詳細を見る

マスク氏率いるニューラリンク、脳インプラント移植患者の思考によるマウス操作に成功

4 mins

ヘッドライン

  • 起業家のイーロン・マスク氏が設立した新興企業ニューラリンク(Neuralink)はこのほど、脳インプラント技術を用いてコンピューターマウスを思考だけで操作できるようになった患者の存在を明らかにした
  • 同技術は人間が外部技術を制御するために自身の神経信号を使用する。同社は視力、運動機能、話す能力の復元を目標としている
  • デバイスを移植する手順は非常に繊細であり、同社はチップを運動に関連する脳組織に接続するためにR1と呼ばれる専用の外科手術機械を構築した
  • promo

起業家のイーロン・マスク氏が設立した新興企業ニューラリンク(Neuralink)はこのほど、脳インプラント技術を用いてコンピュータマウスを思考だけで操作できるようになった患者の存在を明らかにした

同技術は人間が外部技術を制御するために自身の神経信号を使用する。同社は視力、運動機能、話す能力の復元を目標としている。Neuralinkは23年9月に「頸髄損傷または筋萎縮性側索硬化症(ALS)による四肢麻痺」などの特定の健康状態を持つ22歳以上の人々を対象に、臨床試験の参加者を募集し、1月に人間へのデバイスの初の移植を行った。移植プロセスは、脳にデバイスを正確に移植するためにロボットを使用して行われる。デバイスを移植する手順は非常に繊細であり、同社はチップを運動に関連する脳組織に接続するためにR1と呼ばれる専用の外科手術機械を構築した。マスク氏によれば、患者は画面上でのマウスの動きを思考だけで制御できるようになったという。

NeuralinkのN1脳-コンピューターインターフェイス(BCI)は、1000以上の電極を含み、人間の髪の毛よりも細い多数のフィラメントに分布させることで、神経活動を記録および送信するよう設計されている。。同研究は、動物試験を経て、23年5月に米国食品医薬品局(FDA)からの承認を獲得している。一方、BCIは商用利用に関してもスタートアップが許可を得るまでには、10年以上かかる可能性があるとみられている。

マスク氏は本稿執筆時点で手術の結果についてほとんど詳細を提供せず、証拠も提供していないため、埋め込みがどれほどの科学的進歩を表しているのかは明らかではない。

マスク氏は今後、Teslaの技術を用いて作られた高機能サイバネティックリムを義肢として使用する見込みである。同社の掲げるの短期目標には、四肢麻痺の治療に取り組み、次にNeuralinkの製品「Telepathy」を使って視力を失った人々の能力を復元することとなっている。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame_2328.jpg
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー