詳細を見る

PayPal、PYUSDをSolanaブロックチェーンに拡張

5 mins

ヘッドライン

  • PayPalのステーブルコインPYUSDがSolanaブロックチェーンでサポートされ、金融アプリケーションでの使い勝手が向上した。
  • Solanaの高速(1,423 tps)と低コストのトランザクションは、PayPalの統合決定に影響を与えた。
  • ペイパルは、規制上の課題や過去のソラナネットワークの問題にもかかわらず、さらなるブロックチェーン統合を計画している。
  • promo

PayPalは29日、同社のステーブルコインであるPayPal USD(PYUSD)がSolanaブロックチェーンでサポートされるようになったと発表した。

この統合はSolanaの高速、低コストの取引機能を活用し、様々な金融アプリケーションにおけるPYUSDの使い勝手を向上させる。

PayPalのPYUSDがSolanaブロックチェーンで利用可能に

Solanaの優れた取引速度と低い手数料は、PayPalにとって魅力的な追加となった。SolanaFMによると、Solanaは毎秒1,423トランザクション(tps)を処理でき、イーサリアムの12-15tpsを大幅に上回る。この能力は、最低1,000 tpsを必要とする小売取引にとって極めて重要である。

ペイパルのブロックチェーン、暗号通貨、デジタル通貨担当上級副社長であるホセ・フェルナンデス・ダ・ポンテ氏は、「ソラナのスピードと取引手数料の安さは、我々の決断の重要な要素でした」と語った。

過去の技術的な問題にもかかわらず、フェルナンデス・ダ・ポンテはソラナの現在の安定性に自信を示した。ソラナ財団のペイメント担当ゼネラル・マネージャーであるシェラズ・シェレ氏は、過去の技術的問題は現在解決されていると指摘した。2月に発生した直近の障害はわずか5時間で、以前の障害から大幅に改善された。

関連記事:PayPalでビットコインを購入する方法 ― 初めてでも簡単!

シャー氏はまた、伝統的な金融会社がデジタル資産をますます受け入れている例として、ペイパルがソラナ上でPYUSDを統合したことを強調した。同氏は、Stripe Inc.が加盟店向けにステーブルコイン決済を可能にすることを決定したことを引き合いに出し、フィンテック企業がステーブルコインを製品市場に適合するものとして認識し始めていると指摘した。

同氏は、「フィンテックは、ステーブルコインを、彼らが待ち望んでいた製品市場に適合するものとして認識し始めている」と述べた。

本稿執筆時点では、PYUSDの時価総額は3億9800万ドルで、テザー社の1110億ドルに比べると矮小である。しかし、ステーブルコインの利用範囲は暗号資産取引所と分散型金融に及び、小売決済への拡大も計画されている。ラテンアメリカ、東南アジア、アフリカの新興市場もターゲットとしている。ペイパルのXoomサービスでは、すでにPYUSDを使った国境を越えた決済が行われている。

関連記事:仮想通貨Solana(SOL)完全ガイド|価格から買い方までの基礎知識

しかし、PayPalのステーブルコインの旅は困難に直面している。同社は規制当局の監視のため2023年2月にプロジェクトを一時停止し、11月には米証券取引委員会(SEC)から召喚状を受け取った

「我々は彼らと協力し、要求された情報を提供している」とフェルナンデス・ダ・ポンテは断言した。

PYUSDをSolanaと統合するというPayPalの決定は、デジタル決済の改善に対する同社の献身を示している。Solanaの高速かつ低コストのトランザクションを利用することで、同社はステーブルコインをより効率的で利用しやすいものにすることができる。このパートナーシップは、世界中の人々により良い、より手頃な金融サービスを提供するための大きな一歩です。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー