詳細を見る

Web3分野の人材採用で効果的な手法をBe[in]Cryptoが伝授

15 mins

ヘッドライン

  • Web3の台頭は、ビジネスのあり方を変えつつあり、人材採用や企業の人事部門に対しても影響がでている
  • Be[in]Cryptoの人事担当チームは、Web3分野の人材採用に「よくある3つの課題」を解決
  • その結果、ポジションクローズ率の50%削減、採用決定者の受け入れ手続き期間の大幅短縮が実現

Web3(ブロックチェーン技術を活用した分散型インターネット)は、世界のいたるところで社会変革を巻き起こしていますが、このインターネットの分散型バージョンによって、私たちがこれまで目にしてきた中央集権的かつ従来型の独占的なビジネス構造や経済の仕組みは変わりつあります。

それは、多くのビジネスの運営・運用方法にも影響を及ぼしており、企業の人事や採用業務のあり方にも変化が起きています。人事の専門家や採用担当者は、自社にふさわしい最高の人材の確保を目指していますが、職務記述書の修正から、ハードスキル(特定の専門知識や研修で得られるスキル)の必要性、他社との競争まで、対処しなければならない課題を多く抱えています。

この記事では、企業の採用担当者がWeb3分野の人材採用で直面する3つの「よくある課題」と、当社Be[in]Cryptoの人事担当チームがそれらをどのように解決し、対策と仕組みを導入したかを説明します。そしてWeb3分野の人材採用における効果的な手法を提示します。

Be[in]Cryptoの無料ウェビナー「Hiring in Web3: Guide for Leaders」に参加し、企業の人事担当者、チームリーダー、CEOが有能な人材を確保できる役立つ情報を得ましょう。一歩前に出て、この新しい市場への適応力を身につけましょう。今すぐウェビナーにご登録ください!

Telegramで最大の暗号資産コミュニティの1つであるBeInCrypto Trading Communityで、同じ関心を持つ人々と一緒にWeb3の世界を覗いてみませんか?

今すぐ参加する

よくある課題 ケース1:採用責任者が職務記述書を断りなく修正

採用担当者にとって最大の課題は、上司である採用責任者が採用業務の途中で職務記述書(ジョブディスクリプション)を断りなく修正することです。この場合、適切な求職者を見つけるために費やした労苦が無駄になり、一から採用業務をやり直さなければならなくなります。また、その求人ポジションを埋めるためのスケジュールにも悪影響を及ぼし、以後数週間にわたって計画していた他の求人ポジションに関する業務が遅れてしまうこともあります。

この問題を解決するために、Be[in]Cryptoの人事担当チームは、職務記述書の修正がタイムリーに伝えられるように、採用責任者と定期的に連絡を取り合うことにしました。

また、職務記述書のテンプレートを作成し、採用プロセスで起こりうる修正点を記載する欄を設けました。これにより、人事担当チームは事前に計画を立て、不測の事態が起きても採用プロセスに遅れが出ないようになりました。

よくある課題 ケース2:求職者のハードスキルを確認するテストの不備

採用担当者にとってよくある課題の2つ目は、求職者のハードスキルをチェックする適切なテストがないことです。特に、採用マネージャーが、採用予定者の将来の仕事に不可欠となる特定のハードスキルを要求している場合には、事態は深刻です。

加えて、暗号資産やWeb3分野の仕事の求職者の経歴やスキルのチェックも、偽の履歴書や応募書類の拡散により、困難となる可能性があります。

こうしたケースに対処するためには、チェック用のテストを作り、その中に求職者が必要なスキルを備えているかどうかが確認できる質問項目を含める必要があります。

Be[in]Cryptoの人事専門家は採用マネージャーと緊密に連携し、各求人ポジションに求められるハードスキルに関連する質問を含めた標準テスト集を作成しました。

これにより、すべての求職者が同じ条件のもとでテストされ、採用責任者が求める要件が満たされることになりました。また、人事担当チームは、チェックテストが定期的に見直され、必要に応じて更新されるように、採用責任者と定期的に連絡を取り合いました。

よくある課題 ケース3:求職者をめぐる他社との競争

競争の激しいWeb3分野の職種においては、優秀な求職者は同時に複数の採用オファーを受けることがよくあります。ある調査によると、需要のある有能な求職者は、(本人の氏名が掲載されてから)10日で求人市場から消えてしまうこともあるそうです。

そのため、企業の採用担当者は、自社の求人情報を目立たせ、求職者に自社を選んでもらう工夫をする必要があります。

Be[in]Cryptoは、リモート・分散型ワークをもとに、柔軟な労働時間を設定しています。また、会社の価値観や文化をアピールして、給与だけではない魅力的なオファーを提示しています。

Be[in]Cryptoの人事担当チームは、採用責任者と緊密に連携し、最終面接は円滑かつなごやかに行われ、求職者に良い印象をもたれるように工夫しています。また、求職者が採用オファーを受け入れる確率を高めるために、できるだけ早く採用決定の回答をしています。

Web2とWeb3分野における人材採用の違い

人材の管理・採用は、Web2とWeb3各々の分野で異なる点が多くあります。これは、すでにWeb3分野で事業を行っている企業や、参入を目指している企業が気づいていない重要な部分です。

例えば、Web2分野では、企業の人事担当者はメールやスプレッドシート、ソフトウェアプログラムなどの従来のツールを使って従業員情報を管理し、人事業務はまだほとんど手作業で行われています。

人材採用、福利厚生、給与計算、従業員対応などの業務も、多くはこれらのツールに頼っています。クラウドベースの人事管理ソフトウェアを使い始めた企業もありますが、人事プロセスに完全に統合してはいません。

Be[in]Cryptoの人事担当チームは、ソリューションの自動化と採用プロセスの再構築により、大きな成果を上げました。求人の平均ポジションクローズ率は50%減少採用決定者の通常の受け入れ業務も15日間から1~3日間に短縮されました。

また人事担当チームには、採用マネージャーや求職者から好意的なフィードバックが寄せられ、評判が高まったことでさらに優秀な人材を集めることができました。

以上のようにBe[in]Cryptoの人事担当チームは、Web3分野の人材採用によくある課題について、新しい対策と仕組みを導入し、効果的な手法を見い出すことができました。こうした手法が、変革の波が激しいWeb3の世界で、新たな採用プロセスを模索する企業の採用担当者に役立つことを願っています。

Be[in]Cryptoは、企業の人事担当者、チームリーダー、CEOが有能な求職者を確保するのに役立つ無料ウェビナー「Hiring in Web3: Guide for Leaders」を開催しています。新しい市場に向けて学ぶ機会をお見逃しなく。今すぐウェビナーにご登録ください!

よくある質問

Web3とは何ですか?企業人事や人材採用にどんな影響がありますか?

採用担当者が採用業務で直面する「よくある課題」とは何でしょうか?

採用担当者は、採用業務における課題をどのように克服すればよいでしょうか?

企業の人事担当者、チームリーダー、CEOは、Web3分野での人材採用にどう対応すればいいでしょうか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Takashi-HIgashi-new.jpg
Takashi Higashi
国際広報、海外の先端技術調査、海外企業との提携等をこれまで行ってきました。ここ数年、暗号資産に関心を持ってウオッチしています。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー