゆる取引は、このSANDトークンを使って行われます。開発者によると、発行されるSANDの総数は30億枚に設定されています。

SANDは「ユーティリティトークン」と呼ばれるもので、サンドボックスエコシステム内で他のユーザーとの取引や交流に欠かせません。ゲームをプレイしたり、アバターを変更したり、LANDを購入したり、ASSETSを取引したりする際には、必ずSANDトークンが必要になります。

また、SANDは「ガバナンストークン」としての役割も持ちます。分散型自律組織(DAO)を通じて、SAND保有者はプラットフォームの改善提案や投票を行うことができます。

さらに、SANDをゲーム内で「ステーキング」することもできます。ステーキングを行うと、報酬を獲得することができます。報酬には、SANDトークンによる取引手数料の一部や、より希少性の高いASSETSを作成するためのゲーム内資源「ジェム」や「カタリスト」が入手できるチャンスなどが含まれます。

サンドボックス内のミニゲームに参加したり、暗号資産取引所(Binanceなど)で購入したりすることで、SANDトークンを稼ぐことも可能です。

ザ・サンドボックスのトークノミクス

ザ・サンドボックスは、仮想世界に参加することを目的とした複雑なゲームです。ゲーム内での全ての取引は、SANDと呼ばれるトークンを使って行われます。SANDは、イーサリアムブロックチェーン上で動作するERC-20トークンです。

SANDトークンノミクス:公式ウェブサイト

しかし、サンドボックスにはSAND以外にも、様々な用途を持つトークンが存在します。

  • LAND:LANDトークンは、仮想世界内の土地の所有権を証明するトークンです。
  • ASSETS:ASSETSは、ユーザーが作成したNFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)のことです。ゲーム内で使用でき、ERC-721トークンとして発行されます。

SANDトークンは、ゲームをプレイしたり、アバターを変えたり、LANDを購入したりする際に必要となるだけでなく、ステーキングすることもできます。ステーキングを行うと、追加のSANDトークンや「ジェム」「カタリスト」を獲得することができます。

  • ジェム:ジェムは、ERC-20トークンで、他のプレイヤーから購入できます。ASSETSの希少性を高めるために使用されます。
  • カタリスト:カタリストは、ERC-20トークンで、ASSETSの希少性を決めるために使用されます。
LANDトークン配布:公式サイト

ザ・サンドボックスは、ユーザーの利便性向上のために、プラットフォーム上で発生するイーサリアムのガス代を負担してくれます。

また、SANDトークンの取引手数料の50%は、サンドボックスFoundationに分配されます。サンドボックスFoundationは、資金援助やプロモーションを通じて、エコシステムの発展を支援しています。

SANDの価格と将来性

SAND価格: TradingView

まず、SANDの価格は、ザ・サンドボックスのゲームとしての発展に大きく左右されます。長年にわたって開発が続けられており、2022年になってようやく主要機能のアルファ版がリリースされました。ユーザーの増加は、プロジェクトへの注目度を高めるでしょう。

また、暗号資産市場全体の盛り上がりを受け、2024年末には9ドルに到達する可能性があるとも考えられています。ただし、あくまでも現時点での予測であり、今後の状況によっては変動する可能性があります。しかし、全体的に見れば、SANDの将来性はポジティブと言えるでしょう。

SANDの購入を検討すべきか?

ザ・サンドボックスは、ローンチ以来、着実に進化を続けています。ホワイトペーパーに記載された目標達成に向けて努力しており、大手企業やアーティストとのパートナーシップも締結しています。さらに、近年注目を集めている「メタバース」という概念を取り入れ、多くのユーザーから支持を得ています。

暗号資産市場全体が好調な状況であれば、SANDも恩恵を受ける可能性が高いでしょう。ゲームのユーザーが増えれば、ネイティブトークンであるSANDの価値も上昇する可能性があります。プロジェクトロードマップに記載されている要素がすべて達成されれば、SAND価格はさらに上昇し、投資家にとって非常に魅力的な投資対象となる可能性があります。

SANDの買い方

SANDトークンは、多くの暗号資産取引所で取り扱われています。ここでは、Binanceを例に、SANDの購入方法をご紹介します。

  1. Binanceなどの取引所でアカウントを作成し、本人確認を行う
  2. アカウントにログイン後、「取引」メニューから「スポット取引」を選択
  3. 検索バーで「SAND」と入力し、SANDとペアになっている取引ペアを選択
  4. 購入希望額を入力し、「購入」ボタンをクリック
  5. 取引が完了すると、SANDトークンはBinanceのウォレットに入金される

購入したSANDトークンは、取引所に保管しておくことも、ゲーム内に移行することもできます。ゲーム内でSANDトークンを使用すると、様々なNFTを購入することができます。

SANDのステーキング方法

ザ・サンドボックスでは、ユーザーはプラットフォーム上の流動性プールにSANDをステーキングすることができます。ステーキング報酬は、ステーキング量とLAND保有量に基づいて算出されます。さらに、ステーキングプログラムを通じて特別なNFTを獲得することもできます。

ザ・サンドボックスのメタバースは大きな可能性を秘めている

「メタバース」という言葉は、近年テクノロジー業界で注目を集めています。この概念は大きな期待と興奮を生み出していますが、果たしてその期待に応えられるのでしょうか? メタバースは、間違いなくデジタルワールドの未来の一部となるでしょう。従来のインターネットを進化させたメタバースは、ブロックチェーン技術をより深く取り入れることで、新たな可能性を切り拓きます。

サンドボックスは、メタバースの可能性を体現するプロジェクトの1つで、独自の経済システムと通貨を備えたこのゲームでは、ユーザーは互いに交流しながら報酬を獲得することができます。サンドボックスは、単なるプレイして稼ぐゲームではありません。ブロックチェーン技術を基盤としたゲームの先駆けであり、最も人気のあるゲームの一つでもあります。

よくある質問

ザ・サンドボックスでSANDトークンを取得する方法は?

サンドボックスのSANDトークンは何に使われるのか?

SANDトークンは良い投資ですか?

サンドボックスの仕組みは?

この広告は、EU(eToro Europe Ltd.とeToro UK Ltd.)と米国(eToro USA LLC)による仮想暗号通貨投資を促進するもので、変動が激しく、ほとんどのEU加盟国で規制がないため、EUの保護がなく、EUの規制枠組みによる監督もありません。投資は、元本割れを含む市場リスクの対象となります。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー