詳細を見る

暗号資産の見えない税金=規制当局が最大抽出可能価値(MEV)を精査

4 mins

ヘッドライン

  • ESMAはMEVをMiCAの懸念事項として取り上げ、市場操作の可能性や取引の完全性への影響を指摘しています。
  • トレーダーはMEVから1週間で100万ドル近い利益を得ており、フロントランニングのような行為にMEVが使われることに対する規制当局の警戒感が高まっている。
  • 規制当局は、デジタル資産市場の公平性と安定性を確保するため、有害なMEVの手口を見分けることに注力しています。
  • promo

規制当局によるMEV(Maximum Extractable Value=最大抽出可能価値)の監視が強化され、暗号資産エコシステムにおける監視の必要性が浮き彫りになっている。

MEVの効率的な利点を主張する専門家もいるが、規制当局はMEVのネガティブな側面に懸念を示している。

規制当局がMEVを懸念する理由

欧州証券市場庁(ESMA)は最近、MEVをMiCA規制の懸念事項としてマークし、市場操作の可能性を示唆しました。MEVはブロックチェーン・オペレーターが利益を得るためにトランザクションを並べ替えることを可能にし、多くの場合、通常のユーザーに不利益を与える。

過去7日間で、トレーダーは様々なタイプのMEVテクニックを駆使して100万ドル近い利益を上げた。

続きを読む最大抽出価値(MEV)とは何か?

MEVタイプのパフォーマンス
MEVタイプのパフォーマンス 出典:EigenPhi

MEVは「見えない税金」と呼ばれることもあり、フロントランニングのような行為につながり、取引注文の整合性を損なう可能性があります。その結果、ESMAはMiCAの枠組みの中で、市場濫用規制をブロックチェーン運用活動まで拡大することを検討しています。

この進展は業界内の議論を呼び起こし、MiCAがMEVをカバーすることに疑問を呈する向きもあります。しかし、BlackHoleトークン(BH)から127万ドルを盗んだMEVボットのフラッシュローン攻撃のような事件は、規制の明確化の緊急性を強調している。

欧州暗号資産イニシアティブ(European Crypto Initiative)のAnja Blaj氏は、有害なMEVの手口と良性の手口を区別し、ニュアンスの異なる理解の必要性を強調しています。ESMAの協議は、どのようなMEV行為が市場濫用を示す可能性があるのかを特定し、それによって効果的な規制を導くことを目的としています。

「市場濫用と同様の効果をもたらすシナリオや手口は非常に限られています。MEVのそもそもの目的は善良な行為者が行う検証作業に対する補償であるため、このことは何度も強調されるべきです」とBlaj氏はCoinDeskに語った。

MEVに対する規制のスポットライトは、デジタル資産市場の安定性と公平性を確保するための幅広い取り組みの一環です。例えば、昨年のMEVボットの誤作動は40万ドル以上の損失をもたらし、規制されていないMEVのリスクがさらに強調されました。これらの事件は、適切な監視のないMEVの具体的な危険性と経済的影響を示しています。

続きを読む暗号資産市場(MiCA)とは?

MiCAの枠組みを筆頭とするデジタル資産規制における欧州連合の積極的な姿勢は、明確なMEVガイドラインへの道を開くものです。規制当局と暗号資産セクターの対話は、許容されるMEV慣行の限界を確立するために不可欠です。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー