詳細を見る

ミームコインのブームがソラナブロックチェーンに打撃?

6 mins

ヘッドライン

  • ソラナブロックチェーン、ミームコインの取引でストレス?非投票取引の77%以上が失敗。
  • トラスト・ウォレットCEOのエオウィン・チェン氏は75%の失敗率を指摘、ヘリウスのCEOはボット・スパムが問題だと指摘。
  • ソラーナの共同設立者アナトリー・ヤコヴェンコがネットワークの混雑を解決するための課題について語る。
  • promo

Solanaネットワークは現在ストレス下にあり、最近のミームコイン騒動によって殺到したトランザクションの処理に苦慮している。

その結果、このような激しいアクティビティレベルを処理するネットワークの能力について懸念が高まっている。この急増の中、ブロックチェーンの性能がテストされている。

ソラナの77%取引は失敗しているのか?

Dune Analyticsの最近のデータによると、4月4日、ソラナ上の「非投票」トランザクションの77%以上が成功しなかった。これは、このネットワークで過去最高の失敗率である。

この失敗は、現在のブロックチェーン・サイクルによりブロックチェーン上の活動が活発化している中で発生した。また、Solanaブロックチェーン上ではミームコインのローンチが頻繁に行われている。

“私は、Solana取引が保留中/失敗していることをめぐる多くのユーザーの質問を見た。強気市場の圧力テストはまだ現実的すぎる。75%の失敗率」とTrust Wallet CEOのEowyn Chen氏は語った

続きを読む2024年に注目すべき13のベスト・ソラナ・ミーム・コイン

ソラナにおける無投票取引の失敗シェア
Solanaの失敗した無投票取引シェア 出典:デューン

対照的に、HeliusのCEOでSolanaの熱心な支持者であるMert Mumtaz氏は、この見方に異議を唱えている。

Helius LabsのCEOは、「これらのグラフにある失敗したTXNのほとんどはボット・スパムだ」と主張する。

同氏によれば、これは一般ユーザーにはほとんど影響しないという。同氏によれば、ほとんどのウォレットは取引を事前にシミュレートしている。このプロセスは、ユーザーが失敗する可能性の高い取引を実行するのを防ぐ。

さらにMumtaz氏は、ネットワークのパフォーマンスを評価するために失敗した取引データを使用する方法を批判している。同氏によれば、これは実際のユーザー体験を誤って表現しているという。彼の見解では、失敗した取引チャートの95%は、アービトラージに失敗したボットで構成されている。

さらにMumtaz氏は、スパム行為はトランザクションのスケジューリングの前に発生すると説明した。そのため、トランザクションの優先順位を上げることは解決策にはならない。同氏は、手数料を過度に引き上げることは、ユーザーにとって金銭的な浪費につながりかねないと警告している。

このような技術的な議論が交わされる中、Solanaの共同設立者であるAnatoly Yakovenko氏は、ソーシャルメディア上でネットワークの混雑問題を取り上げた。同氏は、ネットワーク全体の障害を解決することに比べて、輻輳バグを修正することの難しさを概説した。

「輻輳バグへの対処は、全体的なライブネス障害よりもずっと大変です。後者は1回で終わり、バグが特定され、パッチが当てられ、連鎖が続く。後者は、バグが特定され、パッチが当てられ、連鎖が続く。前者は、完全なリリースとテストのパイプラインを通らなければならない。早く出荷することは不可能です」とヤコヴェンコは説明した。

この技術的な精査の期間中、ソラーナの市場価値も影響を受けた。12時間の間に5%以上下落した。

続きを読むソラナ(SOL)の2024年/2025年/2030年の価格予測

ネットワークの信頼性は、特にそのパフォーマンス問題の歴史を考慮すると、顕微鏡の下にある。2024年2月、ソラナでの取引はパフォーマンスの低下により一時停止した

この事故は、2023年2月にほぼ1日にわたるダウンタイムが発生し、2022年を通じて8回以上の停止が発生したことを関係者に思い出させた。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー