詳細を見る

Mollarsトークンのプレセールが5月31日に終了 – 暗号資産取引所も発売を確認済み

4 mins

編集部注:本記事は、BeInCryptoの見解または意見を反映するものではありません。情報提供のみを目的としており、金融アドバイスとして解釈されるべきではありません。投資を決定する前に、ご自身で調査を行ってください。

Mollarsトークンのプレセールは当初、5月第1週に終了する予定でしたが、さまざまな報道により、異なる日付が示されていました。公式チームは現在、当初の日付を5月31日に延長することで確認しました。

変更理由は2つあります。第1に、トップ投資家や投資家全般からの要望により、ハードキャップの目標である200万ドルを達成するか、少なくともその80%を達成する必要があります。これにより、ローンチ後の長期的なマーケティングと100万ドルの流動性プールを含むホワイトペーパー計画から最大限の結果を得ることができます。

第2に、Mollarsトークンのクリエイターと開発者の多数決でも、ICOマーケティング期間中に、Mollars.comドメインを盗もうとした不正なドメインレジストリ会社から45日以上の損失を受けたため、延長が適切であると判断されました。

トークンプレセールの2024年初頭ピーク時、ドメインは分散型レジストリ会社NJAL.LAによって一時的に「人質」とされました。しかし、これは2週間以内に阻止されましたが、事前のプロモーションとドメインのランキングは約45日間失われ、プレセールは停止しました。

ドメインの強奪が行われた際、トレーダーは1日あたり9万Mollarsトークンを購入していました。

5月31日の延長期限は最終的なものです。

その後、Mollarsトークンは分散型暗号資産取引所に上場される予定となりました。

現在、Mollarsトークンは公式ウェブサイトを通じて0.55ドル(セント)で販売されています。現在、6回のプレセールラウンドの5回目です。 最終ラウンドでは、投資家はトークンあたり0.60ドルを支払う必要があります。

もしMollars ICOのハードキャップが200万ドル、イーサリアム・ブロックチェーン&その先の新しいストアオブバリューアセットで達成された場合、まず0.62ドルの価格で取引所に上場されます。 また、取引所の流動性プールは最大100万ドルとなります。

Mollarsトークン:Mollars Token | Mollars Exchange | Twitter | Reddit

ベスト暗号資産取引所

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。KADOKAWA 雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきました。近年は暗号資産関連の記事も執筆しているほか、SEOスペシャリスト、マーケティング関連業務に従事。 専門分野:SEO、WordPress、マーケティング、編集、翻訳
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー