詳細を見る

司法省、マネーロンダリングで別の暗号資産取引所を告発

5 mins

ヘッドライン

  • 司法省はアリアクサンドル・クリメンカをBTC-eを通じた無許可のマネービジネスとマネーロンダリングの罪で起訴した。
  • クリメンカがラトビアで逮捕されたことは、同氏が有罪判決を受けた場合、最高で25年の禁固刑に処される可能性があることを意味する。
  • この事件は、DOJによるChangpeng ZhaoとBinanceに対する措置に続くもので、暗号資産の悪用に対抗するための広範な戦略を示している。
  • promo

米国司法省(DOJ)は、ベラルーシ人でキプロス国籍のAliaksandr Klimenkaに対する告発を発表し、暗号資産における不正行為者に対する監視を継続した。司法省は、彼が暗号資産BTC-eを通じて複雑なマネーロンダリング計画に関与したと主張している。

この最近の法的措置は、暗号通貨セクターにおける不正な金融活動に対する継続的な取り締まりを示すもので、Binanceの元CEOであるChangpeng Zhaoに対する注目すべき事件に続く、もう一つの重要な動きとなる。

暗号資産取引所運営者が大規模な暗号犯罪取り締まりで起訴される

42歳のクリメンカは現在、重大な告発の中心人物となっている。その範囲は、無許可のマネービジネスの運営からマネーロンダリングの陰謀にまで及ぶ。

火曜日に明らかになった起訴状では、クリメンカとアレクサンダー・ヴィニクは2011年から2017年7月までBTC-eを管理していたと主張している。この暗号資産取引所は、サイバー犯罪とマネーロンダリングの拠点というレッテルを貼られている。さらに、この取引所はユーザーに匿名性を約束し、犯罪者の顧客を引き寄せていた。

続きを読む正しい暗号資産取引所の選び方

BTC-eは、コンピューター・ハッキング、詐欺、個人情報窃盗、麻薬密売を含むがこれらに限定されない、さまざまな犯罪事業のための金融導管としての役割を果たしたとして告発されている。起訴状は、BTC-eの米国サーバーがこれらの違法行為の鍵を握っていたと説明している。クリメンカと彼の会社Soft-FXは、これらのサーバーをリースし、管理していたとされている。

さらに、BTC-eは必要な法的ガイドラインに従わずに米国でビジネスを展開していた。特に、マネーロンダリング対策、顧客IDチェック、コンプライアンス・プログラムが欠如していた

「米国で実質的なビジネスを行っていたにもかかわらず、BTC-eは米国財務省にマネーサービス事業者として登録されておらず、マネーロンダリング防止プロセスも、適切な “know your customer “または “KYC “確認のシステムも、連邦法で義務付けられているマネーロンダリング防止プログラムも持っていなかったとされている」とDOJは書いている。

2023年12月21日にクリメンカがラトビアで逮捕されたことは、同氏が現在法的手続きに直面している米国への身柄引き渡しに続く、この事件の重大な岐路となる。彼に対する罪状の重さから、最高で25年の実刑判決が下される可能性がある。

この事件は、2023年に司法省が趙長鵬とバイナンス暗号資産取引所に対して行った措置の後に浮上したもので、デジタル資産の悪用と闘う広範な戦略を示している。銀行秘密法違反に対するザオの有罪答弁と、43億ドルの罰金に対するバイナンスの合意は、暗号資産業界の規制における画期的な出来事である。

続きを読む暗号資産規制:メリットとデメリットは?

NCET(National Cryptocurrency Enforcement Team)の設立は、暗号資産犯罪に取り組む司法省のコミットメントをさらに例証している。NCETは、暗号通貨とデジタル資産の不正使用を抑制することに重点を置いている。

さらに、NCETは国内外の機関と協力している。NCETの目標は、犯罪者によるデジタル通貨の悪用に対する戦略の先頭に立つことである。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー