詳細を見る

PoSによりイーサリアムは証券とみなすべきではない=ConsensysがSECに反論

5 mins

ヘッドライン

  • ConsenSysはSECの主張に異議を唱え、イーサリアムはポストPoSのセキュリティではないとしている。
  • イーサリアムのSECに対する訴訟は、証券取引法の誤用に焦点を当てている。
  • SECがイーサリアムのProof-of-Stakeモデルを調査、業界の懸念を高める。
  • promo

Consensysは30日、イーサリアムがProof-of-Stakeコンセンサス・メカニズムに移行したことを受けて、米証券取引委員会(SEC)がイーサリアムを有価証券とみなすことに反論した。

Ethereumの共同創設者であるジョー・ルービン氏によって設立されたこのソフトウェア会社は、テキサス州の連邦裁判所にSECを提訴し、規制機関が連邦証券法を誤って適用していると主張した。

Proof-of-Stakeはイーサリアムを証券にしない

論争の発端は、SECがコンセンシス社に対し、同社を提訴する計画を示すウェルズ通知を出したことだった。同通知は、2023年3月28日に開始された「イーサリアム2.0」と呼ばれるSECの調査の一部であった。この正式な調査命令は、SECの執行部門の責任者であるグルビル・グレワル氏によって承認され、イーサリアムの取引に関わる関係者の召喚が可能になった。

イーサリアムは市場で大きな存在感を示し、広く普及しているにもかかわらず、SECの調査はイーサリアムのProof-of-Stakeモデルに焦点を当てている。規制当局によると、このコンセンサス・メカニズムへの移行は、資産が投資契約として機能し、したがって証券として適格かどうかを判断するHowey Testの基準を満たす可能性があるという。

コンセンシスは、SECのアプローチは以前のガイダンスと矛盾していると主張している。2018年、当時SECのコーポレーションファイナンス担当ディレクターであったビル・ヒンマン氏は、イーサリアムは証券ではないと述べた。

「Ethereumの創設に伴う資金調達はさておき、Ethereumの現状、Ethereumネットワークとその分散型構造に関する私の理解に基づけば、Ethereumの現在のオファーと販売は証券取引ではない」とヒンマン氏は語った。

しかし、ゲーリー・ゲンスラー現SEC委員長は、Proof-of-Stakeトークンが証券分類の引き金になる可能性を示唆した。この見解は、以前のSECの姿勢から一転したもので、2兆ドル規模の暗号通貨業界に不確実性をもたらした。

コンセンシスは訴訟の中で、SECの現在の行動は違法な行き過ぎであると主張している。同社は、Proof-of-Stakeがより広範なネットワークの検証とメンテナンスへの参加を可能にすることで分散化を促進すると強調している。

これは、しばしば証券の特徴である中央集権化という考え方と矛盾する。

「Proof-of-StakeやMergeのアップグレードは、イーサリアムが証券であると言うためのSECのフックのようなものです。しかし、それは表面的なポイントに過ぎないと思います。Proof-of-StakeそのものとProof-of-Workの比較では、イーサリアムがセキュリティであるということにはなりません。Consensysの広報担当者はBeInCryptoに、「それはSECのために何らかの説明を掴んでいるだけだと思います」と語った。

関連記事:イーサリアムのPoSの仕組みや将来性を解説

SECは、現在進行中の裁判について公にはコメントしておらず、業界からの監視の中、口をつぐむ姿勢を保っている。一方、Consensysは裁判所がイーサリアムの規制に関する議論に決定的な決着を与えることを期待している。これは、暗号通貨規制の将来にとって広範囲に影響を及ぼす問題である。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー