詳細を見る

MintlayerとSalusが優れたビットコインのスケーラビリティを実現するThunder Networkを発表

5 mins

ヘッドライン

  • MintlayerはSalusと提携し、ビットコインのスケーラビリティとプライバシーを強化するレイヤー3(L3)ソリューションであるThunder Networkを開発した。
  • Thunder Networkは、ビットコインに接続した分散型アプリケーション(DApps)を開発するためのEthereum Virtual Machine(EVM)を統合している。
  • このパートナーシップは、Mintlayerのスケーラビリティに関する専門知識と、Salusのゼロナレッジ(ZK)技術を組み合わせることで、安全でプライベートなトランザクションを実現する。
  • promo

ビットコインと分散型金融(DeFi)にリンクしたレイヤー2プロトコルのMintlayerは、BTC上に構築されたレイヤー3ソリューションであるThunder Networkを開発するために、Web3セキュリティサービスプラットフォームのSalusと提携したことを発表した。この新しいネットワークは、スケーラビリティ、プライバシーの向上、取引速度の高速化を約束する。

Thunder Networkは、ビットコインに接続されたアプリケーションでイーサリアム仮想マシン(EVM)の機能を使用できるようにする。また、開発者は分散型アプリケーション(DApps)を作成できるようになる。

MintlayerとSalusはL3上で「Thunder Network」を開発する。

このパートナーシップは、ゼロ知識(ZK)技術を持つL3ロールアップを組み込むことで、ビットコインをブロックチェーンエコシステムと統合する上で大きな進歩を意味する。ロールアップは、ユーザーが取引を行い、そのデータをイーサリアムに送信する独立したブロックチェーンである。

MintlayerとSalusは、ビットコインの分散化原則を維持しながら、Thunder Networkに流動的で高性能、安全でプライベートなユーザー体験を提供しようとしている。

「Salusとの提携は、ビットコインのスケーラビリティに革命を起こすというMintlayerのミッションにおける重要なマイルストーンです。ZKを統合することで、Thunder Networkは開発者の取引スピードとプライバシーを向上させるとともに、ビットコイン上にアプリケーションを構築するための強力なEVM機能を提供します。Mintlayer創業者のEnrico Rubboli氏は、「Salusと協力してビットコインの可能性を最大限に引き出し、DeFiの未来を推進できることに興奮しています」とコメントしている。

続きを読むレイヤー2スケーリングソリューションの入門ガイド

Salusはイーサリアム専用に設計されたEVM ZKアプリケーション・ソリューションを提供した経験があり、ゼロ知識技術ソリューションのパイオニアとなっています。

「Salusのプライバシーを強化するZKソリューションとMintlayerのビットコイン・レイヤー2スケーリングの専門知識の相乗効果は、セキュリティ、プライバシー、分散化を維持しながら、ビットコイン・スペースにおけるイノベーションと採用を促進するでしょう」とSalusのCOOであるShawn Chongは述べています。

L3の時価総額
L3時価総額ソースCoinGecko

レイヤー3市場の時価総額は7億1300万ドル、24時間の取引高は6560万ドル。注目すべきL3プロジェクトには、Degen(Base)、Xai、Orbs、Aavegotchi、Dream Machine Tokenなどがある。

続きを読む非EVMブロックチェーンでEVM互換性を実現する方法

しかし、レイヤー3は著名な暗号資産家の間で広範な熱狂を生んでいない。イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリンは、L3の実装はデータの可用性や帯域幅の制限といった技術的な障害に直面していると指摘している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

スポンサー
スポンサー