詳細を見る

新しいミームトークンが次のPEPEになると言われる中、Pepe が約18%の上昇を記録

8 mins

最近のミームコイン市場は、Pepe Coin(PEPE)が約18%の成長を遂げ、注目度が急上昇しています。

Dogecoin(DOGE)やShiba Inu(SHIB)のような確立されたミームコインを凌ぎ、個人投資家が再びこのトークンに注目し始めたため、PEPEはさらなる成長を遂げる準備が整ったようです。

一方投資家たちは、プレセールフェーズを通じて大きな興奮を生み出している新しいプロジェクト、Meme Kombat(MK/ミーム・コンバット)の将来性にも賭けています。

最近の価格急騰の中、PEPEテクニカルは様々なシグナルを提示

PEPEは$0.00000073の水準で取引されており、金曜日の朝から17%急騰しています。

この急騰は、PEPEが日足チャートで20日間の指数平滑移動平均線(EMA)を上回り、トレンド反転の可能性を示唆した後に発生しました。

取引量も過去24時間で47%増加し、トレンドのミームコインへの関心が高まる中、1億2900万ドルに達しました。

しかしPEPEは、ダイナミックな抵抗線として機能する50日間の指数平滑移動平均線(EMA)の下で立ち往生したままです。

強気トレーダーが、10月1日に一時的に突破された$0.00000080の頑強な抵抗線を超えない限り、値上がりは限界がおとずれる可能性があります。

さらに、PEPEの相対力指数(RSI)は上昇トレンドにあり、現在57の水準で推移しています。それは、買われ過ぎの領域に近づいています。

長期保有者は、PEPEの価格上昇を歓迎していますが、テクニカルシグナルが混在していることから、今後数日間は注意が必要かもしれません。

投資家の心理の変化がPEPEの上昇を後押し

PEPEが依然として上昇を続けている中、投資家たちは、世界第3位のミームコインへの新たな関心を引き起こしている要因は何かと疑問を抱いています。

今後の積極的な利上げへの懸念が後退したように、最近の連邦準備制度理事会(Fed)のジェローム・パウエル議長のハト派的なスタンスなど、トレーダーが今PEPEを買い上げている要因はいくつか考えられます。 

これは、特にPEPEのような投機性の高い仮想通貨にとって、より好都合な環境を作り出しています。

第2に、2023年が終わりに近づくにつれ、リスク許容度の高い投資家は、広範な市場を上回る可能性のある仮想通貨資産として、PEPEに注目しています。

新しいミームコインとは異なり、PEPEはコミュニティからの強い支持と高い流動性を享受しており、ミームコイン愛好家に一定の信頼性を提供しています。

最後に、ビットコインやイーサリアムのような主要な仮想通貨の最近の価格上昇は、おそらくセクター全体の楽観的な雰囲気を高め、PEPEのような小規模トークンにも恩恵をもたらす可能性があります。

結局のところ、コインの短期的なテクニカル指数は依然として混在しているものの、PEPEの最近の上昇は、現時点で投資家心理が、弱気よりも強気に傾いていることを浮き彫りにしています。

PEPEに追い討ちをかけるように、新たなゲーミングトークン・Meme Kombatのプレセールが過熱!

PEPEコインへの関心が高まる中、Meme Kombat(MK)と呼ばれる新しいゲーミング・ミームコインは、革新的なイーサリアムベースのプラットフォームを通じて、その王座を奪おうとしています。

現在プレセール中のMeme Kombatでは、人気のあるミームキャラクター同士のバトルを行い、そのバトルの結果に賭けることで、ユーザーはMKというプラットフォームのネイティブトークンで報酬を得ることができる仕組みになっています。
このミーム駆動のバトルアリーナは、市場にある何千もの低効用ミームコインとは異なるユニークな要素を提供しており、プリセール中に112%のAPY(年率利回り)を提供する高利回りのステーキングプロトコルによって強化されています。

DOGE、SHIB、PEPEといったミームコインが近年急成長を遂げている中、Meme Kombatのチームは、この爆発的な市場を利用するため、現実世界での価値を提供しようとしています。

Meme Kombat ホワイトペーパー には、継続的なアップグレード、コミュニティの成長、そして新キャラクターやゲームモードが登場する「シーズン」の計画が記されています。

シーズン1は、プリセールが終了した後に、Uniswapなどの主要な分散型取引所でMKがローンチした直後に開始されます。

100万ドルの資金調達目標のうち、すでに65万ドル以上が集まっていることから、初期の支援者の多くは、プレセールは今後数週間で完売する勢いだと考えています。

PEPEがかつての栄光を取り戻そうとしている中、Meme Kombatはミームコイン市場における強力な競争相手として位置づけられており、今後注視すべきプロジェクトとなっています。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー