詳細を見る

フォックスとローニン、ポリゴン(MATIC)の技術を新たなブロックチェーン・プロジェクトに活用

7 mins
更新 Lynn Wang

ヘッドライン

  • ポリゴン(MATIC)、ブロックチェーンイノベーションでフォックスおよびローニンと戦略的パートナーシップを締結。
  • Ronin、ポリゴン(MATIC)のzkEVMを実装し、ブロックチェーンゲームにおけるスケーラビリティを強化。
  • フォックスは、ポリゴン(MATIC)をコンテンツ検証に使用するZKブロックチェーンにベリファイを移行する。
  • promo

イーサリアムのエコシステムにおける主要なレイヤー2(L2)スケーリングソリューションであるポリゴン(MATIC)は最近、2つの主要なパートナーシップを発表した。

ポリゴン(MATIC)とフォックス・コーポレーション(Fox Corporation)およびローニン・ネットワーク(Ronin Network)との提携は、ポリゴンのゼロ知識(ZK)技術を活用し、ブロックチェーンのゲームおよびメディアコンテンツ検証におけるスケーラビリティとセキュリティを強化することを目的としている。

ポリゴン(MATIC)、フォックス(Fox)、ローニン(Ronin)がブロックチェーンのユースケースを変革する

有名なP2E(play-to-earn)ゲームAxie Infinityをサポートするために設計されたサイドチェーンネットワークであるRoninは、そのプラットフォーム上のビルダーが近いうちにポリゴン(MATIC)のチェーン開発キット(CDK)を活用して独自のzkEVM L2チェーンを作成できるようになることを強調しました。さらに、この機能により、許可なくゲームをデプロイできるようになります。

Axie Infinity の共同設立者である Jeff ‘Jihoz’ Zirlin 氏は、今回の提携に関するコメントの中で、スケーラビリティの大幅な向上を強調しています。同氏はまた、承認不要の自由な市場を通じて、より多くのゲームが展開される可能性を強調した。Zirlin氏は、Roninとイーサリアムをより密接に連携させることの重要性を指摘し、特にAggLayerを通じて、現在のRoninブリッジを超えるより大きな統合を促進すると述べた。

続きを読むポリゴン(MATIC)とは?

同日、ポリゴン(MATIC)はフォックス・コーポレーションとの提携を発表した。このメディアネットワーク大手は、ポリゴン(MATIC)のCDKを使用したL2チェーンを開始した。

フォックスは、ロールアップ・アズ・ア・サービス・プラットフォームであるGelatoの助けを借りて、Verifyのベータ版が専用のZKブロックチェーンに移行しつつあることを明らかにした。Verifyは、メディアがプラットフォームに登録されていれば、読者が記事や画像が純粋にパブリッシャーから発信されたものかどうかを確認できるようにする。

フォックスは、ポリゴン(MATIC)のZKテクノロジーを活用し、ベリファイを、登録されたコンテンツの真正性を透過的に証明することに特化した専用チェーンに移行する。ZKチェーンへの移行は、普及のために極めて重要です。ポリゴン(MATIC)のPoSのリソースを奪い合うことなく、オンチェーンでのコンテンツ登録のキャパシティを増やすことができます。

さらに、Verifyプロトコルは、パブリッシャーがAIプラットフォームとの技術的、暗号的な橋渡しを確立するのに役立ちます。これにより、パブリッシャーはスマートコントラクトを通じて、プログラマティックなコンテンツアクセス条件を設定できるようになる。

ベリファイは、AIが生成したテキストや画像がオンラインで普及するにつれて、消費者が真のコンテンツ・ソースを特定するのに役立つ。これによりメディアパブリッシャーは、ウェブコンテンツをスクレイピングするAIプラットフォームとの関係をよりコントロールできるようになる。TIMEは、この専用チェーンにコンテンツを登録する最初の外部パートナーとなる。

フォックスは当初、2023年8月にベリファイのクローズドベータを開始した。それ以来、フォックス関連の様々なブランドから30万以上のコンテンツがベリファイに登録されている。

「将来的には、VerifyはAggLayerに接続し、シームレスなクロスチェーンメッセージパッシングのための相互運用可能なチェーンの水平方向にスケーラブルなウェブに参加するオプションも用意される予定です

続きを読むプライベートRPCエンドポイントでポリゴン(MATIC)スマートコントラクトを作成する方法

イーサリアムエコシステムにおけるトランザクション数。
イーサリアムエコシステムにおけるトランザクション数。ソースX/ビットワイズインベスト

これらのパートナーシップは、イーサリアムエコシステム内の継続的な成長を反映しています。Bitwiseのレポートでは、ポリゴン(MATIC)の貢献が主な要因となって、過去1年間のトランザクション量が84.65%増加したことが強調されています。また、2024年第1四半期だけで、イーサリアムネットワーク内のポリゴン(MATIC)のトランザクションが4億ドルを超えたこともデータから明らかになっている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー