詳細を見る

「NFT Utility」を知らないユーザーが60%に

5 mins
記事 Josh Adams

ヘッドライン

  • 最新レポートによると「ユーティリティNFT」についての理解は進んでいない
  • 60%のNFTユーザーが聞いたことがないと回答。NFTの1枚以上の購入経験者は6%のみ
  • ユーザーの非代替性トークンの最大のメリットは収益という見方は変わらず
  • promo

DappRadarとAlsomineのレポートによると、業界は「ユーティリティNFT」について声高に訴える必要があるようだ。

2020年後半から2021年前半のNFTブームは、ユーティリティが乏しいままセールスは頭打ちに終わった。以来、業界ではユーティリティを前面に押し出した製品を作ろうと試みてきた。

ユーティリティNFTとは、取引や収集、利益を得ること以上に有用な非代替性トークンである。この「ユーティリティNFT」は、デジタル資産の未来像として注目されている。

今週水曜日に発表されたレポートによると、(ユーティリティNFTの)メッセージは十分人々に届いていないようだ。DappRadarとAlsomineの調査結果によると、NFTユーザーの60%がユーティリティNFTを聞いたことがないという。また、「なんとなく聞いたことがある」はわずか13%程度だった。

消費者の6%が1つ以上のユーティリティNFTを購入したことがある。他方、ユーティリティNFTを購入し、取引以上の用途に使用したことがあるのは10%に過ぎないとのことだ。

ユーティリティNFTを知っている消費者は60% 出所: DappRadar

最も重要とされるメリットは「収入と貯蓄」

同調査によると、NFTを所有することで得られる最も重要なメリットは、利益を上げること、または貯蓄を増やすこと(31%)だった。2番目は資産の保有で22%を占めた。

NFTの最も重要なメリットが、チケット販売と答えた回答者はわずか13%。しかし、これは新規ユーザーの割合が最も高いオプションでもあり、チケッティングのユースケースがNFTがメインストリームになるのに役立っていることを示唆するものだ。

NFT市場の成長には、アクセス性が大きな障害になる可能性がある。また、NFTを購入する人々にとって、クレジットカードが使えるかどうかが2番目に重要な要素にランクされているが、回答者の30%がこれを最優先事項としている。

「NFT業界が成長し進化を続ける中で、消費者がこのユニークなデジタル資産の可能性を十分に理解することは非常に重要です。NFT業界は、より包括的な使用例について消費者を教育し、NFTがいかに消費者の生活を豊かにするかを示すことで、より多くの消費者の信用と信頼を築くことができます」と、Theta Labsの戦略責任者であるWes Levittは述べている。

他方「消費者にNFTの利点を理解してもらうための鍵は、その言葉を使う前に有用性を示すことです」と、MetaJuiceの社長ジョン・ブリス(John Burris)は語っている。さらに「この分野に参入する新しいプロジェクトは、まず『このプロジェクトによってオーナーは何ができるようになるのか』と自らに問う必要があるのです」と述べている。

レポートの全文は、こちらのDappRadarのウェブサイトでご覧いただけます。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Takashi-HIgashi-new.jpg
Takashi Higashi
国際広報、海外の先端技術調査、海外企業との提携等をこれまで行ってきました。ここ数年、暗号資産に関心を持ってウオッチしています。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー