詳細を見る

【2023年版】WAXウォレット5選

23 mins
記事 Ayotomiwa Oladotun

WAX(Worldwide Asset eXchange) は、電子商取引をより速く、簡単に、そして安全にするために設計されたWeb3エコシステムとプロトコル・コインです。DApps、ゲーム、NFTのための完全パッケージとなっていますす。このプロジェクトは、中央集権型のデジタル製品取引プラットフォームであるQPSkinsによって創設され、2017年11月に公式に販売を開始しました。 ネットワークは飛躍的に成長し、業界で最も汎用性の高いブロックチェーンネットワークの1つとなっています。しかし、WAXを購入または保管したい場合、WAXをサポートするウォレットが必要です。私たちは、セキュリティ、信頼性、汎用性に基づいて、ベストなWAXウォレットを5つ詳しく紹介したいと思います。

暗号取引所とウォレットについての最適なレビューを入手しませんか?TelegramのBeInCryptoトレーディングコミュニティに参加してください:レビューを読み、暗号資産プロジェクトについて話し合い、コインのテクニカル分析を依頼し、プロトレーダーや専門家からあらゆる質問に対する回答を入手してください!今すぐ参加する

WAXウォレットとは

WAXウォレットは、WAXブロックチェーン・エコシステムにシームレスにアクセスするためのゲートウェイです。WAXウォレットは、資金の保管、送受信に不可欠です。ユーザーは、すべてのNFTコレクションを便利に管理し、DAppsとETH Bridgeにアクセスし、最終的にWAXウォレットでステークと収益を得ることができます

さまざまなタイプのWAXウォレット

前述の通り、ユーザーがWAX資産を保管できる複数のウォレットがあり、それぞれのウォレットには独自の機能が備わっています。これらのウォレットは、ノンカストディアルとカストディアルという2つの異なるグループに分類することができます。柔軟性と日常的な使用に適しているものもあれば、セキュリティとサービスに重点を置いたものもあります。基本的にカストディアル・ウォレットは秘密鍵を管理するのに対し、ノンカストディアル・ウォレットはユーザーが資産を完全にコントロールすることが可能です。

カストディアル・ウォレット

カストディアル・ウォレットは、第三者がユーザーの秘密鍵を管理するWAXウォレットの一種です。集中型暗号資産取引プラットフォーム(WAX Cloud Wallet、Coinbase、OKX、Crypto.com)などが代表格です。このオプションによって、ユーザーは秘密鍵の紛失を心配することなく、シームレスに取引することができます。従来の銀行のように、カストディアル・ウォレットは秘密鍵にアクセスでき、コインの安全性を確保できるでしょう。

カストディアル・ウォレットは、利用しやすいのが特長ですが、セキュリティ強化しています。プラットフォームが攻撃を受けた場合、ハッカーがユーザーの秘密鍵にアクセスし、その結果、資金が失われる可能性があるためです

ノンカストディアル・ウォレット

ノンカストディアル・ウォレットは、カストディアル・ウォレットの真逆の性質を持つウォレットです。ノンカストディアル・ウォレットは、第三者がWAXアセットを管理する代わりに、ユーザーが自分の秘密鍵を完全にコントロールできる分散型ウォレットです。ノンカストディアル・ウォレットはカストディアン・ウォレットよりも技術的に難しい傾向がありますが、一般的にはより安全で透明性の高いウォレットです。

ノンカストディアル・ウォレットにはさまざまな形態があります。ブラウザベースのソフトウェア・ウォレットもあれば、ハードウェア・ウォレットもあります。ソフトウェア・ウォレットは秘密鍵をコンピュータのストレージに保存しますが、ハードウェア・ウォレットは通常、秘密鍵をオフラインで保存するUSBデバイスです。デバイス内の取引はオフラインで処理され、コンピュータやモバイルデバイスに接続されたときにオンラインで検証することができる。

ノンカストディアル・ウォレット(特にハードウェア・ウォレット)は、WAXアセットを保管するための最も安全な選択肢です。なぜなら、ユーザーが資金に対する絶対的な制御権を所有するためです。ノンカストディアルWAXウォレットの例としては、ScatterウォレットやLedger Nano Xなどがあります。

WAXウォレット5選

1. WAX Cloud Wallet (ホット・ウォレット)

WAX クラウド・ウォレット は使いやすいWAXウォレットで、ユーザーにWAXブロックチェーンやサポートされる分散型アプリケーションへのアクセスやインタラクションを簡単に提供します。WAXクラウドウォレットは、NFT、3種類のWAXコイン(WAXE、WAXP、WAXG)、およびそのほかのサポートされるイーサリアム・トークンの収集と保管を容易にします

さらに、クラウドウォレットは、Google、Facebook、Reddit、Twitterなど、人気のあるSNSと連携して簡単にサインインすることが可能です。マネージドウォレットのため、基本的にWAXクラウド・ウォレットがユーザーの秘密鍵を管理し、Windows、macOS、Android、iOSの携帯電話で利用可能です。

WAXクラウド・ウォレットは、WAXブロックチェーンを支えるチームによって構築されました。EOSアムステルダムとイーサリアムのコミュニティの複数の専門家によって構成されています。そして、このウォレットは、ユーザーがWAXブロックチェーンとシームレスに対話できるように、シンプルで包括的なインターフェースを提供することに取り組んでいます。

主な特徴

  • NFTの購入、収集、販売、またはブロックチェーン上に構築されたDAppsとのやりとり
  • NFT Inventory:1つのダッシュボードですべてのNFTコレクションを管理・整理することが可能
  • DApps:DAppsのメニュー機能により、ユーザーはさまざまな分散型アプリケーションに接続可能
  • ステーキング(賭け金):ユーザーはWAXとイーサリアムブロックチェーンにステークして報酬を得ることが可能
  • ETH Bridge:ユーザーはEthereumとWAXのブロックチェーン間で取引可能
  • WAXNews:WAXブロックチェーンに関する最新情報への容易なアクセス

メリットとデメリット

メリット

  • ウォレットが無料で利用できる
  • 簡単なアカウント作成
  • ユーザーフレンドリーなUI

デメリット

  • データがクラウドに保存されるため、動作が遅くなることがある
  • 秘密鍵にアクセスできない – 既存のWAXアカウントをほかのウォレットにインポートできない

2. Scatter (ホット・ウォレット)

Scatterウォレットは、ユーザーがWAXやそのほかデジタル資産を保管できるノンカストディアル・ウォレットです。これは基本的に、ユーザーのデバイス上でローカルに動作する分散型の署名やアイデンティティ、プライベートデータ、認証のソリューションです。つまり、ユーザーはScatterウォレットを利用して秘密鍵を管理し、トランザクションを検証します。

このウォレットは、さまざまなWAXアプリケーションやツールでサポートされており、比較的簡単に利用できます。対応するプラットフォームは、Windows、Mac、Linux、モバイルデバイスのiOSとAndroidです。Scatterウォレットは、GetScatterという開発者チームによって2018年に設立されました

主な特徴

  • EOSIOベースの全てのブロックチェーンに対応
  • クロスプラットフォーム対応:Windows、macOS、Linux、iOS、Android
  • 無料トランザクション

メリットとデメリット

メリット

  • 2018年発売
  • シンプルなインターフェースで容易な統合
  • さまざまなWAX DAppsへのゲートウェイ
  • ハードウェア・ウォレットをサポート
  • ブラウザの拡張機能、モバイルアプリとしても利用可能

デメリット

  • 暗号通貨を購入するためのオプションが限定的
  • 過去にハッキングやフィッシングなどの問題に直面した経験あり

3. Anchor (ホット・ウォレット)

Anchorは、すべてのWAXコインとすべてのEOSIOベースのネットワークのためのセキュリティにフォーカスしたカストディアル・デジタル・ウォレットです。このウォレットは、堅牢な暗号化アプローチを採用することにより、最大限のセキュリティとプライバシーを保証しています。WAXとEOSネットワーク以外に、Anchor WalletはProtonチェーンなどのEOSIOチェーンにも対応しています。

Greymassによって開発されたAnchorウォレットは、Windows、Linux、macOSなど、さまざまなOSで利用可能です。EOSIOベースのアプリケーションへの署名は、リンクをクリックしたり、QRコードをスキャンしたりするだけで、簡単に行うことができます。署名プロトコルAnchorは、証明可能性を利用して、トランザクションを安全に検証、識別、署名します。

主な特徴

  • 暗号化転送、リソース管理、ガバナンスなど、EOSIOの基本機能をサポートするシンプルで包括的なインターフェイス
  • マルチチェーン対応 :EOSIOベースのブロックチェーン(EOS、Telos、WAXなど)に対応
  • セキュリティ:AES-256を利用したローカル暗号化キーストレージ – 秘密鍵がウォレットから盗まれるのを防止
  • Ledgerハードウェアウォレットと互換性があり、プライベートセキュリティをさらに強化
  • EOSIOブロックチェーン上に構築されたさまざまなアプリケーションとシームレスな統合が可能
  • Greymass Fuelと直接統合し、サポートされているネットワーク上のすべてのアカウントに、制限付きの無料のCPU/NETリソースを提供

メリットとデメリット

メリット

  • EOSIOベースの全てのブロックチェーンに対応
  • クロスプラットフォーム対応。Windows、macOS、Linux、iOS、Androidに対応
  • 無料トランザクション:すべてのAnchorアカウントで限定回数の無料トランザクションが実行可能
  • Ledgerハードウェアウォレットに統合可能

デメリット

  • テクニカルで複雑なユーザーインターフェース

4. Ledger Nano X  (ハードウェア・ウォレット)

最も有名なハードウェアウォレットの1つが「Ledger Nano X」です。このハードウェアでは、WAXやその他何千ものデジタル資産を購入、保存、管理することができます。ハードウェア・ストレージはコインの容量が増え、Bluetooth接続により暗号資産を管理するため安全なゲートウェイです。

Ledger Nano Xは、2014年に設立されたハードウェア・ウォレットのリーディングカンパニーであるLedger社が作成した製品の1つです。直感的なユーザーインターフェイスを中心に設計されたLedger Nano Xは、トランザクションの検証と確認を行うことができます。Ledger Nano Xは、ほとんどのWAXアプリケーションとツールでサポートされています。 Ledger Liveを使用すると、ユーザーはアプリを通じて携帯電話からLedger Nano Xハードウェア・ウォレットにアクセスすることができます。

主な特徴

  • Ledger Nano X は、安全な Bluetooth 機能により、さらに使いやすくなっています
  • セキュリティ:ユーザーの資金はオフラインで保存され、オンライン攻撃から保護されています
  • 100以上のアプリケーションに対応する大容量ストレージ
  • サポート:Ledgerはアクティブなカスタマーサポートページで、関連情報を紹介しています

メリットとデメリット

メリット

  • 1,300以上の暗号資産とトークンに対応
  • Bluetoothとの互換性
  • ほとんどのデスクトップとモバイルのオペレーティングシステムをサポート
  • 秘密鍵はウォレットのチップの中にオフラインで保存

デメリット

  • 比較的高価
  • WAX資産をLedger Nano Xから直接購入することはできません

5. TREZOR Model T (ハードウェア・ウォレット)

Trezor Model Tは、WAXやその他何千ものコインやトークンを保管するための優れた暗号通貨ハードウェア・ウォレットです。ユーザーは、Trezor Walletアプリケーションを通じて直接資産を売買、管理し、アプリ内で資産を交換することができます。

TREZOR Model Tは、SatoshiLabsの最新のハードウェア・ウォレットで、タッチスクリーンと物理ボタンが搭載されています。TREZOR Model Tは、2018年に発売されました。大画面とタッチスクリーンで本人確認を行う2FA認証、PINプロテクションを搭載しているのが特徴です。

主な特徴

  • セキュリティ:ウォレットはU2FおよびFIDO2認証方式で使用できます
  • Trezor Model Tハードウェア・ウォレットは、Windows、macOS、Linuxと互換性があり、FirefoxとChromeのブラウザに対応しています
  • 1,400以上のコインとトークン、無制限の”隠しウォレット”、EOS、BitcoinLitecoinEthereumなどのブロックチェーンに対応しています

メリットとデメリット

メリット

  • 大画面タッチスクリーン・カラー・ディスプレイ
  • 簡単な操作性
  • 秘密鍵はオフラインでTrezor Model Tに保存され、PINとパスフレーズで保護
  • ウェブブラウザ、デスクトップOS、Androidに対応
  • ユーザーは暗号資産をフィアットで購入し、ウォレット内で交換することが可能

デメリット

  • iOS非対応
  • Ledgerのほか、その他のハードウェア・ウォレットよりもかなり高額

WAXウォレット比較表

ウォレットウォレット・タイプ対応アセット価格対応機種
WAXクラウド・ウォレットホット・ウォレットWAXコイン無料
Windows, macOS, Android iOS
Anchorウォレットホット・ウォレットEOSIOベースのブロックチェーン(EOS、Telos、WAX、Protonチェーンなど)無料Windows, macOS, Linux, iOS, Android
Ledger Nano Xハードウェア・ウォレットWAXほか1,000以上の暗号通貨$149Windows, MacOS, Linux
Trezor Model Tハードウェア・ウォレットWAXほか1,400以上の暗号通貨$219Windows、macOS、Linux、ブラウザはFirefox、Chromeに対応
Scatterウォレットホット・ウォレットWAXとEOSIOベースの暗号資産無料
Windows, Mac, and Linux, iOS, Android

どのWAXウォレットを選ぶべき?

本記事では、さまざまな種類のWAXウォレットについて詳しく説明しています。しかし、「最高の」WAXウォレットは主観的なものとなります。個人の好み、利便性、資本金、リスク選好度、使用ルーチンなどによって、あなたにとって最適なウォレットが決まります。一般的にWAXハードウェア・ウォレットはより安全ですが、利便性と柔軟性で構成されているソフトウェア・ウォレットは日常的な使用により適しています。

よくある質問

CoinbaseはWAXのウォレットですか?

WAXウォレットでNFTを販売することはできますか?

WAXに使用できるウォレットとは?

CoinbaseにWAXを送ることはできますか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー