詳細を見る

リップル社に新たな法的挑戦:米裁判所、証券取引の裁判を有利に進める

6 mins

ヘッドライン

  • 米裁判所、リップル社の虚偽記載疑惑に関する証券取引裁判を公判に進める。
  • 重要な問題は、XRPが米国法上の「証券」に該当するかどうかであり、暗号資産規制に影響を与える。
  • リップル社の弁護側はXRPがハウイー・テストの基準を満たしていないと主張。
  • promo

ブラッド・ガーリンハウス最高経営責任者(CEO)の誤解を招く発言疑惑をめぐるリップル・ラボに対する極めて重要な訴訟は、裁判に進むことが決まった。

この決定は、フィリス・ハミルトン連邦地裁判事が6月20日、略式判決を求めるリップル社の訴えを却下した後に下された。訴訟の中心は、2017年のインタビューにおけるガーリングハウス氏の主張であり、同氏はXRPについて「非常に、非常に長い」と述べている。

XRPはまだ有価証券に分類されるという課題に直面している

原告のブラッドリー・ソスタック氏は、同氏が同じ年に数百万XRPを売却したことから、ガーリンハウス氏の発言は誤解を招くものであったと主張している。

「私はXRPをロングにしており、個人的なバランスシートに占めるXRPの割合はとてもとてもロングです。. . . .[というのも、何が本当の実用性なのか、どんな問題を本当に解決しているのかが私には明確ではないからです。もしあなたが本当の問題を解決しているのであれば、それがスケールの大きな問題であるのなら、あなたはそれを成長させ続ける大きなチャンスを持っていると思います。私たちは本当に幸運でした。私はXRPを非常に、非常に、非常に長く保有し続けています。私はHODL側です」とガーリンハウスは2017年のテレビインタビューで語った。

カリフォルニア地方裁判所に提訴されたこの訴訟は、リップルラボ、その子会社であるXRP、そしてガーリンハウスCEOに対していくつかの重大な疑惑をもたらしている。これらには、無登録の有価証券の募集と販売、および有価証券の販売に関連する誤解を招くような記述が含まれる。

続きを読むリップル(XRP)価格予測 2024/2025/2030

この訴訟の重要な争点は、XRPが米国法上の「証券」に該当するかどうかであり、この判断はデジタル通貨の規制義務に大きな影響を与える可能性がある。

リップル社の弁護側は主に、XRPは投資契約を定義するための基準であるHoweyテストに基づく証券の基準を満たしていないと主張している。しかし、ハミルトン判事は裁判を前進させることに重点を置いて判決を下した。

「被告は、原告の第4の訴因である有価証券の募集または販売に関する誤解を招く記述に関する略式判決を支持する他の主張をしなかったため、この訴因に関する略式判決は否定され、請求は裁判に進むことになる」と裁判所の文書は言及している。

裁判所の決定にもかかわらず、XRPの価格には今のところ大きな影響はない。本稿執筆時点では、0.4901ドルで取引されており、過去24時間で約1.12%下落している。

XRPの価格パフォーマンス
XRP価格のパフォーマンス。出典BeInCrypto

さらにこのケースは、ニューヨーク南部地区のアナリサ・トーレス判事による以前の判決と対照的だ。そのケースでトレス氏は、リップル社の「プログラム販売」やその他のXRPの分配は投資契約ではないとし、特定の証券規制の対象外とした。

それにもかかわらず、彼女は、リップル社の7億2890万ドルのXRPの機関投資家向け販売は、実際に未登録の投資契約であり、証券法第5条に違反すると裁定した。

続きを読むリップル対SECについて知っておくべきすべてのこと

今度の裁判は、米国におけるデジタル通貨の広範な規制環境に影響を与える可能性がある。暗号資産市場の文脈における米国証券法の境界がTestされるのだ。さらに、裁判の結果は、デジタル資産がどのように販売され、業界全体で規制されるかに影響を与える可能性のある先例を確立するかもしれない。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー