詳細を見る

【独占記事】 変革の推進OKXチーフ・イノベーション・オフィサーのジェイソン・ラウが語る市場動向と規制上の課題

11 mins

ヘッドライン

  • 暗号通貨市場は2022年末の混乱からようやく回復し、並外れた回復力を見せている。
  • 革新的なソリューションと規制の透明性が回復プロセスに拍車をかけている
  • OKXのジェイソン・ラウは、数年後にはブロックチェーン・ツールが日常生活にシームレスに統合されると確信している。
  • promo

暗号通貨は過去1年間、2022年後半のショックから立ち直り、回復力を見せてきた。BeInCryptoはOKXのチーフ・イノベーション・オフィサーのジェイソン・ラウと対談し、市場ダイナミクス、規制上のハードル、ユーザーのエンパワーメントに対する取引所のコミットメントについて議論した。

ショックの中での市場の回復力

まずはジェイソンがこの1年を振り返る。同氏は、規制の明確化、オーディナル・プロトコルのような技術革新、取引所に対する信頼の回復など、2022年の残酷な出来事の後に市場が回復するのに役立ったと思われる要因を挙げている。

「私の見解では、これはマクロ的な状況の改善に助けられたが、主に他のいくつかの要因によるものである。また、Proof-of-Reservesや定期的な監査といった形での透明性の向上、ビットコインETFへの期待、BTCの半減期、イーサリアムの「Dencun」アップグレードなどにより、中央集権的な取引所に対するユーザーの信頼が高まっていることも挙げられます」。

今日に至っては、状況はまったく異なっている。ラウ氏は、短期的なボラティリティはまだあり得ると指摘する一方で、中長期的には楽観的な見方を続けている。同氏によれば、ネットワーク活動とユースケースの拡大、基礎技術の改善、認知度と受容度の向上は、持続的な市場回復の明確なシグナルと解釈できるという。

現在のエコシステム構造における集中型取引所の役割について、チーフ・イノベーション・オフィサーは、新規参入者にとっての主要なエントリーポイントとしての重要性を強調しています。ジェイソンは、OKXの規制遵守へのコミットメントと分散型ソリューションの提供を強調し、ユーザーに柔軟性と資産のコントロールを提供します。

「OKXはその責任を非常に重く受け止めており、各地域の規制当局やコミュニティと緊密に連携し、それぞれの管轄区域に適した製品を確実に構築しています。同時に、暗号資産と異なる付き合い方を求める人々がいることを認識することがいかに重要かを理解しています。そのため、分散型のWeb3ウォレットとマーケットプレイスを用意し、ユーザーが自分の資金を管理しながら、より広いWeb3の世界を発見し、交流できるようにしています。

同氏によれば、暗号資産が成熟するにつれて、ユーザーのニーズに応じて、中央集権型か分散型かを選択できるモデルへの大きな進展が見られるという。

革新的なアプローチとユーザー中心のソリューション

ラウ氏は、ユーザー中心主義を強調するOKXの革新へのアプローチについて詳しく説明する。これは、すべての新製品とサービスが常にユーザーのニーズを念頭に置いて構築されていることを意味する。OKXは、この分野の最先端で何が開発されているかを常に意識し、積極的にコミュニケーションを図り、コミュニティと協力して最高のソリューションを提供することで、ユーザーが望むものを発見し、学び、アクセスできるようにすることを目指しています。

「私たちは、オンライン、対面、そして現場のチームを通じて、定期的にユーザーと関わっています。ユーザーからのフィードバックは非常に重要であるため、さまざまなチャネルを通じてユーザーとOKXが交流することを奨励しています。また、洗練された迅速なカスタマーサービスが、ユーザーのフィードバックや好みを製品やビジネスチームに伝えながら、あらゆる問題の解決に尽力しています。”

ビットコインの序列やBRC-20トークンを含む、OKXの碑文エコシステムのサポートは、その好例でしょう。夏の間に、取引所のチームは、それを取り巻く草の根の開発者とユーザーの強い熱意に気づき、OKX WalletとMarketplaceを通じて市場をリードする体験を提供しようと努めました。

「Inscriptionsエコシステムはまだ初期段階ですが、Ordinalsやその他のツールは開発者にとって新しいデザインスペースと新しいユースケースを切り開くものであり、私たちは興奮しています。碑文は、データやアートをオンチェーンで保存し、新しいタイプのNFTの作成を可能にするため、強力なデジタル・コレクタブルになる可能性があると信じています。私たちは今後も開発を続け、最近ではAtomicals、Stamps、Rune、Doginalsといった新しい標準のサポートを発表しました。”

OKXはユーザーの教育にも力を入れている。今日、OKXのプラットフォームには、記事、取引ガイド、特定の商品に関するビデオなど、充実したコンテンツ・ライブラリーがある。同取引所はまた、コミュニティと関わり、質問に答えるために、Xで対面ミートアップやオンラインAMA(Ask-Me-Anything)セッションを開催している。

グローバル展開と地域密着

グローバルな展開について語る中で、ラウ氏はOKXがローカル市場でのプレゼンスと適応に尽力していることを紹介した。OKXはグローバルにユーザーにサービスを提供する一方、複数のローカル市場に大規模な投資を行い、ローカルチームを構築し、関係者と緊密に連携し、最終的には現地の規制を遵守しつつ、ユーザーの嗜好や言語に対応した商品を設計している。OKXは昨年、トルコ、オーストラリア、ブラジル、アルゼンチン、アラブ首長国連邦への進出を発表し、直近ではアラビア語のサポートを製品に追加し、サポート言語数を22言語に増やしました。

ジェイソンは、多くの市場の規制当局がデジタル資産の可能性を認識し、ユーザーを保護し、Web3企業のイノベーションと投資を促進する規制の枠組みを設計していると指摘する。OKXの使命は、どこでサービスを提供する場合でも、適用される法律と規制要件を遵守することです。

“これは基本的な要件であり、私たちは非常に真剣に取り組んでいます。私たちの製品ロードマップは、この必須要件に密接に連携しており、既存のフレームワークの中で革新的で優れたユーザーエクスペリエンスを生み出すことができました。加えて、フレームワークが目的に適合し、市場参加者にとって持続可能で、優れたユーザー・エクスペリエンスを促進できるよう、他のステークホルダーとともに現地の規制当局と協力することに常に意欲的です」。

ラウ氏は、Web3技術が日常生活にシームレスに組み込まれる未来を描いている。規制の枠組みの継続的な進展、伝統的な業界によるより広範な受け入れ、教育によるテクノロジーへの理解の向上は、この瞬間をより近いものにするでしょう。OKXは、エコシステムとの相互作用に関して、ユーザーにシンプルさと選択肢を与える最高のテクノロジーとツールを創造することで、この瞬間に貢献することを目指しています。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

b89964d5d1b8350ba844c260d4714556.jpg
Daria Krasnova
ダリア・クラスノヴァは、伝統的な金融と暗号資産の両業界で8年以上の経験を持つ熟練エディター。分散型金融(DeFi)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、リアルワールド資産(RWA)など、さまざまなトピックを担当。BeInCrypto入社以前は、モスクワ証券取引所、ETFプロバイダーのFinEx、ライファイゼン銀行など、著名な伝統的金融企業でライター兼編集者を務めた。ビジネスや投資のトレンド、包括的な調査レポートの作成などを担当。 ダリアは、Blockchain Life、Binance Blockchain Week、Blockchain Economy、Devconnectなどの主要な暗号資産イベントで講演や司会を行ってきた。また、業界のリーダーたちにインタビューを行い、その洞察を執筆を通じて共有している。モスクワ国立大学ジャーナリズム学部卒業。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー