詳細を見る

SEC対リップル訴訟:重要な決定を前にXRPが急騰

3 mins
更新 Bary Rahma

ヘッドライン

  • SEC対リップル訴訟、法廷闘争終結間近でXRP売りが急増。
  • 暗号資産クジラ取引、SECの答弁書が迫る中、市場をかき乱す。
  • リップル社、SECの高額の罰則案に1000万ドルの上限で対抗。
  • promo

米国証券取引委員会(SEC)対リップル社の裁判がクライマックスを迎える中、暗号通貨市場では価格が上昇する一方でXRPトークンの大幅な売りが目撃されている。

法的対決の中、謎のクジラによる注目すべき取引が市場の反応とボラティリティを激化させている。

SECが5月6日に提出する予定の答弁書への期待が高まっています。この文書は、リップル社の証券違反容疑に対する罰則に関するアナリサ・トーレス判事の決定に先立ち、極めて重要です。以前、2023年7月にトレス判事は、リップル社が機関投資家向け販売においてXRPを有価証券として登録しなかったことによる米国証券法違反を認定した。

SECは8億7,600万ドルという途方もない額の制裁金と同額の民事罰、追加利息、合計約19億5,000万ドルを提案しており、賭け金は高額です。逆にリップル社は、いかなる罰則も1,000万ドルを超えてはならないと主張しており、同社の業務に詐欺や欺瞞がないことを強調している。

このような動きの中、暗号資産コミュニティはSECの次の動き、特にXRPのプログラム販売を証券取引に分類しなかった2023年7月のトーレス判事の判決を警戒している。この判決は、SECによって争われる可能性が高い重要な要素であり、XRPに対する法的圧力を維持するものです。

続きを読むリップル対SECについて知っておくべきすべてのこと

トーレス判事の判決の前に、多くのXRPトークンが移動されました。約2,824万XRPトークン(約1,494万ドル相当)がBitstamp取引所に移動されました。この動きは、XRPの市場センチメントが改善し、ポジティブな期待が急激に高まっている時に起こった。

投機の高まりはXRP価格の変動につながり、暗号通貨は一時0.53ドルから0.57ドルまで8%近く上昇しました。

XRPの価格パフォーマンス
XRP価格のパフォーマンス。出典トレーディングビュー

それでも、今後の判決に対する暗号資産の反応は非常に重要だ。それは売りを悪化させるかもしれないし、さらなる価格回復への道を開くかもしれない。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-1934.png
Bary Rahma
バリー・ラーマはニューヨーク大学でジャーナリズムの学位を取得した有能なジャーナリストである。 幅広いキャリアの中で、CNNなどの有名メディアで働き、調査能力とストーリーテリング能力を発揮してきた。現在はBeInCryptoで、ダイナミックな暗号資産に関する洞察に満ちた記事を執筆している。BeInCryptoでの仕事に加え、Binanceのコンテンツライターとして、暗号通貨のトレンド、市場分析、アルトコイン、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、ICO、トークノミクスに関する有益なコンテンツを作成し、専門知識を提供している。ジャーナリズムと暗号資産に関する知識をユニークに融合させた彼女は、この業界で多才かつ高い評価を得ている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー