詳細を見る

アルトチェーン詳説:オルタナティブ・ブロックチェーンとは?

24 mins
記事 Joel Frank

サトシ・ナカモトのビットコインは、最も有名なブロックチェーンの起源です。同様に、イーサリアムも、多くの”非クリプト・ネイティブ”の間でさも有名な存在となっています。しかし、ビットコインやイーサリアム以外のブロックチェーン・ネットワークである「アルトチェーン」が近年、着実に台頭しています。

ほとんどのアルトチェーンは、暗号技術の進歩や導入に大きな影響を与えることはないでしょう。しかし、いくつかの代替ブロックチェーンは、ネットワークの巨大化に代わる正当な選択肢を提供しています。簡単に名前を挙げるだけでも、Polygon、SolanaCosmosAvalancheとすらすらと思いつきます。この記事では、アルトチェーンについて知っておくべきこと、アルトコインとの違い、そして代替ネットワークがもたらすであろう未来について解説します。

アルトチェーンとは何か?

ブロックチェーンとは、暗号論によって保護され、継続的に更新される公開台帳のことです。「アルトチェーン」または「代替ブロックチェーン」とは、単にビッグ2であるビットコインやイーサリアム以外のブロックチェーンのことを指します。

この2つのブロックチェーンは、現在の暗号空間で圧倒的に人気があり、よく知られているものです。ビットコインの主要なブロックチェーンは2009年に開始され、イーサリアムの最初のループは2015年に行われました。

アルトチェーンは、クリプト初期から存在しています。Litecoin・ブロックチェーンは、2011年にビットコインの競合として立ち上げられました。2013年にはDogecoinとRippleがそれに続いた。しかし、2017年にイーサリアム・ブロックチェーンがスケーリングの問題に直面し始めたとき、アルトチェーンの数は爆発的に増加しました。

ユーザーは、イーサリアムに代わる、よりダイナミックで軽快かつ環境に優しいものを探し始めた。これにより、BNBスマートチェーン、Ripple、Cardano、Dogecoin、Polkadot、Solanaなどが登場したのです。

このような競争の激化が、イーサリアムの第2世代である「イーサリアム2.0」の開発の背景の1つであると思われます。2022年9月、ネットワークはプルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステーク・ネットワークに統合され、チェーンの環境負荷を劇的に軽減し、取引時間を短縮しました。

アルトチェーンとアルトコインはどう違うのですか?

アルトチェーンのネイティブトークンはアルトコイン(alternative coins)です。例えば、BNB、XRP、ADA、DOGE、DOT、SOLはすべてアルトコインです。アルトコインという言葉には、ビットコインやイーサリアムではない暗号通貨も含まれます。また、ビットコイン支持者の中には、イーサリアムをアルトコインと蔑称している人もいます。

アルトチェーンは、それを動かす暗号通貨ではなく、ブロックチェーンネットワークのことを指します。例えば、アルトコインであるADA暗号通貨は、アルトチェーンであるCardanoブロックチェーンをサポートしています。

すべてのアルトコインが独自のオルトチェーンを持つわけではありません。実際、大多数はそうではありません。ほとんどのアルトコインは、既存の暗号通貨ネットワークの上で動作するトークンです。例えば、現在流通している最大の暗号通貨の1つが柴犬コインで、もともとはミームコインとして脚光を浴びた。SHIBはERC-20トークンであり、イーサリアム・ネットワーク上で動作する。ユーザーはSHIBを取引する際、イーサリアムのブロックチェーンにガス代を支払って取引を処理してもらっています。

アルトコインはアルトチェーン上にも存在することができます。ユーザーがイーサリアム・ネットワークの上で独自の暗号通貨やNFTを取引することが許されているように、多くのアルトチェーンでも同じことが許されています。例えば、CardanoとSolanaは、どちらもユーザーが独自の暗号トークンとNFT(非代替性トークン)を作成し、ブロックチェーン上で実行することを許可しています。

さまざまな種類のアルトチェーン

レイヤー1プロトコル

BitcoinとEthereumのブロックチェーンは、どちらもレイヤー1ブロックチェーン・プロトコルの代表例です。これらは、ほかの暗号ネットワークからのサポートなしに、トランザクションを検証し実行することができる自給自足のブロックチェーンである。レイヤー1ブロックチェーンは、ネットワーク検証者(ビットコインではマイナー、イーサリアムではステーカーと呼ばれます)に取引手数料と新しいトークンを約束することでインセンティブを与えることで機能します。

最も人気のあるアルトチェーンの多くは、CardanoやSolanaのように、レイヤー1ブロックチェーン・プロトコルで、どちらも独自に開発された自主開発プロトコルです。レイヤー1アルトチェーンの中には、既存の主要ブロックチェーンの”フォーク(分岐)”として生まれたものもあります。例えば、ビットコイン・キャッシュのブロックチェーンは、オリジナルのビットコインブロックチェーンのフォークです。一方、イーサリアム・・クラシックは、DAOハック前のオリジナルのイーサリアムブロックチェーンのフォークです。

共通の「祖先」を持つとはいえ、フォークされたアルトチェーンとそのオリジナルのチェーンは、時間の経過とともに大きく異なるようになることがあります。例えば、メインのイーサリアム・ブロックチェーンは最近、プルーフ・オブ・ステークの合意メカニズムに移行しましたが、イーサリアム・クラシック・ブロックチェーンはプルーフ・オブ・ワークのままです。

レイヤー0プロトコル

レイヤー0ブロックチェーンプロトコルというものも存在します。これは、別々のレイヤー1ブロックチェーンが同じ広範な暗号通貨ネットワークの一部として相互作用することを可能にするプロトコルです。

基本的に、レイヤー0プロトコルは、複数の相互運用可能で相互作用するブロックチェーンを同時に構築することを可能にします。Polkadotは現在、レイヤー0プロトコルの代表的な例です。

レイヤー2プロトコルとサイドチェーンについて

レイヤー1ブロックチェーンがレイヤー0プロトコルの上に構築されるのと同様に、レイヤー2ブロックチェーンソリューションは、レイヤー1ブロックチェーンプロトコルと並行して、またはその上に構築することができます。これらのレイヤー2プロトコルにはいくつかの異なるタイプがあります。いくつかは、基盤となるレイヤー1ブロックチェーンのスケーラビリティを向上させ、オフチェーンでトランザクションを行うことを可能にすることを目的としています。

ArbitrumやPolygonは、Ethereumネットワークの上に構築されたレイヤー2スケーリングソリューションの例です。これらのレイヤー2ソリューションは、基盤となるレイヤー1プロトコルのセキュリティとコンセンサスアルゴリズムに依存しています。レイヤー2スケーリングソリューションの代替手段として、サイドチェーンがあります

サイドチェーンは、完全に別個のブロックチェーンです。主なブロックチェーンに接続されているが、自身のセキュリティとコンセンサスアルゴリズムを持っています。サイドチェーンは、メインチェーン上の資金をロックしてサイドチェーンに預けることで動作します。これらの資金は、サイドチェーンのユーザーによって自由に取引することができます。これにより、主なブロックチェーン上の混雑を減らすことができますが、批評家は、「サイドチェーンを使用することがメインチェーンよりも安全性が低い可能性がある」と指摘しています。

アルトチェーンの使用方法

ウォレットの設定

ほとんどのアルトチェーンは、ビットコインやイーサリアムのブロックチェーンと同様に使用されます。アルトチェーンを操作するためには、ユーザーはまずウォレットを設定する必要があります。ウォレットには、アルトチェーンでトークンを保管、転送、受領するための機能が備わっています。

Exodus WalletやCoinbase Walletなどの暗号通貨ウォレットは、主要なアルトチェーンを含むさまざまなブロックチェーンと連携することができます。

アルトチェーンを利用して暗号化通貨を購入する

アルトチェーンを利用した暗号通貨(アルトコイン)を購入する場合、ユーザーには2つの選択肢があります。1つはBinanceなどの中央集権型取引所に口座を開設し、法定通貨を預入して暗号化通貨を購入する方法です。手数料的には、ほとんどのユーザーにとって最も低コストな方法であると考えられます。

もう一つの選択肢は、主要な暗号通貨ウォレットの多くが直接法定通貨から暗号通貨へのオンランプ(入り口)を提供している点です。これにより、中央集権型取引所を使用することなく、法定通貨で暗号通貨を購入してウォレットに即座に入金することができます。

一般に、ユーザーは法定通貨から暗号通貨への決済サービスプロバイダを利用するためにいくつかの個人情報を提供する必要があります。つまり、KYC(顧客確認)要件は回避することが困難です。この方法で暗号通貨を購入する際の手数料は、中央集権型取引所で法定通貨を預入して暗号通貨を購入する場合に比べて通常高くなります。

ブロックチェーンエコシステムでの取引

ユーザーは今や暗号化通貨を送受信することができます。また、さまざまな分散型アプリケーション(DApps)とやり取りすることもできます。

これには分散型金融(DeFi)プラットフォームが含まれ、ユーザーは自分の暗号通貨で利回りを得ることができます。また、DAppsにはブロックチェーンベースのゲームも含まれ、ユーザーは暗号資産を利用してゲーム内の体験を向上させることができるでしょう。

ブロックチェーンエクスプローラーを使用してトランザクションを検証する

ビットコインやイーサリアムと同様に、すべての主要なアルトチェーンでは、ユーザーがそのブロックチェーンで行われているトランザクションを調べることができます。例えば、CardanoにはCardano Explorerがあり、SolanaにはSolana Explorerがあります。誰でもこれらのツールを利用して、アルトチェーンネットワークで行われているトランザクションを監視することができます。

暗号資産のセキュリティ対策をする

ユーザーは、あまり知られていないアルトチェーンが、有名なチェーンほど効果的にセキュリティプロトコルを開発していない可能性があることを認識する必要があります。

DAppsとやり取りする際には、常にウェブサイトのURLを三重にチェックすることが重要です。悪意のあるウェブサイトは、よく似たURLで人気のあるDAppsを装い、暗号資産ウォレットの情報を盗み出そうとします。

また、コールドウォレットに投資することも価値があります。これらのウォレットは、あなたのプライベートなウォレットキーをインターネットやコンピュータから分離して保管します。これにより、暗号ハッカーがこの情報を盗むことは事実上不可能となり、その結果、あらゆる暗号が盗まれることになります。

アルトチェーンは重要度を増しそうですか?

暗号通貨の採用が増えるにつれ、ますます動的で使いやすいアルトチェーンが登場する可能性が高いです。将来的には、多くの人気のある分散型アプリケーションが代替ネットワーク上で実行されることが予想されてます。

例えば、Flowブロックチェーンは既にNBAのTopShot NFTトレーディングアプリケーション、同様のNFLやUFCアプリケーションをホストしています。これらのアプリにアクセスするには、アプリが実行されているアルトチェーンの使い方を知る必要があります。

ここまで主要なプレイヤーをいくつか紹介しましたが、市場はまだ限定されていません。現在、暗号通貨エコシステムを通じて何千もの代替ネットワークが稼働しています。すべてのアルトチェーンが異なる市場や目的に対応しているでしょうか?おそらくそうではありません。代替ネットワークがEthereumやBitcoinに対して全能的な競合相手に集約するのでしょうか?それもまた違います。しかし、新しいアルトチェーンが既存のブロックチェーンに挑戦し続ける一方で、信頼できるネットワークのプールは最終的に強化されることになります。

よくある質問(FAQ)

ベストなアルトチェーンは何ですか?

アルトチェーンは安全ですか?

アルトチェーンはビットコインに対応していますか?

結局のところ、アルトチェーンとは何ですか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー