詳細を見る

【PR】 DogecoinやShiba Inuの次? 新ミームコインMeme Kombat(ミーム・コンバット)がICOで45.3万ドルを調達

15 mins

仮想通貨の次のDogecoinまたはShiba Inuとなるのは、ミームコインのバトルプラットフォームMeme Kombat(ミーム・コンバット)かもしれません。

当初の目標額である100万ドルのほぼ半分、45.3万ドルを調達したMeme Kombatは、仮想通貨の中で最も収益性の高い3つの分野、ゲーム、ミームコイン、ギャンブルをターゲットにしています。

人気のミーム・キャラクターが一堂に会してバトルを繰り広げ、ユーザーがその結果に賭けるゲーム・エコシステムを構築しています。

Meme Kombatが提供する商品は、償還可能なユーティリティ機能がないDogecoinのようなミームコインとは対照的です。この点ではShiba Inuの方が有利ですが、ゲームへの転換はなかなか進んでいません。

また、下落傾向にあるPepeは、さらに5%価格を下げて0.0000006462ドルとなっています。ミームキャラクターであること以上の実際の使用事例がないため、このコインに対する熱意は冷めつつあるのかもしれません。

一方、Meme Kombatは、ミームキャラクターのバトルプラットフォームとして、どのコミュニティに投資しているかに関係なく、ミームのスペクトルのあらゆる分野にアピールします。

このプラットフォームは、完全に分散型のWeb3アーキテクチャ上に構築されており、それは信頼性と透明性が基本レイヤーとして強固に統合されていることを意味します。

https://twitter.com/Meme_Kombat/status/1708190780656070797

Meme Kombatのゲームとギャンブルのプラットフォームは、低リスクの収益を提供

ユーティリティが限られたDogecoinとは異なり、Meme Kombatでは、受動的な収入源を確保するため、ステーキングをして稼ぐことができます。

ステーカーは現在、112%という魅力的な年率利回り(APY)を得ています(ステーキングについて詳しくは下記を参照してください)。金融(仮想通貨もその一部に含まれます)の世界では、一般的に利回りが高いほどリスクも高くなります。

しかし、Meme Kombatでは、コミュニティ報酬に割り当てられたトークンから利回りが支払われるため、リスクは低いままです。

ステーキングされたコインのリアルタイム集計を表示するステーク・ダッシュボードは、近日公開予定です。その間、プレセールの購入者は、すぐにコインをステーキングして収益を得ることができます。

Meme Kombatトークン($MK)は、本日の価格では0.1667ドルで購入できます。

また、興味のある方はX(旧Twitter)TelegramでMeme Kombatの最新情報を入手することができます。

プレセール終了後すぐにシーズン1がスタート!11人のミームキャラクターが登場!

Meme Kombatのシーズン1が、プレセール終了後すぐに展開されます。

シーズン1でバトルできるミームキャラクターは、Milady、Baby Doge、Doge、Floki、Kishu、Mong、Pepe、Pepe2、Shiba、Sponge、Wojakの11種類です。

プレイヤーは、好きなミームキャラクターに賭けることができます。1番人気に賭けるか、キャラクターのオッズによって賭けるかはあなた次第です!

ギャンブルは巨大な産業です。Statistaがまとめたデータによると、2023年のオンラインギャンブル業界の市場規模は約950億ドルと推定されています。

さらに、今後4年間の複合年間成長率は8.54%と予測され、2027年の市場規模は1,319億ドルと予測されています。

ブロックチェーン技術が、検証することができるランダム性や、その他の信頼性や安全性を高める重要な役割を担っていることから、Meme Kombatの市場での位置づけは、他に類を見ない最適なものとなっています。

通常、ほとんどのミームコインプロジェクトには見られませんが、Meme Kombatの場合、スマートコントラクトのセキュリティ監査が実施されました。購入希望者は、この監査に見事に合格し、大きな問題が検出されなかったことを喜ぶことになるでしょう。

シーズン1のバトルカードに続き、シーズン2が2023年12月に開始される予定です。

全トークン供給量の50%はプレセールで販売され、30%はステーキングとバトルリワード、10%はコミュニティリワード、10%は分散型取引所の流動性に割り当てられています。

トークンの総供給量は1200万でしたが、最近、価格とトークン供給量が10倍に調整されたため、価格は1.667ドルから0.1667ドルに、トークン供給量は1,200万から1億2000万に変更されました。

ハードキャップ(ICOでの資金調達の上限)の調達目標はわずか1000万ドルで、これほど巨大な市場全体にアクセスできるプロジェクトとしては、比較的控えめな額です。そのため、投資家はこのゲームに参加するために迅速に行動した方がいいかもしれません。

Meme Kombatの巨大なマーケティング・キャンペーン!
ステーク・トゥ・ベットのニュースが急速に広まる

Meme Kombatの強力な上昇ポテンシャルに関するニュースは急速に広がっています。この新しいコイン・プロジェクトは、Business2CommunityCryptoDnesCryptopolitanAPKABなど、さまざまなトップ仮想通貨ニュースサイトですでに取り上げられています。

また、ゲームサイトでも注目を集めており、最近ではGame is Hardに記事が掲載されました。

YouTubeの仮想通貨アナリストでチャンネル登録者数38万2000人を誇るJoe Parysは、Meme Kombatを「2024年の仮想通貨ミームコイン・トップ5」に選んでいます。

一方、Crypto Gainsチャンネルの人々は、$MKトークンの購入者に10倍の利益を期待しています。
さらに別のアナリスト(今回はオン・ザ・マネー・プリセールの専門家Jacob Crypto Bury)は、Meme Kombatを2023年10月に購入すべきトップ3の仮想通貨プリセールの中の1つとしており、100倍のリターンを期待しています。

また、Meme Kombatは情報をオンライン上で提供していることも知っておくと良いでしょう。その創設者はMatt Whiteman(マット・ホワイトマン)で、オランダを拠点とするNFT取引および分析会社・North Technologiesの最高執行責任者を務めています。

おそらくホワイトマンがNFTの分野ですでに存在感を示しているため、Meme KombatはWeb3のベンチャーサークルで大きな関心を集めていると報じられています。

Meme Kombatはステーク時間とプラットフォームへの参加に応じてプレイヤーへの報酬を提供

Meme Kombatの革新的なエコシステムと$MKトークンは、ステーキングとベッティングをシームレスに行います。勝者には、貴重な賞品を獲得する機会に加えて、$MKトークンも受け取ることができます。

長期的なトークンのステーカーは、年率利回り(APY)の形で収益を得ます。ただし、APYはトークンの保有期間だけでなく、プラットフォーム上でのステーカーのエンゲージメントのレベルを測定することによっても計算されます。

プレセール中に報酬の獲得を開始することができます。そして、プリセール終了後、プリセールステーカーは申請ページからトークンを再ステークすることができます。

ステーカーは、プレセール終了時にプールから$MKトークンを引き出すことができますが、その場合その期間に獲得した報酬は没収されます。

ステーカーにとって大きなメリットとなるのは、ステーキングの報酬が日々複利で計算され、潜在的な報酬がさらに大きくなることです。

まだ動作可能ではないですが、Meme Kombat ホワイトペーパーに記載されている情報によると、ダイナミックに更新される利回りは、プレセールが始まってから3〜4週間後にウェブサイト上でリアルタイムで利用できるようになります。

今日ステーキングすれば、プレセール終了後にバトルシステムが稼動したときにベットを開始できる立場になります。プロジェクトへの長期的なコミットメントを促すため、ベットにはステーキングされたトークンのみが使用できます。

プラットフォームの規模が拡大するにつれ、エコシステムの価値も高まり、$MKトークンの価値も高まることが予想されます。

Meme Kombatアリーナはクリプトゲームの最先端

このプラットフォームの中心は、様々なミームコインのキャラクター同士の自動バトルがあります。すべての結果はブロックチェーン上で透明に決定され、改ざんが困難な結果となります。

Meme Kombat は、魅力的で予測不可能なゲーム体験を提供するため、最先端のAIを導入し、魅力的なバトル環境を実現しています。

AIは、画像処理の基盤となるだけではなく、バトルが本当にランダムで予測不可能であることも保証します。Meme Kombatのバトルは面白いだけでなく、常に公平です。

イーサリアムのブロックチェーン技術により、結果、賭け金、報酬はすべてのプレイヤーに即座に反映されます。

今なら、1000ドルの賞金を獲得できるチャンスのあるミームバトルのデザインのコンペティションに参加することもできます。応募締切は10月13日ですので、どうぞお見逃しなく!

ステーク・トゥ・ベットは$MKのオーナーに数百万ドルをもたらすパラダイムシフトになり得る?

Meme Kombatは、暗号空間におけるゲームとギャンブルの交差点の最前線にいます。

Meme Kombatは、賭けられたトークンをギャンブル用のチップとして解放することで、ネットワーク参加者がステーキングで収益を得ると同時に、ギャンブルのテーブル、つまりMeme Kombatアリーナで勝つ機会も得ることを可能にしています。

この二刀流により、Meme Kombatへの投資は、ミームコイン・セクターで今最も熱いものとなっています。
Meme Kombatトークンの価格は0.1667ドルで、ETH、BNB、USDT(ERC-20およびBEP-20バージョン)で本日購入できます。

ベスト暗号資産取引所

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。KADOKAWA 雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきました。近年は暗号資産関連の記事も執筆しているほか、SEOスペシャリスト、マーケティング関連業務に従事。 専門分野:SEO、WordPress、マーケティング、編集、翻訳
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー