詳細を見る

FTX2.0の再建計画、4月より水面下で進行していたことが明らかに

3 mins

米デラウェア州の連邦破産裁判所によると、暗号資産(仮想通貨)取引所FTXが4月より取引所再開に関する活動を進めていたことが明らかとなった。23日に公開された文書によれば、FTXのジョン・J・レイ3世CEOは4月4日以降、「FTX2.0」計画に関連する業務を行っていた。再開後の正式な取引所名、およびサービス提供の開始日は未定。なお、FTX Japan再開計画の可能性についても、4月末に示唆されていた。

この公開文書は、企業再建コンサルティングOwl Hillが米連邦破産裁判所に提出した、4月の月次人員報告書および報酬報告書。

FTXのジョン・J・レイ3世CEOは2022年11月、破綻したFTXの新CEOに任命。同氏はもともと企業再建コンサルティングOwl Hillに所属していたが、同社に籍を置いたまま、FTXのCEOを兼任している。

以下、公開文書の報酬報告書部分における、FTX2.0に関する活動を一部抜粋する。

  • 4月12日:取引所開設計画に関するタームシートのレビュー
  • 4月14日:PWP(K・コフスキー氏)からの、2.0に関する次のステップ概要をレビュー
  • 4月17日:FTX再開に関する次のステップのレビュー・コメント
  • 4月19日:取引所(FTX)2.0の再開に関する資料をレビューし、最終決定
  • 4月24日:PWP (K・コフスキー氏)との2.0に関するメールのやり取り
  • 4月30日:2.0の入札者リストのレビュー・コメント

公開文書内におけるPWPとは、FTX再建に関与している米金融コンサルティングPerella Weinberg Partnersを指す。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー