詳細を見る

英スタンダートチャート銀、イーサリアムETFの5月の承認に悲観的もビットコインには強気

3 mins
更新 Shota Oba

ヘッドライン

  • スタンダード・チャータード銀行はこのほど、米国証券取引委員会(SEC)によるイーサリアム現物ETF(現物上場投資信託)の5月承認に悲観的な見方を示した
  • 長期的に同行はイーサリアムETFの承認に楽観的であり、現在の相場はレバレッジが下がっていると主張。そして最悪の市況は終わり、再び上昇トレンドに入る可能性があると示唆している
  • 同行はビットコインの年末目標価格を15万ドル、ETHを8,000ドルとしている
  • promo

スタンダード・チャータード銀行はこのほど、米国証券取引委員会(SEC)によるイーサリアム現物ETF(現物上場投資信託)の5月承認に悲観的な見方を示した。同行は以前、5月23日にSECがETH ETFを承認すると予想していたが、現在はその可能性が低いと見ている。

スタンダード・チャータード銀行のジェフリー・ケンドリック氏は、「SECとETF申請者間の建設的な対話がビットコインETF承認の前例に従って進むと見ていたが、現在までそのような対話は公にされていない」と語った。SECは、フランクリン・テンプルトンおよびグレースケールのイーサリアムETFに対する決定を延期し、フランクリン・テンプルトンのETFは6月11日、グレースケールのETFは6月23日に再評価すると見込まれている。

関連記事:イーサリアムETFの投資方法を学ぶ

長期的に同行はイーサリアムETFの承認に楽観的であり、現在の相場はレバレッジが下がっていると主張。そして最悪の市況は終わり、再び上昇トレンドに入る可能性があると示唆している。同行はビットコインの年末目標価格を15万ドル、ETHを8,000ドルとしている。

同行はビットコインに関しては現在の相場はレバレッジが下がっていると主張。今回の分析でアナリストが注目したのは、レバレッジをかけたロングポジションの強制清算で13日には、2.6億ドル相当のビットコインのロングポジションが清算された。ケンドリック氏は13日の清算規模について、23年10月以降で最大であったとし、「我々は、特に悪いニュースはすでに価格に織り込まれているため、清算によりで価格上昇の道が開けた言えるだろう」と語った。ケンドリック氏は「否定的な要因が徐々に取り除かれることで、BTCの構造的な強気要因が優勢となる」と結論づけている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー