詳細を見る

アナリスト、ピーター・ブラント氏が語る「暗号資産取引8つのコツ」

5 mins

ヘッドライン

  • ブラントは、運よりもスキルを使い、経済的な安定を確保することを勧める。
  • 経費の節約を強調し、ペーパー・トレードを推奨。
  • 成功率の低さを指摘し、大資本の必要性に反論。
  • promo

経験豊富な市場アナリストのピーター・ブラント氏が5日、暗号資産投資を本格的に始めようととしている人たちに向けた、厳格なガイドを提供しています。

長年の取引経験を持つブラント氏は、本業から主な収入源としての取引への移行を希望する意欲的なトレーダーを対象に、必要不可欠なヒントを解説している。

ブラント氏による暗号資産トレーダーのための8つのヒント

まず、ブラントは運よりも本物の取引スキルの重要性を強調している。暗号資産トレーダー志望者は、市場の賭けが当たることを期待するよりも、自分の能力に頼るべきだ。同氏はトレーダーに対し、多額の口座資金を確保するようアドバイスしている。

「必要な生活費を5倍してください」とブラントは提案し、ローンや貯蓄ではなく、実際の利益から得られる経済的安定の必要性を強調する。

同氏は、取引口座の外に最大2年間の生活費を賄えるだけの貯蓄を持つことの重要性を強調する。これは、最初の1年で損をする可能性を考えると極めて重要だ。

「(初心者のトレーダーは)1回の取引で10万ドルのリスクを取りすぎます。1回の取引で2%以上のリスクを負うのは失敗のもとです。私の考えでは、唯一の解決策は、短距離走ではなくマラソンに専念することです

関連記事:ビットコイン を”ほったらかし投資”で稼ぐ方法

ブラント氏はまた、取引手法を洗練させるために、少なくとも1年間はペーパートレーディングを行うことを推奨している。

暗号資産トレーダーの成功率の低さを理解することも重要です。ブラント氏によれば、フルタイムの取引を試みる人のうち、実際に成功するのは3%から5%程度だという。同氏は、「私が間違っていることを証明して、2年後にどこが間違っていたか教えてください」とトレーダーに挑戦している。

ブラントはまた、トレーディングにおける一般的な誤解にも取り組んでいる。特に、大きなスタート資金が必要だということだ。同氏は、トレーディングの成功は資金の大きさとは関係ないと主張する。実際、少額で始めることは、トレーダーがミスを素早く発見し、修正するのに役立つ。

「トレーダーを目指す人が成功するためには大きな口座が必要だという大きな誤解がある。ほとんどの “マーケットの魔術師 “は、少額の資金で利益を上げられないなら、それ以上の資金では利益を上げられないと言うでしょう。実際、小さな口座では、間違いはすぐに明らかになります。成功するトレーディングとは、間違いを犯しながら、学習の険しい壁を登っていくことなのです。

関連記事:ビットコインETFとは?先物・現物の違いやメリットを解説

ブラントの洞察は、プロ生活の大きな転換を目指す暗号資産トレーダーに強固な枠組みを提供し、成功する取引とは、単に好調なスタートを切ることではなく、問題を解決し、失敗から学ぶことであることを強調している。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-1934.png
Bary Rahma
バリー・ラーマはニューヨーク大学でジャーナリズムの学位を取得した有能なジャーナリストである。 幅広いキャリアの中で、CNNなどの有名メディアで働き、調査能力とストーリーテリング能力を発揮してきた。現在はBeInCryptoで、ダイナミックな暗号資産に関する洞察に満ちた記事を執筆している。BeInCryptoでの仕事に加え、Binanceのコンテンツライターとして、暗号通貨のトレンド、市場分析、アルトコイン、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、ICO、トークノミクスに関する有益なコンテンツを作成し、専門知識を提供している。ジャーナリズムと暗号資産に関する知識をユニークに融合させた彼女は、この業界で多才かつ高い評価を得ている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー