詳細を見る

SBFに対して検察側がファーミントン州立の銀行口座から5000万ドル弱を押収したことが明らかに

3 mins
更新 T

ヘッドライン

  • 検察側はSBFの銀行資産の5000万ドル弱を押収
  • Alameda Researchはファーミントン州立の銀行に出資をしていた
  • 米国当局は他のプラットフォームなどに存在するSBFの資金についても調査中
  • promo

検察側はSBFの銀行資産の5000万ドル弱を押収

1月24日のヤフーファイナンスの報告書によると、検察側は1月4日にファーミントン州立の銀行に保有されていたFTXの創設者であり元CEOのSBFの銀行資産の5000万ドル弱を押収したことを明らかにした。報告書によると、この銀行は農家への農業ローンに特化しており、SBFはこのワシントン州の田舎にあるあまり知られていない銀行の口座に5000万ドル弱を保有していたという。SBFがこの金額を預けた時の従業員はわずか3人だったという。また、オンラインバンキングサービスやクレジットカードは提供しておらず、純資産は570万ドルだったとされている。

Alameda Researchはファーミントン州立の銀行に出資をしていた

2022年11月に発表されたニューヨークタイムズ(NYT)のレポートによると、SBFが創業したベンチャーキャピタルであるAlameda Researchは2022年3月にその銀行に1150万ドルを投資したという。さらに、NYTのレポートによると、銀行は、名称をムーンストーンバンクに変更し、FTXの投資後にオンラインバンキングサービスを開始していたことも明らかになっている。

米国当局は他のプラットフォームなどに存在するSBFの資金についても調査中

米国当局は、金曜日の終値価格で5億2600万ドル相当の約5500万株のロビンフッド株も押収し、SBF がライバルの暗号取引所バイナンスの3つの口座で保有していたとされている暗号資産及び現金についても調査していることが明らかになっている。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー