詳細を見る

SEC委員、イーサリアムETF承認の可能性について語る

5 mins

ヘッドライン

  • SECはイーサリアムETFを承認する可能性に向けて動き出しており、ヘスター・パイス委員は規制の視点の変化を示している。
  • Peirce氏は、ETF承認の一貫した枠組みを強調し、ビットコイン以外の暗号通貨ETFに対するより包括的な姿勢を示唆している。
  • イーサリアムのデリバティブ市場の活発化と投資家の関心は、ETFの可能性を強調しており、SECの決定は5月までに下される見込みだ。
  • promo

米国証券取引委員会(SEC)では、イーサリアムETF(上場投資信託)の承認の可能性に近づいているという。

SECコミッショナーのヘスター・ピアース氏の最近のコメントは、ETHや他の暗号通貨に対する規制環境の変化の可能性を示唆し、この投機的な火に油を注いでいる。

SEC委員がイーサリアムETFの承認について語る

暗号資産に前向きな姿勢から「クリプト・ママ」の異名を取るピアース氏は、暗号通貨の先物市場とスポット市場の相関関係を強調しており、SECの意思決定プロセスに影響を与える可能性がある。彼女の洞察は、暗号資産コミュニティがいくつかのイーサリアムETF申請に対するSECの評決を切望し、期限が迫っている重要な時期にもたらされた。

SECは最近、いくつかのイーサリアムETF申請を延期したが、Peirce氏は、これらの商品を承認するためのSECのアプローチは、必ずしも原資産が証券であるかどうかにかかっているわけではないと指摘した。

その代わりに、他の上場商品と同様に、これらの商品に一貫した枠組みを適用することに重点を置いている。このアプローチは、ビットコイン中心の政策を超えて、暗号通貨ETFに対してより広範で包括的な姿勢を示唆している。

「私たちは、私たちのアプローチが恣意的で気まぐれであると裁判所に言われる必要はありません。そうならないことを願っています。人々は他の製品について議論する際に判例に注目するでしょうし、私たちも事実と状況を見て、おそらくその判例を適用するでしょう」とピアース。

この進展の重要性は、イーサリアムのデリバティブ市場の動きに注目したグラスノードの最新レポートでも強調されている。イーサリアムは、アルトコインと比較して勢いが鈍いにもかかわらず、デリバティブ市場で顕著な上昇を見せており、これは潜在的なETFへの関心の高まりを反映している。

「イーサリアムは)短期的な勝者として浮上し、アウトパフォームの爆発を見た。ETHの投資家は数年ぶりの高水準の純利益を記録しており、潜在的なETFの資本回転に対する投機的な売り意欲があることを示唆している」とGlassnodeのアナリストは書いている。

続きを読むイーサリアム(ETH)価格予測 2024/2025/2030

Bitcoin vs Ethereum Open Interest
ビットコインとイーサリアムの建玉の比較。ソースグラスノード

イーサリアムETFの決定期限である5月が近づく中、市場はSECの動きを注視している。ピアース氏は、SECのアプローチにおける一貫性と公平性の必要性を強調した。それゆえ、今回のコメントはイーサリアムETF推進派に一筋の希望を与えるものだ。

イーサリアムETFの承認は重要な出来事となる可能性がある。実際、イーサリアムをはじめとするデジタル資産の主流への導入と投資の拡大につながる可能性がある。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー