詳細を見る

ニッポンアイドルトークン、価格は最低値比の100倍に=バンドワゴン効果に注意

4 mins
更新 Shota Oba

ヘッドライン

  • ニッポンアイドルトークン(NIDT)は13日現在、国内仮想通貨取引所coinbookで前日比51.8%増の123.7円で取引され最低値と比較し100倍増となっている。
  • 価格の高騰の背景には13日の17:59に終了するホワイトナイトシステムが寄与していると見られる。IDOL3.0 PROJECTの最終合格者は10月7日、渋谷・ヒカリエホールで発表される予定だ。
  • 高騰している仮想通貨は心理効果「バンドワゴン効果」を引き起こし、投資活動へのリスク管理を疎かにする可能性がある。
  • promo

暗号資産(仮想通貨)ニッポンアイドルトークン(NIDT)は13日現在、国内仮想通貨取引所coinbookで前日比51.8%増の123.7円で取引されている。ニッポンアイドルトークンは取引所の上場後に1.2円台まで下落していたため、最低値比では100倍増となる。同トークンは暗号資産取引所DMM Bitcoinでも上場している。

画像:Coinbook

価格の高騰の背景には13日の17:59に終了するホワイトナイトシステムが寄与していると見られる。IDOL3.0 PROJECTは9日に池袋Club Mixaで行われた「Final Stage:2nd 審査イベント」で、27人の審査通過者を発表した。このプロジェクトは、審査に通過しなかった18人に対し、ファンが参加する形の投票「ホワイトナイトシステム:2nd」を展開中。このシステムにより、18人の中から2人が選ばれる。投票はNIDTプラットフォームで行い、一般ユーザーとNIDT保有者はそれぞれ期間中毎日最大100票(初日は200票)を投じることができる。さらに、1,000NIDTごとに1票が加算される。最終合格者は10月7日、渋谷・ヒカリエホールで発表される予定だ。

一方、オーディション後の価格が著しく変動する可能性が懸念される。加えて、高騰している仮想通貨は心理効果「バンドワゴン効果」を引き起こし、投資活動へのリスク管理を疎かにする可能性がある。バンドワゴン効果は、投資家が他の人の行動や意見に追随する現象であり、一時的な価格ブームやバブルを引き起こす可能性を持つ。いずれの場合も、人々はFOMO(機会を見逃す恐怖)のために投資する可能性があり、冷静な判断と調査を行わずに投資することがある。

ニッポンアイドルトークンとは?

ニッポンアイドルトークンはオーバースによって発行された、イーサリアム(ETH)ブロックチェーン上で発行される、ERC-20規格のユーティリティ・トークン。プロジェクトの推進のために発行・利用され、ユーザーはNIDTを通じてアイドル活動の応援および支援を行える。オーバースは4月にIEOを通して上場していた。プロジェクトにはAKB48などを手がける音楽プロデューサー秋元康氏が参画。同氏がプロデュースを手掛けるアイドルユニット「IDOL3.0 PROJECT」はコンサートやイベントといった従来型のアイドル活動を軸としながらも、NFTやメタバースなどの技術を活用した新たなアイドル活動を通して、NIDTエコシステムが形成されていく。ユーザーはニッポンアイドルトークンを保有することで、活動に投票したり、限定イベントに参加するなどの”推し活”を体験できる。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー