詳細を見る

メタ、自社ゲームスタジオ「Ouro Interactive」を開設=メタバース事業改善へ

4 mins

大手テック企業のメタ(旧フェイスブック)メタバース担当ヴィシャール・シャー副社長は28日、技術ニュースレターLowpassのインタビューでVRゲームスタジオ「Ouro Interactive」を設立し、バーチャルリアリティ(VR)ゲーム「Super Rumble」を制作中であることを明かした。

Metaの新たなVRゲーム「Super Rumble」は、自社VRプラットフォーム「Horizon Worlds」での大幅な改善を図っている。同ゲームは、Ouro Interactiveが制作した初のゲームであり、Horizon Worlds向けの初のゲームとして期待されている。同社はSuper Rumbleのリリースは、利用者数が減少傾向にあるHorizon Worldsのプラットフォームにとって、再起の契機になると見ている。

「Super Rumble」は多彩なクエスト、報酬機会などが追加されている。これにより、Horizon Worldsで作られたこれまでのゲームに比べ、より没入感のある体験が期待できる。Horizon Worldsは、VRだけでなく、モバイル端末にも対応するようになり、最終的にはモバイルユーザーが大多数を占めると見ている。将来的には、ユーザーが自身のアバターやアイテムを別のプラットフォームに持ち込めるようなメタバース間、そして生成系AIとの相互運用性を追求する予定だ。同社は専門的な3Dツールに慣れていないクリエイターが、新たなアイデアを実現するためにAIの使用を視野に入れていることを示唆した。

メタバース事業改善のきっかけとなるか?

同社マーク・ザッカーバーグCEOは26日の決算説明会で、メタバースにコミットしていること強調していた。現在メタ社のQuestはVRヘッドセット市場で81%のシェアを持つ。一方で、Quest VRヘッドセットとHorizon Worldsを担う事業・研究部門Reality Labsでは、今年の第2四半期に37億ドルの営業損失を出している。

モバイル市場専門の調査会社「MMD研究所」が22年5月18日に発表した調査レポートによれば、国内の18歳から69歳のうちメタバースを知っている人は43%にとどまり、使用経験のあるユーザーは5%となっている。フォーチュン・ビジネスインサイトが掲載するレポートによると、22年の世界のメタバースの市場規模は234億ドルで27年までに3409億ドルまでに成長するとみられている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー