詳細を見る

マントラの現物資産トークン化戦略でOMが40%急騰

5 mins

ヘッドライン

  • マントラ(OM)は戦略的提携と前進により40%急伸した。
  • ザンド銀行と提携し、UAE基準のRWAトークン化を推進。
  • マントラは、オンドのステーブルコインUSDYを今後のブロックチェーン立ち上げに含める。
  • promo

現実世界の資産(RWA)のトークン化をサポートするレイヤー1(L1)ブロックチェーンのマントラ(OM)は7日、過去7日間で約40%の価格上昇となった。DefiLlamaのデータによると、Mantraの総価値ロック(TVL)は6月初めから約25.72%増加し、5240万ドルに達した。

この増加は、4月中旬からの数ヶ月間の停滞に続くものである。アナリストはこの増加を、マントラのエコシステムにおける新たなパートナーシップと技術的進歩によるものだと評価している。

新たなパートナーシップがマントラの成長を後押し

6月5日、マントラはアラブ首長国連邦(UAE)中央銀行の認可を受けたデジタルバンクであるZand Bank PJSCとの覚書を発表した。このパートナーシップは、VARA(Virtual Asset Regulatory Authority of Dubai)の基準に基づき、現実世界の資産トークン化の枠組みを確立することを目的としている。この戦略的な動きはまた、UAEにおけるRWAトークン化の規制遵守、投資家保護、信頼を強化することを意図している。

関連記事:トークン化された現物資産(RWA)とは?

Zandのマイケル・チャン最高経営責任者(CEO)は、「今回の提携は、ブロックチェーン技術を当社の強固な金融サービスと融合させることで、顧客が投資をよりコントロールし、セキュリティを強化し、取引のライフサイクルをより明確にすることを目指す当社の旅が一歩前進したことを意味します」と述べている。

マントラの技術的進歩もまた、最近の成長において重要な役割を果たしている。先週、マントラは、今年後半にブロックチェーンがデビューする際に、Ondoの主要な利付トークン債であるUSDYをジェネシス・アセットとして採用する計画を発表した。USDYは、ステーブルコインの有用性を維持しながら、保有者を短期米国債利回りにさらす

Ondo FoundationとMantraのコラボレーションは、ユーザーがUSDCを拠出し、高品質の利回りを受け取ることを可能にするマルチチェーン金庫を奨励することを目指しています。メインネットのローンチと同時に、このイニシアチブは参加者にONDOトークンとOMコインを提供し、Mantraのエコシステムをさらに後押しする。

CryptoSavingExpertによるテクニカル分析は、OMが統合ゾーンを抜け出す可能性を強調している。同分析は、OMが現在の抵抗レベルを克服した場合、1.27ドルに達する可能性があることを示している。この洞察は、暗号資産市場の幅広いトレンドと一致しており、現物資産トークン化への注目が高まっていることを強調している。

関連記事:NOT A HOTELの仕組みや特徴を解説

OM価格のパフォーマンス
OM価格のパフォーマンス|出典:X/CryptoSavingExp

CoinGecko RWAレポート2024は、暗号資産、特に米ドルペッグされたステーブルコインや金のようなコモディティ担保トークンにおける現実世界の資産のトークン化の台頭を強調している。また、2023年にはトークン化されたトレジャリー商品が782%急増すると指摘している。

これらの傾向はマントラの戦略的動きと一致している。プロジェクトが革新と成長を続けるにつれ、現実世界の資産トークン化業界でさらなる成功を収める態勢が整っている。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンは、デジタル・マーケティングと暗号通貨ジャーナリズムで8年以上の経験を持つベテラン・ジャーナリスト兼コンテンツ・クリエーター。SEO戦略、ブロックチェーン技術、Web3を専門分野とし、常にインパクトのあるコンテンツイニシアティブを提供し、オーディエンスを効果的に巻き込んできた。 2022年1月以来、リンはBeInCrypto...
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー