詳細を見る

暗号資産会社ノバテックがSECの犯罪捜査を受ける

3 mins

ヘッドライン

  • SECはノバテックのプロモーターに対し、証券法違反の疑いで召喚状を執行。
  • 調査はノバテックのMLM戦略と米国規制への準拠に焦点を当てている。
  • デジテックス・フューチャーズCEO、AMLプロトコルの怠慢で起訴 規制の重要性を強調
  • promo

暗号資産業界は監視の目を強めており、ノバテックは米国証券取引委員会(SEC)から規制の熱を感じている最新の企業である。

2024年2月13日、テキサス州北部地区連邦地方裁判所は、ノバテックの主要プロモーターであるダピリヌ・ダンバーとコリー・サンプソンに対する召喚状の執行を求めるSECの要求を認めた。

なぜSECはノバテックを調査しているのか?

ノバテックはマルチレベル・マーケティング戦略で運営されているとされ 証券取引法違反の可能性があるとしてSECの注目を集めている。実際、ダンバー、サンプソンらがプロモーション活動を通じて規制に違反したかどうかが焦点となっている。

ダンバーとサンプソンが何度もコンプライアンスをかわし、重要な文書や証言も提出しなかったことから、裁判所が召喚状を執行する動きを見せた。現在、キャサリン・ロウジー、トッド・ベイカー、ジェイミー・ハウゼッカーがノバテックに対するSECの調査を指揮している。

「SECは事実調査を継続しており、現在までのところ、いかなる個人または団体も連邦証券法に違反したという結論には至っていません」とSECは書いている。

続きを読む暗号資産詐欺プロジェクトの見分け方

SECの取締りは、米国の規制を回避する暗号資産に対するより広範な取り締まりの一環である。

例えば、Digitex Futures ExchangeのCEOであるアダム・コリン・トッド氏は、銀行秘密法(BSA)に基づくマネーロンダリング防止(AML)およびKnow-Your-Customer(KYC)プロトコルを怠った罪に問われている。トッドはKYC対策の採用を拒否したため、連邦裁判所に提訴され、規制遵守の重要性が浮き彫りになった。

続きを読む暗号資産規制:利点と欠点は何か?

ノバテックとデジテックス・フューチャーズに対するSECの措置は、暗号資産市場における規制執行の広範な傾向を示している。実際、これらの事例は、業界を規制することの難しさと、暗号資産企業が法令遵守を優先する必要性を示している。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー