詳細を見る

Nvidia、時価総額でMicrosoftとAppleを上回る=Fetch.AIとRenderが上昇

5 mins

ヘッドライン

  • エヌビディアがマイクロソフトとアップルを抜き、世界で最も価値のある企業に。
  • FETやRNDRを筆頭に、AIをテーマにした暗号資産が時価総額の急増によって上昇している。
  • エヌビディアの成功は、AIと暗号資産の相互関係が拡大していることを浮き彫りにしている。
  • promo

火曜日、アメリカのグラフィック・プロセッシング・ユニット(GPU)メーカーであるNvidiaエヌビディア)は19日、テクノロジー大手のマイクロソフトとアップルを抜き、最も価値のある企業となった。

このNvidiaの時価総額の急上昇は、AIをテーマとする暗号通貨のラリーに火をつけた。

Nvidiaが技術大手のトップに立ったことでAIトークンが上昇

最新のデータによると、エヌビディアの株価(NVDA)は現在135.58ドルで、時価総額は3兆3300億ドル。一方、マイクロソフトとアップルの時価総額はそれぞれ3兆3100億ドル、3兆2800億ドルである。

Nvidiaの時価総額。
エヌビディアの時価総額 出典:CompaniesMarketCap

この成長の主な原動力は、人工知能(AI)製品の需要であり、2023年以降、様々な産業でますます不可欠になっている。エヌビディアの2024年第1四半期決算報告によると、データセンター部門の売上高は427%増の225億6000万ドルに達した。このカテゴリーには、AIチップとAIサーバー用コンポーネントが含まれる。

Nvidiaの成功は暗号資産市場にも影響を与えている。Fetch.AI(FET)やRender(RNDR)など、AIをテーマにした主要な暗号通貨はこの24時間で大幅に上昇した。

FETの価格は16.3%上昇し、現在1.33ドルとなっている。一方、RNDRは10.3%上昇し、現在7.75ドルで取引されている。さらに、オンチェーン分析ツールSantimentのデータによると、RNDRはこの期間にソーシャルボリュームの変化が33.33%増加している。

FET価格パフォーマンス。
FETの価格パフォーマンス|BeInCrypto

長期的には、エヌビディアのAIと暗号資産部門への影響力は大きいと予想される。資産運用会社ビットワイズのレポートでは、AIブームがデータセンターに大きな影響を与え、AIチップと電力へのアクセス不足を引き起こしていることを強調している。

強力なチップと高度な冷却システムを備えたビットコインマイナーは、AI企業に必要なインフラを提供する。AIチップと暗号資産マイニング用GPUのトップメーカーとして、Nvidiaは需要の増加から大きな利益を得ることができる。

ストロングホールド・デジタル・マイニング社のグレッグ・ビアードCEOは、調査アナリストがAIデータセンターの拡大による電力需要の高まりに警鐘を鳴らしていると指摘する。同氏は、暗号資産を除くデータセンターの電力需要は、2023年と比較して2030年には160%増加する見込みであるとする4月のゴールドマン・サックスのレポートを引用している。

しかし、インフラは需要を満たすには不十分だ。さらにビアード氏は、米国の電力業界はほぼ20年間、新しいベースロード電力インフラを開発していないと指摘した。

「AI開発者は資本が豊富で、建設を急いでいるが、電力へのアクセスには深刻な障壁がある。この電力への最も明白なアクセスは、ますます貴重になる電力源にすでに接続されている既存のビットコインマイニングサイトである。AI開発者がリソースギャップを克服し、将来のエネルギーニーズを解決しようと試みる唯一の方法は、新しいサイトを開発し、ビットコインマイナーのように既存のサイトを再利用することです」とBeard氏はBeInCryptoに語った。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー