詳細を見る

Ledger 、秘密鍵復元サービス「レジャー・リカバー」を中止

4 mins

暗号資産(仮想通貨)ウォレット企業Ledger(レジャー)は23日、秘密鍵復元の有料オプションサービス「レジャー・リカバー」のローンチを中止した。同対応は16日の早期アクセス版を提供開始以降の批判や懸念の声に対応したものとみられる。

同サービスは、ユーザーがシードフレーズの暗号化されたバックアップをサードパーティ企業のカストディアンに保存し、シードフレーズを紛失したり忘れたりした場合に、秘密鍵を復元できるようにするもの。

レジャーのパスカル・ゴーティエCEOは、秘密鍵復元サービス「Ledger Recover」の改善案をについてのロードマップを示し、発表についてコミュニケーションミスがあったことや顧客の理解に影響を与えたことを認め、謝罪した。同氏は、「この製品について1年以上、公に話してきた理由は、顧客を驚かせるつもりはなかったからだ」と語った。

LedgerのオペレーティングシステムのコアコンポーネントとLedger Recoverを含む可能な限りの部分をオープンソース化することを決定し、その作業が完了するまでのリリースは控える模様。同社はこれによりコミュニティが自己保管について可能な限り多くの選択肢を持つことが可能になるとしている。

秘密鍵とは
暗号資産ウォレットへのアクセスを認証し暗号化するために使用される、秘密のパスコードを人間が読める形式に変換したもの。リカバリーフレーズ、シードフレーズ、ニーモニックフレーズとも呼ばれる。12個や24個の英単語から構成され、ハードウェアウォレットを紛失または破損するなど、ウォレットへのアクセス不能になった場合、秘密鍵を使用することでウォレットの復元が可能となる。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー