詳細を見る

LINE NEXT、1億4000万ドルを資金調達=Web3の世界展開とNFTマーケットプレイス・ベンチャーに出資

4 mins

ヘッドライン

  • LINE NEXT、クレッシェンド主導で1億4000万ドルを調達、グローバル展開と新Web3サービスの提供が目的
  • NFT市場下落にもかかわらず、ライン・ネクストは新たなデジタル・プロジェクトを推進し、550万人のユーザーを獲得
  • NFTコレクターは現在、長期保有に注力しており、OpenSeaは19万2500のアクティブなウォレットを維持している
  • promo

ソフトバンクとネイバーの協業ベンチャーであり、NFT分野のリーダーであるLINE NEXTはこのほど、クレッシェンド・エクイティ・パートナーズが主導する1億4000万ドルの資金調達達成を発表した。

LINE NEXTの発表によれば、この資金調達は23年アジア最大のブロックチェーンおよびWeb3への投資となる。

LINE NEXT、NFTとWeb3への資金提供を受ける

LINE NEXTのコ・ヨンス最高経営責任者(CEO)は、特に世界的に投資活動が縮小していることを考慮すると、成果の重要性を強調した。

世界的に投資環境が縮小している中で、このような資金を確保できたことは意義深い。

同社はこの資金を、グローバル・ビジネスの推進し、革新的な新サービスの開発に活用するという。

グローバルNFTマーケットプレイスの立ち上げ、バーチャルアバターソーシャルアプリの導入、より多くのWeb3ゲームの開発など、ユーザーのデジタル商品との関わり方や価値観に革命を起こすことを目指す。

22年1月以降、月間取引高が94%減少するなど、最近のNFT取引は低迷。しかしLINE NEXTはデジタル資産領域におけるパイオニアであり続けていると言える。

Weekly NFT marketplace volume December 2021-present. Source: Dune Analytics
2021年12月~現在までのNFT市場の週間取引高。出所デューン・アナリティクス

同社はK-POPスターのグッズを扱うNFTプラットフォームの立ち上げに成功し、複数のWeb3ゲームを立ち上げ、550万人のユーザーベースと47万件以上の取引を獲得している。

NFT市場、「オワコン」から反転

NFT市場の回復力は、より広範なトレンドにも反映されている。NFT18のレポートによると、NFTの購入から転売までの期間は2021年以降、ほぼ4倍に増加している。

さらに、OpenSeaのようなプラットフォームは健全なアクティブ・ウォレット数を維持し続けています。現在、同マーケットプレイスには19万2500を超えるユニークウォレットがあり、NFTスペースへの関心が持続していることを裏付けている。

クリエイターに特化したNFTプラットフォームであるUNCUTの代表であるカルロス・ディアス氏は、NFTマーケットプレイスの進化を指摘しています。

ディアス氏は

OpenSeaは巨額の資金をもたらしたが、ユーザーエクスペリエンスを向上させることに重点を置いていなかった。

同氏はトランプ元米大統領のNFTに代表されるような、コミュニティ内の強力なアイデンティティ・マーカーとしてのNFTの重要性を強調した。また、投機的な取引から、強い関心に基づいたコミュニティの構築へのシフトを強調した。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

kyle-baird.png
Kyle Baird
カイルは2010年にペンシルベニア州のイースト・ストラウドバーグ大学を理学士号で卒業後、アメリカ東海岸から東南アジアに移住した。祖父の跡を継いだカイルは、10代で株と貴金属の購入を始めた。これが暗号通貨について学び、執筆することに興味を持つきっかけとなった。同氏は2016年にBitcoinistのコピーライターとしてスタートし、2018年の初めにBeInCryptoの編集者の役割を担うようになった。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー