詳細を見る

北朝鮮、HTXから盗まれた暗号資産1億4750万ドルを洗浄

3 mins

ヘッドライン

  • 北朝鮮はトルネード・キャッシュを使って1億4750万ドルの資金洗浄を行い、国際金融法に違反した。
  • 米国は重大な金融犯罪を可能にしたとしてトルネード・キャッシュに制裁を課した。
  • 北朝鮮の不正な暗号資産活動は、禁止されている核・ミサイル開発計画の資金源となっている。
  • promo

国連(UN)は最近、北朝鮮に関する国際金融法違反を摘発した。

北朝鮮は3月、盗んだ暗号通貨1億4750万ドルをトルネード・キャッシュを通じて洗浄したとされる。

暴露された北朝鮮の暗号資産洗浄

国連は、暗号通貨企業に対する97件のサイバー攻撃を調査した。北朝鮮が過去7年間に行ったこれらの攻撃は、総額約36億ドルにのぼる。

主な事件のひとつに、2023年にHTX暗号取引所から1億4750万ドル相当の暗号資産が盗まれたことがある。

Elliptic社は、北朝鮮のLazarusグループがプラットフォームとそのクロスチェーンブリッジであるHECOから1億1250万ドルの暗号通貨を盗んだことを明らかにした。2024年3月13日以降、犯人は取引経路を隠すためにトルネード・キャッシュを通じてハッキングから1億ドル以上を洗浄した。

続きを読む暗号資産のセキュリティ:早期脅威検知ガイド

北朝鮮による暗号通貨ミキサーの継続的な利用は、国際的な制裁執行における大きな欠陥を浮き彫りにしている。北朝鮮は、これらのプラットフォームが提供する匿名性を利用して、禁止されている核・ミサイル計画の資金を調達している。

2022年8月8日、米財務省外国資産管理局(OFAC)はトルネード・キャッシュに制裁を科した。彼らはこのプラットフォームが2019年以降、ハッカーによる70億ドルの暗号通貨の資金洗浄を助けたと非難している。

トルネードキャッシュの罰則化は、その開発者であるアレクセイ・ペルツェフがマネーロンダリングスキームに関与しているとされ、世界的な論争を巻き起こした。オランダ当局は2022年8月、米国政府がトルネードキャッシュをブラックリストに載せたのと同時期に、オランダでペルツェフを逮捕した。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

wpua-150x150.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー