詳細を見る

SBI VCトレードXDCのステーキングサービスを開始=国内初の例となる

3 mins
更新 Shota Oba

暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VCトレードは13日、同取引所が提供するXDCネットワーク(XDC)のステーキングサービスを開始する。XDCのステーキングサービスの提供は同社が国内初となる。

XDCのステーキング開始により、ステーキングサービス取扱い銘柄数は国内最多となる9銘柄となる。XDC のステーキング報酬については、現時点では年率5~8%程度を見込んでいるという。同社は今後も取り扱いステーキング銘柄を順次拡大させていく。

XDC のステーキングサービス追加を記念し、2つのキャンペーンを実施。詳細は以下の通り。

  • 最大 100 万円相当の XDC がもらえる取引キャンペーン:13日から8月14日6時59分までのXDCの購入約定代金に応じ、最大100 万円相当のXDCが付与。
  • ステーキング手数料無料キャンペーン:13日から8月31日までの間に発生するXDCのステーキング手数料(通常25%)を0%とする。 

同社は5月11日、XDC Networkと日本企業で初めてパートナーシップ契約を締結。5月31日にはXDCの取り扱いおよび、積立サービス、貸しコインサービスを開始していた。XDCの日本オフィス開設を皮切りに、国内でのユースケース拡大、SBIグループ企業との提携も模索していく。

XDCとは?

XDCネットワークは年間2,000兆円と言われる貿易金融の効率化を目指し、企業や金融機関などエンタープライズに特化したブロックチェーン。XDCではDPoS(Delegated Proof of Stake)をさらに独自改良したコンセンサスアルゴリズムにより、処理能力の効率化や低い手数料を実現。1秒あたりの処理数(TPS)は2000トランザクションで、平均手数料0.00001ドル。高速かつ安価な取引の提供により、貿易金融やサプライチェーン管理、クロスボーダーペイメントなど世界中の経済活動における活用が期待されている。

  • DPoS(Delegated Proof of Stake)とは、ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズム。トークン所有者が代表ノードを選出し、効率的なブロック生成を行う。これにより、エネルギー消費が少なく、高速なトランザクション処理が可能となる。
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー