詳細を見る

ロビンフッド、米国暗号資産事業でSECの精査に直面

4 mins

ヘッドライン

  • ロビンフッド、SECのウェルズ通知に回答。
  • 同社は、その資産は有価証券ではないと主張している。
  • それでもロビンフッドは規制の明確化を求めている。
  • promo

Robinhoodは米国証券取引委員会(SEC)からのウェルズ通知に正式に回答 した。

この通知は、同社の暗号資産部門であるRobinhood Crypto (RHC)に関連した強制措置の可能性を示唆している。

Robinhood、SECのウェルズ通知に「失望

Robinhoodのチーフ・リーガル、コンプライアンス、コーポレート・アフェアーズ・オフィサーのダン・ギャラガーは、規制機関の決定に失望を表明した。

よく知られた “参入・登録 “の試みも含め、規制の明確化のためにSECと協力しようと何年も誠実に取り組んできた結果、SECが当社の米国暗号資産ビジネスに関連するウェルズ通知を発行することを決定したことに失望している」とギャラガー氏は述べた。

Robinhoodは、同社のプラットフォームに掲載されている暗号通貨は有価証券に該当しないと主張し、SECが同社を訴えた場合の弱点を事実的にも法的にも証明する用意がある。同社は規制の現実に慎重に対応し、特定のトークンを上場せず、SECが以前他のプラットフォームで標的にした暗号資産貸付やステーキングのようなサービスを避けている。

同社はまた、SECの規制に合わせて特別目的のブローカー・ディーラーの登録を試み、コンプライアンスへのコミットメントを示している。

続きを読むRobinhoodで暗号資産を売買する方法:ステップ・バイ・ステップ・ガイド

しかしSECは、Robinhoodは投資家向けウェブサイトの「概要」タブとニュースルームを利用して、SECの公正開示規則の目的に照らして、広範かつ非排他的な方法で一般に情報を発信していると主張している。

“Robinhood Crypto, LLC(以下、「RHC」)が証券取引委員会(以下、「SEC」)から調査召喚状を受け取ったことが明らかになり、2024年5月4日、RHCは、SECが1934年証券取引法第15条(a)および17Aの違反を主張し、RHCに対して強制訴訟を提起することを勧告する「予備的決定」を行ったことを職員がRHCに通知したという「ウェルズ通知」を受け取った。”とSECは注釈でコメントしている。

この状況は、SECが暗号通貨市場を精査し、コンプライアンスとデジタル資産の分類に焦点を当てている中で展開されている。RobinhoodとSECとの継続的な対話は、進化する規制の枠組みをナビゲートするための広範な業界の課題を浮き彫りにしている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

スポンサー
スポンサー