詳細を見る

不況への懸念の高まりが暗号通貨市場の回復を阻害する可能性

5 mins
記事 Martin Young

ヘッドライン

  • 米国の貯蓄率は過去最低の2.2%に低下した。
  • 米国のインフレ率は7.1%に留まりを見せている。
  • 暗号資産市場は2022年11月末のレベルまで上昇。
  • promo

暗号資産市場は1月12日現在、活況を呈しているが、今年のマクロ経済情勢に改善が見られず、景気後退が迫れば、ラリーは短命に終わる可能性があるという。

暗号資産の時価総額は12日、2カ月ぶりの高水準で急騰した。日間3.6%の上昇で、本稿執筆時点では927億ドルに達している。さらに、11月22日のベアサイクルの安値以来、約1億ドルが市場に再投入された。

しかし、私たちがまだ暗号の冬の深みにいるように、その大きな絵はそれほど美しいものではない。市場は2021年のピークから70%ダウンしたままであり、完全な回復にはさらなる時間がかかる可能性がある。

マクロ経済の状況はまだ暗いようで、暗号資産のような高リスクの資産への投資ははるかに少なくなってきている。

米国の貯蓄率低迷で景気後退に懸念

米国の貯蓄率は2.2%に低下し、過去最低の水準となった。この指標は、可処分個人所得から投資用に蓄えた金額を差し引いたものである。

レベンチャー・コンサルティング社のCEO兼創設者であるニック・ゲルリ氏は、「アメリカ人はお金を使い果たそうとしている」とコメントした。さらに、貯蓄率がこれほど低くなったのは、2008年の世界金融危機直前以来だという。

この落ち込みは、不況への赤信号であり、2023年は個人消費の低迷が続く見通しだ。

貯蓄率の低迷は、高いインフレ率と低い賃金上昇率の組み合わせに起因していると考えられる。米連邦準備制度理事会(FRB)による削減努力にもかかわらず、米国のインフレ率は7.1%という高水準にとどまっている。

「2023年のある時点で個人消費が大きく崩れると予測される」(ゲルリ氏)。

米国の銀行は、すでに景気後退に備えた準備を進めているもよう。ロイターの1月10日付の報道によれば、銀行大手は同週金曜日、第4四半期の利益を減少させると予測。モルガン・スタンレーのアナリストはこう語る:

“米国のエコノミストの多くが、今年はリセッションか大幅な景気減速を予想していることから、銀行はより厳しい経済の見通す傾向になると思われる。”

不況は、2023年の暗号資産市場の回復にとって良い兆候とはならない。

暗号資産市場の見通し

とはいえ、マーケットは同日、11月上旬以来の高水準に達し、活況を呈している。FTXの崩壊によって受けたダメージのほとんどは時価総額の面で回復し、1兆ドルのレベルも見えてきた。

ビットコインはこの日4.6%上昇し、11月9日以来初めて18,000ドルを突破した。CoinGeckoによると、本稿執筆時点で、BTCは18,211ドルで取引されている。

さらに、イーサリアムはこの日5.2%上昇し、1400ドルを突破するなど、さらに好調だった。リップルのXRPとアバランチのAVAXも好調だった。

BeInCryptoでは、1月10日に相場に大きな動きがあると報じていた。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー