詳細を見る

Polygon(MATIC)価格、1.15ドルへのハードルで重要な局面に

4 mins
記事 Valdrin Tahiri

ヘッドライン

  • ポリゴンは、0.77ドルの支持線エリアで小幅な反発。
  • 下降する平行チャネルを突破。
  • 週足RSIは強気だが、6時間足では弱気。
  • promo

Polygon(MATIC)の価格は、短期チャネルから抜け出したものの、1.04ドルのレジスタンスエリアを上抜けすることができなかった。ここを上抜けできるか否かは、今後のトレンドにとって正念場となる。

先週、Polygonのニュースがいくつか報じられた。まず、Polygonは1月17日にデリーハードフォークを実施し、そのパフォーマンスを向上させるためにプルーフ・オブ・ステークのコンセンサスをアップグレードした。最も重要な変更点の1つとして、ガス代の基本料金の変更率を12.50%から6.25%に減少させることだろう。

次に、PolygonはBitGoと提携し、PolygonネットワークのネイティブトークンであるMATICをステークすることで保有者が報酬を獲得できるようにすると発表した。

Polygon価格1ドルに迫る

MATIC価格は昨年7月22日、0.77ドルの水平領域を取り戻し、6月に始まった上昇相場がストップ。その後、その上で2回反発(緑色のアイコン)があり、高値更新へと上昇した。ポリゴン価格は、12月の2回目の反発以降、上昇している。

週足で見たテクニカル指標は強気相場と言える。これは週足RSIに表れており、この指標は、下降中の抵抗線(黒)から抜け出し、その後50を上回った。これらはともに強気トレンドのサインとされている。

価格動向を合わせて考えると、次のレジスタンスエリアである1.38ドルに向けた上昇をサポートしている。週足の終値が0.77ドルを下回ると、強気の見方は無効となる。

MATIC/USDT 週足チャート 出典: TradingView

短期的な増加要因は?

短期6時間足チャートからのテクニカル分析でも、まちまちの見通しとなっている。上昇側面を見れば、下降する平行チャネルをブレイクアウトし、支持線として検証している。

下落傾向で言えば、デジタル資産は、0.5Fibリトレースメントのレジスタンスレベルで作られた1.04ドルの抵抗線を上抜けするのに苦戦している。さらに、6時間足RSIは、弱気のダイバージェンスを発生させています。

したがって、MATICトークン価格が1.04ドルのレジスタンスエリアを上抜けした場合、1.15ドルまで上昇することが予想できる。一方、拒否され、チャネル内に反落した場合、0.77ドルのサポートエリアの再突入も予想できる。

MATIC/USDT 6時間足チャート 出典: TradingView

結論としては、Polygonの価格が1.04ドルのレジスタンスエリアから突破できるか否かが、今後のトレンドの方向性を決定するだろう。ブレイクアウトした場合、1.15ドル付近の高値につながる可能性があり、拒否された場合は、0.77ドルのサポートエリアの再テストとなる可能性もある。

BeInCryptoの最新の暗号資産市場分析については、こちら

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー