詳細を見る

ロンドン証券取引所、2つの暗号資産に上場債券の申請を許可

4 mins

ヘッドライン

  • LSEが第2四半期にビットコインとイーサリアムのETNの申請を受け付ける、プロの投資家が対象。
  • 上場債券はETFとは異なり、暗号通貨を追跡する債券のような投資を提供する。
  • FCAは暗号資産ETNに厳格な規制を設定し、市場の健全性と投資家保護を強調。
  • promo

ロンドン証券取引所(LSE)は11日、ビットコインとイーサリアムの上場投資証券(ETN)の申請を受け付ける計画を発表した。この動きは今年の第2四半期に開始される。

これは、暗号通貨を主流の金融市場に統合するための一歩となる。プロの投資家に焦点を当て、暗号資産投資に対する慎重かつ先進的なアプローチを示す。

LSEがETNの門戸を開く:ETFとの違いは?

上場投資信託(ETF)に似た上場投資証券(ETN)は、銀行や投資運用会社によって発行される。これらの商品は、原資産やインデックスを追跡するために重要だ。ETNは債券のような投資手段を提供する。

対照的に、ETFは追跡する資産を保有するファンドに投資する。この違いは、投資家が暗号通貨市場に関与する方法が多様であることを強調している。

金融行動監視機構(FCA)のガイドラインに従い、LSEの動きは規制の枠組みに沿ったものだ。FCAは、暗号通貨を裏付けとするETNの上場市場セグメントを提案するために、認定投資取引所(RIE)を承認した。

さらに、FCAは強固な管理体制の重要性を強調している。これらの措置は、秩序ある取引を確保し、プロの投資家を保護することで、市場の健全性を維持する。

「金融行動監視機構(FCA)は、暗号資産担保取引所上場債券(cETN)の英国上場市場セグメントの創設を求める公認投資取引所(RIE)の要請に反対しない」とFCAは表明した。

英国の上場規制では、暗号資産ETNは目論見書や継続的な情報開示など、厳しい要件を満たさなければならない。このような暗号資産規制は、暗号投資のリスクを評価するために必要なツールをプロの投資家に提供することを目的としている。これは、デジタル通貨の不安定な性質を考慮すると、特に重要である。

FCAは、特に個人消費者に関しては慎重な姿勢を崩していない。FCAは暗号資産ETNやデリバティブの販売禁止を継続しており、潜在的なリスクを強調している。

Crypto Users in the UK
英国の暗号資産ユーザー|出典:スタティスタ

暗号資産ETNを組み入れるLSEのイニシアチブは、投資分野における大きな変化を意味する。これは、プロの投資家が暗号資産を探求するための新たな道を開くもの。この動きは、ビットコインとイーサリアムが著しい価格急騰を見せるなかでのものだ。主要暗号資産であるビットコインは71,000ドルを突破し、イーサリアムは4,000ドル前後で取引されている。

さらに、FCAの規制監督により、市場はプロの投資家にとって安定的で安全な状態を維持している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー