詳細を見る

OKXがWallStreetBets DApp (WSB) ミームコインを上場廃止にした理由 58%のフラッシュクラッシュ後

5 mins

ヘッドライン

  • OKXはWallStreetBets DApp(WSB)トークンの上場廃止を発表した。
  • OKXの上場廃止発表後、WSBトークンの価格は50%以上下落し、過去1週間で73%の下落を記録した。
  • OKXはまた、中国政府からの監視が強化される中、2024年2月25日までにマイニング・プールを閉鎖する計画を明らかにした。
  • promo

WallStreetBets DApp (WSB)トークンは、集中型取引所OKXからの上場廃止を受けてトレーダーがパニックになり、トレンドになった。OKXは、WSB取引が同社のプラットフォームに集中していることと、WSBチームが財務省へのアクセスを必要としていることから、トークンを削除した。

OKXは昨日、トークン上場決定および非推奨ルールに従ってWSB/USDTペア取引の廃止を開始したと発表した。この措置は、WSBチームが、r/WallStreetBets subredditの作成者であるハイメ・ロゴジンスキー氏が現在管理している財務省へのアクセスの必要性を訴えたことによる。

OKXの上場廃止後、WSBアルトコインは急落

OKXによると、WSB取引ペアは2024年2月2日に削除される。同取引所は2024年1月23日にWSBの入金を停止した。

発表後、WSBの価格は50%下落。過去7日間で73%下落の0.0011935ドル。

OKXチームは、WSBの取引量が同社のプラットフォームに集中しすぎていると述べた。取引所のデータによると、過去24時間にOKXで発生したWSB/USDT取引は 120万ドルのうち110万ドル程度だった。BNB ChainのPancakeSwap (V2)は、WSBの追加取引高でおよそ69,000ドルを占めた。

wsb altcoin okx exchange
WSB/USD 7日間価格チャート|出典:BeInCrypto社

上場廃止の決定に影響を与えたもう一つの要因は、ハイメ・ロゴジンスキー氏がプロジェクトの財務省を管理していることに対するチームの不安だった。ロゴジンスキー氏はr/WallStreetBetsサブレディットを作成し、大企業から投資決定権を剥奪した。

続きを読むアルトコインとは何か?代替暗号通貨ガイド

このプロジェクトは最終的に、WSBトークンによって管理される ブロックチェーン金融プラットフォームに結実した。WSBミームコインは、コミュニティメンバーが投資商品への資産配分などを投票することを可能にする。

OKX暗号資産取引所はどのように自己改革しているか

OKXのWSB上場廃止は、ビジネスの優先順位の転換も伴っている。金曜日、暗号資産取引所はクラウドマイニングプールへのサインアップ受付を停止し、2024年2月25日までに運営を終了する予定だ。このプールは2017年から中国の暗号資産マイナーにサービスを提供してきたが、最近中国政府の監視下に置かれている。

続きを読むOKXレビュー2024:主要暗号資産取引所の包括的ガイド

先週、同社のネイティブOKBトークンは48%の「フラッシュ・クラッシュ」を経験し、運営を強化する措置がとられた。同社チームは以下の声明を発表した、

“…2024年1月23日にOKBの価格が50.69から48.36USDTに下落し、いくつかの証拠金ポジションが自動的に清算されました。その結果、OKBは約3分間高いボラティリティに見舞われ、市場が安定する前に25.1USDTの安値に達しました。”当社は、将来の異常な清算を回避するため、OKXの証拠金ポジション階層ルール、リスク管理コントロール、清算メカニズムの継続的な改善に努めます。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

david-thomas.jpg
David Thomas
南アフリカのダーバンにあるクワズールー・ナタール大学で電子工学の優等学位を取得。同氏はエンジニアとして8年間勤務し、南アフリカのオートメーション専門会社Autotronix (Pty) Ltd.で工業プロセス用ソフトウェア、AngloGold Ashantiで鉱業制御システム、スウェーデンのコングロマリットAssa Abloyが全額出資する国内セキュリティ会社Inhep Digital Securityで消費者向け製品を開発した。同氏は、商用アプリケーション向けにC、C++、C#でソフトウェアを書いた経験がある。 技術的なテーマへの情熱と、複雑なトピックをシンプルに説明する能力を組み合わせるため、2021年に執筆業に転身。 量子コンピューティングに関する記事など、暗号資産とその他の技術的進歩が交差する記事は人気を博している。 現在、同氏は視野を広げ、金融市場をより広く理解しようとしている。ステーブルコインが伝統的な金融をどのように変えるのか、金融システムの技術的基盤はどうなっているのか、などが彼の関心事である。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー