詳細を見る

Web3技術を採用する大手テック企業トップ5

15 mins
記事 Chris Adede

Web3は急速に普及しつつあり、大手テック企業も注目しています。メタバースには無限の可能性があり、オンラインにおける新しい種類のインタラクションを可能にしています。いくつかの大手ハイテク企業はこれに注目し、自らWeb3企業へと転換したり、あるいは、業態の主要な部分を占めるようになりつつあります。

ここでは、Web3の技術やソリューションに取り組んでいる大手テック企業5社を紹介します。これらはテック業界のリーディングカンパニーであり、その戦略はどれも非常にユニークなものばかりです。

同じマインドを持つ人たちとWeb3についてディスカッションしてみませんか?TelegramのBeInCryptoトレーディングコミュニティに参加してください:Web3プロジェクトについて話し、コインのテクニカル分析を読み、プロトレーダーやアナリストがあらゆるすべての質問に回答してくれます。今すぐ参加する

Web3技術を利用しているテック企業トップ5

多くの主要企業やベンチャーキャピタルは、他社に遅れを取らないようWeb3に多額の投資をしています。以下に、Web3技術を採用した大手テクノロジー企業5社をリストアップしています。

1. Meta

Facebook社は、WhatsApp、Instagram、Messengerなどの有名なSNSを所有していました。2021年10月には、メタバース全体のガイダンスを提供するというミッションを反映し、社名を「Meta」に変更しました。

メタは数十億人のユーザー獲得を目指しています。Statistaによると、2022年第2四半期にFacebook、Instagram、WhatsApp、Messengerを毎日利用した個人は少なくとも28億7,000万人にも上ります。メタは、Web3を第3世代インターネットへの有望な道筋と捉えており、同社がメタバースの舵取りを意図する重要なチャネルとなっています。

さらに、Metaは、安価で軽量なヘッドギアを社会システムに組み込んでいくことも目指しています。社名変更後、MetaはOculus Questという、消費者にMetaverseに触れてもらうためのガジェットに投資しています。

2. Shopify

Shopifyは、数百万のオンライン小売業者を受け持つカナダの企業です。同社は2021年、NFT取引プラットフォームのベータ版をデビューさせました。これにより、ユーザーは複数のブロックチェーン上で収集可能なNFTをミント(鋳造)し、さらに販売することが可能となりました。

トビ・ルークShopify最高経営責任者(CEO)およびハーレー・フィンケルシュタイン最高執行責任者(COO)は、早くからWeb3への熱意を示しています。

フィンケルシュタイン氏は、YouTubeの動画でこうも述べています。

“小売と商業の未来が、あらゆる場所、あらゆる表面積で起こるだろうと考えています。それはオンラインかもしれないし、メタバースやAR、VRの中かもしれません。もしくはオフラインの美しいブティックや素晴らしいファーマーズマーケットかもしれません”

2018年以降、ShopifyはAR(拡張現実)販売機能をデジタル領域に統合することも始めています。最近の出来事としては、Primerチームが設立したARベースの住宅設計会社を買収したことも特筆すべきでしょう。

ARを使った販売体験は、商品の商品をリアルかつインタラクティブに表現することで、会話コストを助長し、返品を最小限に保つことを目的としています。Instant Pot、Allbird、Magnoliaなどの企業は、ShopifyのAR技術を使用しているトップメーカーです。

さらに、Shopifyは拡張現実に関する特許をいくつか申請しています。その中には、ARを利用して衣服の正確なサイズを提案できる身体測定システムといったものも含まれています。

一方、ShopifyのNFTプログラムでは、ユーザーがNFTをミント・販売することができます。このプロセスは、イーサリアムやポリゴンなどのブロックチェーン技術を使用して行うことができます。他の多くのNFT市場とは異なり、マーチャントは暗号通貨を支払いとして受け入れる必要はありません。つまり、Shopifyの支払いにはデビットカード、Shop Pay、銀行カードなどが利用できます。

3. Twitter

Twitterは独自にWeb3に注力しており、すでにいくつかの暫定的なステップを踏んでいます。最も人気のあるソーシャルメディアプラットフォームの1つとして、大きな影響力を持つ可能性があり、すでにNFTとの連携も始まっています。

NFTをプロフィール画像として使用することは、NFTの所有者が自分のステータスを誇示するのに良い方法でしょう。これによって、所有するデジタル資産の所有権を示すことができるかもしれません。一方、Twitterは、この新しいコンセプトを実装していると思われる唯一の主要な巨大テック企業のプラットフォームです。

特に、Twitter Blueに登録している人は、NFTを自分の主要なプロフィール画像として選択できるようになります。NFTで認証された人は、プロフィールに六角形で表示されます。ただし、本稿執筆時点では、NFTをTwitterのプロフィール画像として設定するには多くの障害があります。

例えば、この機能は現在、iPhoneと米国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのユーザーに限定されています。Twitterは、NFTのサポートは近々Androidユーザーにも提供される予定だと主張しています。結論として、TwitterのNFT採用は、次世代ウェブへの移行への意欲を示すものであると言えるでしょう。

4. Spotify

Spotifyは、ダニエル・エク氏とマーティン・ローレンソン氏によって2006年に創設されたスウェーデンの音楽ストリーミングサービスです。ユーザー数の増加により、世界最大級のストリーミングプラットフォームに成長しました。現在、4億2,200万人のアクティブユーザーを抱えています。

このたび、Spotifyではマネージャー、エンジニア、トレンド開発の専門家など、Web3を利用した求人募集が行われました。

アーティストまでもがNFT作品の販売を始めている現状を鑑みれば、SpotifyがNFT作品を販売するのは当然と言えるでしょう。そのため、SpotifyがWeb3の分野に参入することは、驚くことではありません。SpotifyがNFTのためのマーケットプレイスを構築するかどうかは、まだわかりませんが、スヌープ・ドッグ、キング・オブ・レオン、グライムスなどのアーティストは早くも音楽NFTの販売での成功を体験しています。

5. Microsoft

マイクロソフトは、世界最大級のハイテク企業です。マイクロソフトは、Astar Incubationプログラムを通じて、Astar NetworkがWeb3の未来を構築することを支援すると述べています

このパートナーシップにより、マイクロソフトはAstar Incubationプログラムの事業者に対して、ツールやサポートを提供することが可能になりました。これには、メンターネットワークやマーケティング支援も含まれています。

マイクロソフトは、ブロックチェーン市場の一角を狙うため、フェイスブックの親会社であるメタのような他の大手テック企業と競争しています。ConsenSysをその武器としてサポートし、4億5,000万ドルの投資ラウンドに参加し、スタートアップの時価総額を70億ドルに倍増させたのである。

ConsenSysは、世界で最も人気のあるブロックチェーンウォレットであるMetaMaskの推進役を担っています。マイクロソフトとConsenSysは2021年、Azureのブロックチェーンサービスを廃止し、連携するようになると、顧客をConsensysに誘導し始めました

マイクロソフトは、Astar Networkを介してEthereumと競合する追加のスマートコントラクト技術であるPolkadotにも関心を示しています。したがって、このコラボレーションは注目すべき出来事だと言えるでしょう。

Web3企業が新しい未来を見せてくれる

Web3は機械、IoT、学習、データ分析などの技術と組み合わせることで、豊かな価値を持たせてくれます。この分野の大きな進歩の原動力は、それらをわかりやすく、簡単に、そして最大限に効率よくエンドユーザーに提供することです。

Web3は間違いなく、私たちのデジタル環境との付き合い方を一変させるでしょう。つまり、従来の常識を覆すような効果は、人々や企業にとって甚大なものになるかもしれません。とはいえ、Web2からWeb3への移行がすぐに起こるわけではないことには注意が必要です。このことは、これら主要ハイテク企業が、自社の事業を評価するのに十分な時間があることを意味しています。

Web3に関する最新情報については、BeInCryptoTelegramグループをチェックしてください。最新の動向をいつでも手に入れることができます。

よくある質問

Web3にはどんな会社ありますか?

Web3プロダクトとは何ですか?

Web3ネットワークとは何ですか?

ブロックチェーン最大の企業とは?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー