詳細を見る

SECがTerra LabsとDo Kwon氏を告発することを発表

4 mins
更新 T

ヘッドライン

  • SECがTerra LabsとDo Kwon氏をアルゴリズミックステーブルコインとその他の暗号資産の詐欺を指揮した罪で起訴
  • ゲンスラー氏、SECの組織体制がいかに強固であることかを改めて強調
  • promo

SECがTerra LabsとDo Kwon氏をアルゴリズミックステーブルコインとその他の暗号資産の詐欺を指揮した罪で起訴

本日SECより発表された報告によると、SEC(米国証券取引委員会)がTerra Labs、およびにFounderであるDo Kwon氏を数千億円の詐欺を指揮したとして告訴する事を明らかにした。

SECの発表によると、Terra LabsとDo Kwon氏の暗号資産証券提供は、利益を追求する投資として被告が作成、開発、宣伝、提供、販売した一連の相互関連するトークンを含んでいたと主張。SECの訴状では、Terra Labs とDo Kwon氏は、利益を得ようとする投資家に対し、暗号資産を販売し、トークンの価値が上昇すると繰り返し主張していたことを指摘。Terra崩壊を招いた一連の流れを例として挙げている。例えば、彼らは現在は$0.03となった自社のアルゴリズミックステーブルコイン、USTをステーブルコインとして宣伝・販売し、Anchor Protocolを通じて20%の金利を得ることができると宣伝していた事や、$LUNAのマーケティングを行う際に、TerraformとDo Kwon氏は、韓国の人気モバイル決済アプリケーションがTerraブロックチェーンを使用して取引を決済する事により、LUNAに価格上昇が見込めると繰り返し誤解させ、投資家を騙したことなどを主張に挙げている。

SECのGary Gensler氏は発表にて「Terra LabsとDo Kwon氏が、LUNAおよびUSTの利益ために暗号資産に必要な、公正な真実の開示を公衆に提供しなかった。」と語っている。

また、SECのGurbir S. Grewal氏はこの件に関して「我々の訴状で主張されているように、Terraのエコシステムは分散型でもなければ、金融でもない。アルゴリズミックステーブルコインによって作り上げらた単なる詐欺であり、その価格はコードではなく、被告によってコントロールされていた。」と述べている。

さらに今回の発表では、一貫して暗号資産を”暗号資産証券”と述べており、彼らの暗号資産に対する見解が見える発表であったとも言えるだろう。

ゲンスラー氏、SECの組織体制がいかに強固であることかを改めて強調

SECのゲンスラー委員長は「今回のケースは、一部の暗号資産企業が証券取引法の遵守を避けるために行なった事例を示しているだけではなく、SECの献身的なメンバーの調査力の強さを示している。」とツイート。SECとしての組織の強固さを改めて強調した。また今回の発表では、起訴によってTerra LabsおよびDo Kwon氏に対してどのようなペナルティが科されるかは明らかにされていない。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー