詳細を見る

Mt.Goxがビットコインの大幅な売り圧力を引き起こすことはない=アナリスト

6 mins

ヘッドライン

  • アナリスト、2024年7月からのMt.Gox返済によるビットコインへの影響は最小限と予測
  • 最初のパニック後、市場は急速に反発し、ビットコイン価格は61,300ドル以上で安定した。
  • 専門家によれば、債権者が売却するのは6500BTCにとどまり、市場の懸念は緩和される。
  • promo

アナリストは、Mt.Goxが2024年7月に債権者への返済を開始するため、市場の混乱は当初懸念されていたよりも少ないと予測している。この進展は、最近大きな変動があった暗号通貨市場にとって極めて重要だ。

かつて大手ビットコイン取引所であったMt.Goxは、2014年に破産に直面し、何千人もの債権者が宙ぶらりんの状態に置かれた。

Mt.Goxの債権者は6500BTCしか売却しないだろう=アナリスト予測

管財人が返済開始を発表すると、市場はビットコイン価格の急落で反応し、5万8,500ドルまで急落した。ビットコインは5月3日以降、初めてこの水準をつけた。しかし、価格はすぐに6万1,300ドル以上に反発し、回復力を示した。

24時間以内に3億6,000万ドル以上の清算を引き起こし、ビットコインETFからの流出が続いた最初のパニックにもかかわらず、不安は短命に終わったようだ。

暗号資産清算
暗号資産清算:コイングラス

Galaxyのリサーチ責任者であるAlex Thorn氏は、一般的な市場センチメントに対抗する分析を提供している。ソーン氏によると、Mt.Goxの分配がビットコインの売り圧力に与える実際の影響は過大評価されている可能性があるという。

「債権者はMt.Goxの破産から10年以上立ち往生している。最後に、トラスティはビットコインとビットコインキャッシュの現物分配は7月に開始されると述べている。我々は、人々が考えているよりも少ないBTCが配布され、市場が予想しているよりもビットコインの売り圧力が小さくなると考えている」とソーン氏は説明した。

同氏は破産申請書の包括的なレビューと債権者との話し合いに基づいて評価を下している。

過去のデータから、Mt.Goxは約94万BTCを失い、わずか15%(14万1868BTC)しか回収できなかったことが明らかになっている。これらの資産は、当初約6390万ドルと評価されていたが、ビットコインの価格上昇により、現在では約90億ドルに膨れ上がっている。かなりの利益が見込めるにもかかわらず、支払い条件は債権者に資産を売却せずに持ち続けることを促すかもしれない。

ソーン氏は、個々の債権者が新たに取得したビットコインを売却することに抵抗するいくつかの理由を説明した。

同氏は、「これらの債権者の多くは、長期的なビットコイン利用者であり、技術に精通したアーリーアダプターであり、以前は現金のために債権を清算するという積極的な申し出を拒否してきた」と指摘した。

さらに、これらの資産の多額のキャピタルゲインは、売却を選択した人々にとって多額の税金を意味する。

早期支払いのための控除を差し引くと、個人の債権者は約65,000BTCを受け取ることになる。さらに、個人債権者に分配される65,000BTCの一部、約10%が売却されたとしても、市場に出回るのは6,500BTCに過ぎない。これは、市場の懸念が示唆するよりもはるかに少ない破壊的なものである。

続きを読む:ビットコイン(BTC)価格予測 2024/2025/2030

これらのBTCのほとんどは、KrakenやBitstampのような暗号資産取引所の口座に直接入金されることになっており、このような取引をシームレスに処理するインフラがすでに整っている。一方、Mt.Goxの再分配パニック以外の理由もビットコインの下落に寄与していると考える人も多い。

「ビットコインは今日の市場で最高の警報システムだ。この価格の暴落は、おそらくMt.Goxのコインが売られたというよりも、水面下で進行している流動性危機のせいだろう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー