詳細を見る

MakerDAO、完全分散型ステーブルコインを発表へ

4 mins

ヘッドライン

  • MakerDAOは、Daiとは異なる完全分散型のステーブルコインであるPureDaiを立ち上げる予定だ。
  • PureDaiはETHのような分散型資産のみを担保に使用し、中央集権的な資産を避ける。
  • 新しいコインは米ドルに固定されず、真の分散化を促進する。
  • promo

Daiステーブルコインを支える分散型自治組織MakerDAOは16日、PureDaiと名付けられた新しいステーブルコインの導入計画を発表した。

同計画は数年後に実現する見込みで、現在分散型と中央集権型の担保をミックスしたものに依存しているDaiに完全に分散化されたオルタナティブを提供することを目指す。

純粋な分散化への移行

MakerDAOのCEO兼共同設立者であるRune Christensen氏は、PureDaiのビジョンを説明した。USDCのような中央集権的なものを含む様々な資産を担保とするDaiとは異なり、PureDaiはイーサリアム(ETH)やLido-staked Ether(stETH)のような分散型資産のみを担保として使用する。

PureDaiはイーサリアムのメインネットのみで運用されます。価格フィードには分散型オラクルを活用し、単一のエンティティによる価値の操作を防ぎます。PureDaiはフリーフローティング・ペグを採用し、米ドルに直接連動しない可能性がある。

この設計の選択は、法定通貨に裏打ちされた安定性よりもこれらの原則を優先するユーザーに対応し、分散化と弾力性を強化することを目的としている。

「将来的にDaiユーザーは、DaiをPureDaiにアップグレードするオプションがあります。

PureDaiはリリース後、さらなるアップグレードや変更を必要としない。PureDaiは不変のシステムであり、MakerDAOとの恒久的な接続なしに完全な分散型の性質を維持する。Dai保有者はPureDaiにアップグレードすることができ、純粋な分散化を求める人々にとってスムーズな移行を保証します。

PureDaiに加え、MakerDAOはDaiの後継として設計されたもう一つのステーブルコインであるNewStableを立ち上げる予定である。NewStableは、伝統的なUSDペッグを維持しながら、成長性、利回り、回復力に重点を置く。また、実世界資産(RWA)に関する規制要件にも準拠する。

PureDaiとは異なり、NewStableは従来の金融システムと統合されるため、大量市場への導入に適している。

「DaiのほとんどのユースケースはNewStableに引き継がれ、NewStableは大衆市場への導入と規制に準拠した実世界資産の裏付けに重点を置くだろう」とクリステンセンは言う。

PureDaiとNewStableを導入するデュアルパス戦略は、ユーザーに完全な分散化と規制された法定通貨ペッグの選択肢を提供する。MakerDAOは数年かけて、すべてのユーザーと統合がPureDaiまたはNewStableに移行すると予想している。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー