詳細を見る

XANAメタバースとは?国内初の仮想世界プラットフォームの特徴と展望

17 mins

メタバースとは、仮想空間で自分の分身となるアバターを操作して、様々な体験やコミュニケーションができる世界のこと。メタバースは今、世界中で注目されている最先端のテクノロジーですが、その中でも特に、「日本国内初」として話題になっているのがXANAメタバースです。

XANAメタバースとは、日本人が開発したメタバースプラットフォームす。XANAメタバースには独自の経済圏があり、独自トークンを使ってNFTの売買やゲーム内アイテムの購入などができます。

本記事では、XANAメタバースの特徴や将来性まで、仮想通貨になじみのない人でも理解できるようわかりやすく解説します。XANAメタバースは、誰でも気軽に参加できるスマホライクなメタバースとして、今後期待されています。この記事を読むことで、XANAメタバースの基本情報から、将来性について抑えることができます。ぜひ最後までご覧ください。

XANAメタバースとは?

XANAとは、NOBORDERZが開発するWeb3.0メタバース、およびWeb3.0のインフラストラクチャーです。XANAでは、誰でも簡単にメタバースやアバター、ゲームを構築でき、デジタルアイテムの所有権を自由に売買することができ、様々な方法で収益化することができます。XANAは、日本初のメタバース企業として、多くの企業やインフルエンサーとのコラボレーションを実現しており、国内外で大きな注目を集めています。

また、XANA JAPANのCEOには、エンターテイメントのDX化を推進する株式会社BACKSTAGE代表の溝口勇児が就任しています。XANAのビジョンは、「すべての人に、もうひとつの居場所ともうひとりの自分を」です。

XANAメタバースの特徴3つ

XANAメタバースの特徴3つを解説します。

  • XANAチェーンを利用して開発
  • 2種類のトークンを採用
  • 多くの有名人・企業・キャラクターと提携

一つずつ解説します。

XANAチェーンを利用して開発

XANAは独自のブロックチェーン技術であるXANAチェーンを利用してメタバースやNFTを開発しています。XANAチェーンは高速で安全なトランザクションを実現し、メタバース内の経済活動を支えており、また、XANAチェーンはEthereumやBinance Smart Chainなどの他のブロックチェーンとも相互運用性があり、様々なNFTやトークンをXANAに持ち込むことが可能です。

2種類のトークンを採用

XANAでは、メタバース内の経済圏を形成するために、2種類のトークンを採用しています。一つはXETAというガバナンストークンで、XANAの運営や開発に関する投票権や収益分配などの権利を持ちます。もう一つはALIAというユーティリティートークンで、メタバース内でのアイテムや土地の購入やサービスの利用などに使われます。これらのトークンは国内外の取引所で購入することができます。

多くの有名人・企業・キャラクターと提携

XANAは、日本だけでなく世界的にも有名な人物や企業やキャラクターと提携しています。例えば、ウルトラマンや鉄腕アトムなどの人気キャラクターとのコラボNFTをリリースしたり、木梨憲武さんや手越祐也さんなどの芸能人がメタバース内でアート展やショーの開催を実施。また、フジテレビやJTBなどの国内大手企業もXANAに参入しており、メタバース内で様々なコンテンツやサービスを提供しています。

仮想通貨XETA(ゼタ)について

XANAメタバースの仮想通貨XETAの「名称・ティッカーシンボル・ローンチ時期・価格・時価総額・時価総額ランキング」はこちらです。

  • 名称:XETAは、XANAメタバースのプラットフォームトークンです。XANAは、メタバースやアバター、ゲームの構築、デジタルアイテムの所有権の売買、それらの収益化することが誰でも簡単かつ自由にできるなど、Web3.0時代のメタバース展開に必要な機能をワンストップで提供するプラットフォームです。
  • ティッカーシンボル:XETAは、XANAの略称です。XANAは、ギリシャ神話に登場する「夢を司る神」から名付けられました。
  • ローンチ時期:XETAは、2022年7月20日にローンチされました。当初はAvalancheネットワーク上で発行されましたが、2023年からはXANAチェーンという独自のネットワークに移行しました。
  • 価格:XETAの現在の価格は、2.43円です(本稿執筆時点)。※価格は市場の需給やニュースなどによって変動します。
  • 時価総額:XETAの現在の時価総額は、3億0,550万円です(本稿執筆時点)。時価総額は、発行済みのトークン数と現在の価格を掛けたもので、プロジェクトの規模や評価を表す指標。
  • 時価総額ランキング:XETAの現在の時価総額ランキングは、3,242位です(本稿執筆時点)。時価総額ランキングは、仮想通貨の中で時価総額が高い順に並べたもので、競争力や人気度を表す指標。

XANAメタバースの将来性3つ

XANAメタバースの将来性を3つ解説します。

  • メタバース市場の拡大
  • NFTゲームやマーケットプレイスの提供
  • 複数のデバイスに対応

順に解説していきます。

XANAの将来性①:メタバース市場の拡大

メタバースは、現実世界と仮想世界を繋げる新しいインターネットの形として、ここ数年で急激に注目を浴びています。メタバース市場は、2020年には約1,800億円だったのが、2025年には約4兆円に達すると予測されています。XANAは、このメタバース市場の成長に乗って、世界中の人々に新しい体験や価値を提供できるプラットフォームになる可能性が高く、将来性が期待できます。

XANAの将来性②:NFTゲームやマーケットプレイスの提供

XANAは、NFTゲームやマーケットプレイスを提供しています。XANAでは、NFTゲーム「NFT Duel」やNFTマーケットプレイス「XANALIA」などのサービスを展開しています。NFT Duelは、NFTカードによるカードバトルゲームで、「ウルトラマン」や「鉄腕アトム」などの人気キャラクターが登場します。XANALIAは、XANA独自のNFTマーケットプレイスで、仮想空間で自分のNFTコレクションを展示することができます。これらのサービスは、メタバース内でのエンターテイメントや創造性を刺激するとともに、ユーザーが収益を得られる仕組みも備えています。

XANAの将来性③:複数のデバイスに対応

XANAは、スマートフォンやPCに加えて、VRやARにも対応しています。これは、他の主要なメタバースプロジェクトと比べても優れた特徴です。複数のデバイスに対応することで、ユーザーは自分の好みや環境に合わせてメタバースを楽しむことができます。

XANAメタバースは、NFTマーケットプレイス「XANALIA」を運営

XANALIAhttps://xanalia.com/ja/marketplace

XANAメタバースはNFTマーケットプレイス「XANALIA(ザナリア)」を運営しています。詳しく解説します。

XANALIA(ザナリア)とは

XANALIAは、XANAメタバースのNFTマーケットプレイスです。XANALIAでは、メタバースやアバター、ゲームなどに対応した様々なNFTコレクションを作成、取引、収集することが可能。XANALIAは、ETH、BSC、Polygonなどの複数のネットワークに対応しており、Chainlink VRFを利用してランダム性を保証しています。

XANALIAの特徴

XANALIAの特徴は、XANAメタバースとのシームレスな連携。XANALIAで購入したNFTは、XANAメタバース内でデジタルアセットとして扱われ、独自の用途や価値を持ちます。例えば、ウルトラマンや鉄腕アトムなどの人気キャラクターのNFTは、メタバース内でアバターとして着用したり、ゲームに参加したりすることが可能。また、木梨憲武さんや手越祐也さんなどの芸能人が制作したアート作品のNFTは、メタバース内で開催される展示会やショーに招待されたり、限定コンテンツにアクセスできたりすることができます。

XANALIAの利用方法

XANALIAを利用するには、MetaMaskなどのウォレットを作成し、XANAチェーンを追加する必要があります。その後、Bybitなどの取引所でXETAを購入し、MetaMaskに送金。そして、XANALIAのサイトにアクセスし、ウォレットを接続します。これで、XANALIAでNFTを作成したり、購入したりすることが可能に。また、購入したNFTは、XANAメタバース内で使用できます。

日本国内における、XANAメタバースへの期待

XANAメタバースは、日本初のメタバースプラットフォームで、かつ世界的にも注目されているプロジェクト。国内初のXANAが躍進することで、日本のWEB3.0業界が明るくなる可能性があるのかを解説します。

日本初のメタバースプラットフォーム

XANAメタバースは、日本人の久保武士さんがCEOとしてチームを率いて開発したメタバースプラットフォーム。XANAは、メタバースやアバター、ゲームの構築、デジタルアイテムの所有権の売買、それらの収益化することが誰でも簡単かつ自由にできるなど、Web3.0時代のメタバース展開に必要な機能をワンストップで提供します。XANAは、日本だけでなく世界中で注目されており、15カ国以上から100人以上のチームメンバーが集まって開発しています。

日本のWEB3.0業界への影響

XANAメタバースが躍進することで、日本のWEB3.0業界が明るくなる可能性があります。WEB3.0とは、インターネット上で分散型・自律型・協調型・オープンソース型・トランスペアレント型のシステムやサービスが普及する時代のこと。XANAは、WEB3.0のインフラストラクチャーとして、メタバースやアバター、ゲーム、NFTなどの様々な分野で革新的な技術やサービスを提供しています。

XANAが日本国内で事業拡大を進めることで、日本のWEB3.0業界においても、メタバースやNFTなどの分野で新たな市場やビジネスモデルが生まれたり、クリエイターやユーザーが参加しやすくなったり、イノベーションが加速したりする可能性があります。また、XANAが日本発のメタバースプラットフォームとして世界に発信することで、日本のWEB3.0業界の存在感や世界的競争力も高まる可能性があります。

XANAメタバースのまとめ

XANAメタバースは、NOBORDER.z社が開発するWeb3.0型のメタバースプラットフォーム。XANAでは、仮想空間で現実世界と同様にコミュニケーションや経済活動ができます。XANAは、有名IPとのコラボレーションや複数のデバイスに対応したマルチプラットフォーム性、独自ブロックチェーンの採用、NFTゲームやマーケットプレイスの提供など、多くの魅力的な特徴や将来性を持っています。

XANAは、日本発のメタバースプロジェクトであり、日本人CEOが率いる多国籍IT企業が運営。国内初のXANAは、世界中から注目されており、多くの企業やブランド、地方自治体との提携を拡大しています。XANAは、メタバース市場の拡大に伴って、さまざまなビジネスやサービスが展開されていく可能性があります。XANAメタバースの今後の動きに注目です。

  • XANA公式サイト:https://xana.net/ja
  • XANALIA公式サイト:https://xanalia.com/ja
  • 公式Twitter:https://twitter.com/XANAMetaverse
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー