詳細を見る

トークン化金融資産市場、30年までに2兆ドル=マッキンゼー

6 mins

ヘッドライン

  • マッキンゼーは、トークン化された金融資産市場は2030年までに2兆ドルに達すると予測している。
  • トークン化は投資を民主化し、より多くの投資家がアクセスできるようにする。
  • 課題としては、規制のハードルや既存のインフラを近代化する必要性などがある。
  • promo

マッキンゼー・アンド・カンパニーは最近のレポートで、トークン化された金融資産市場は2030年までに2兆ドルに達すると予測している。

この予測は、実物資産(RWA)トークン化分野の変革の可能性を示している。また、ブロックチェーン機能を備えた金融機関の戦略的重要性も浮き彫りにしている。

投資の民主化トークン化はいかに小口投資家に門戸を開くか

マッキンゼーの分析によると、資産のトークン化は波がある。最初の波は、投資収益と拡張性が証明されている資産クラスに焦点を当てるだろう。

現金・預金、債券、上場投資信託(ETN)、投資信託、証券化などである。2030年までに、トークン化された時価総額は約2兆ドルに達する可能性があり、主にこれらの資産クラスによって牽引される。

「悲観的なシナリオと楽観的なシナリオは、それぞれ約1兆ドルから約4兆ドルに及ぶ」とマッキンゼーのアナリストは付け加えた

トークン化の潜在的導入規模。
トークン化の潜在的導入規模 出典:マッキンゼー

この数字は、ADDXとBCGによる2022年9月の予測とは対照的で、非流動資産のトークン化の世界市場は2030年までに16兆ドルに達すると推定している。こうした予測の違いは、トークン化の普及のスピードと規模に関する見解の違いを浮き彫りにしている。

さらに同レポートは、トークン化の最も魅力的な側面の1つは、従来独占的だった投資へのアクセスを民主化する可能性であると指摘している。最低投資額を引き下げることで、トークン化により幅広い投資家が高額資産に参加できるようになる。

この民主化は、タイやフィリピンといった地域で顕著だ。これらの地域では、トークン化された債券の発行により、小口投資家が小数所有権を通じて参加できるようになった。

現先取引(レポ)もまた、トークン化のユースケースとして成功している。ゴールドマン・サックスのような金融機関は現在、トークン化されたプラットフォームを使って月間数兆ドルのレポ取引を行っている。

「運用面では、スマート・コントラクトに対応した執行により、日々のライフサイクル管理(担保評価や証拠金積み増しなど)が自動化される。24時間365日の即時決済とオンチェーンデータは、短期借入のための日中流動性と担保利用の強化を通じて資本効率も向上させます」と、マッキンゼーのアナリストは詳しく説明している。

規制と「コールドスタート」の課題の克服

明確なメリットがあり、その機運が高まっているにもかかわらず、トークン化の広範な導入には、規制上のハードルなど、いくつかの課題があることを報告書は認めている。大きな課題のひとつは、規制の多い業界で既存のインフラを近代化することの複雑さだ。

「また、トークン化された現金や預金を決済に広く利用できるようになるなど、重要なイネーブラもまだ供給されていない」と報告書は概説している。

規制上の課題に加え、マッキンゼーの報告書は、トークン化の真の規模拡大を実現するためには、「コールドスタート」の問題を克服することが重要であると強調している。この課題は、投資家がコスト削減、流動性の向上、コンプライアンスの強化から真の価値を獲得するネットワーク効果の必要性から生じる。

しかし、報告書は、コールドスタート問題を解決するために、最小実行可能バリューチェーン(MVVC)の概念を紹介している。MVVCは金融機関やその他のステークホルダーと連携し、トークン化された資産を支える相互接続されたインフラを構築する。例えば、ブロードリッジが運営するブロックチェーン・ベースのレポ・エコシステムや、ゴールドマン・サックスやBNYメロンと連携したJPモルガンのオニキス・プラットフォームなどがあります。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー