詳細を見る

マイクロストラテジー社、5億ドルの社債売却でビットコインの買い増しを計画

4 mins

ヘッドライン

  • MicroStrategyは、5億ドルの転換社債型新株予約権付社債の発行で得た資金で、さらにビットコインを購入することを目指している。
  • 同社が保有するビットコインの評価額は現在140億ドル以上で、かなりの含み益がある。
  • 転換社債は株式または現金に転換可能で、買い手は5億7500万ドルまで増資できる可能性がある。
  • promo

MicroStrategyは13日、ビットコイン(BTC)の保有を増強する戦略的イニシアチブを発表した。5億ドルの2032年満期転換シニアノートの募集を発表した。

適格機関投資家をターゲットにしたこの動きは、中心的な投資資産としてのビットコインに対する同社のコミットメントを強調している。

MicroStrategyのビットコインポートフォリオは140億ドル以上の価値がある

これらの転換可能シニアノートは、保有者が事前に定義された条件下で投資を自社株式に転換できるという二重のメリットを提供する。無担保かつ上位債として構成されているため、万が一倒産した場合でも、他の負債や株式よりも優先的に返済されます。

MicroStrategyは利払いを半年ごとに設定している。元本の満期は2032年6月で、償還や転換がこれより早く行われる場合を除く。

この金融ツールの柔軟性を強調するため、MicroStrategyは最初の購入者が発行後13日以内に7500万ドルの債券を追加取得できるようにする可能性があり、調達総額を5億7500万ドルに増やす可能性がある。

MicroStrategyは、「MicroStrategyは、債券の売却による純収入を、ビットコインの追加取得および一般的な企業目的に使用する予定です」と発表した。

現在、MicroStrategyは214,400 BTCを保有しており、その価値はおよそ145.9億ドルで、92.37%以上の含み益を生み出している。

マイクロストラテジーのビットコインポートフォリオ
MicroStrategyのビットコインポートフォリオ:セイラートラッカー

さらに、MicroStrategyはブロックチェーン技術をビジネスモデルに取り入れる最前線にいる。最近の年次イベントでのOrangeプロトコルの紹介がその例だ。OrangeはデジタルIDを保護するためにビットコインのブロックチェーンを採用しており、これはデータセキュリティのためのブロックチェーン活用において大きな前進を意味する。

MicroStrategyのクラスA普通株式または現金のいずれかに転換できる柔軟性があります。この特徴は、安全性と潜在的な上昇の両方を求める投資家にとって魅力的な債券となります。

MicroStrategyがビットコイン埋蔵量の拡大とブロックチェーンアプリケーションの拡大に二重の焦点を当てていることは、財務的成長と技術的リーダーシップを目指す包括的な戦略を反映しています。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー