詳細を見る

SEC vs リップル、弁護団が封印文書を暴露

4 mins

ヘッドライン

  • SEC、リップル社に対する答弁書を封印。
  • リップル社はSECの20億ドルの罰金に異議を唱え、1000万ドルを提案。
  • この事件は暗号通貨法にとって重要な前例となる可能性がある。
  • promo

米国証券取引委員会(SEC)とリップル社との間で進行中の法廷闘争に重要な進展があり、著名な弁護人であるジェームズ・フィラン氏は7日、規制当局が最新の答弁書とそれを裏付ける証拠資料を封印したことを明らかにした。

この訴訟にとって極めて重要なこれらの文書は非公開のままであり、2024年5月8日までに修正された公開版が公開される予定である。

SEC vs Ripple の最新情報:封印された証拠が暴露される

封印された文書には、規制当局が提案した最初の救済措置に対するリップル社の反論に対するSECの反論が含まれていると伝えられています。これは昨年7月のアナリサ・トーレス判事による画期的な判決に続くものである。彼女はリップル社が機関投資家へのXRPの販売により連邦証券法に違反していると認定した。

以前、SECはリップル社に20億ドルのペナルティを求めたが、同社はこの数字に激しく異議を唱えた。リップル社の弁護団は、要求された金額は違反の疑いに比べて不釣り合いなほど高いと主張している。

その代わり、リップル社は1000万ドルというかなり低いペナルティを提案し、SECが提案した差止命令による救済と遺贈の必要性に異議を唱えている。

「リップル社は今後、このガイダンスを遵守するつもりであり、そうするあらゆる動機があります。SECの強権的な救済要求は、法律や原則に根拠がない…。裁判所は、SECの差止命令、遺贈金、判決前利息の請求を却下し、1000万ドル以下の民事罰を科すべきである

法的手続きが展開される中、両当事者は細心の注意を払って提出書類を見直し、機密情報を修正した。これには、2024年5月7日に予定されている包括的な協議会も含まれる。ここで両当事者は、裁判所の保護命令によって規定された機密情報を保護するために必要な修正箇所を特定する。

この段階の頂点として、5月13日までにオムニバス・レター動議が提出される。これは、救済措置の説明に関連するすべての資料を封印することを目的としている。その後、5月20日に封印申し立てに反対する反訴の提出が予定されている。

この事件は引き続き大きな注目を集めています。リップル社とその事業に影響を与え、米国証券法における暗号通貨規制の先例となる。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-1934.png
Bary Rahma
バリー・ラーマはニューヨーク大学でジャーナリズムの学位を取得した有能なジャーナリストである。 幅広いキャリアの中で、CNNなどの有名メディアで働き、調査能力とストーリーテリング能力を発揮してきた。現在はBeInCryptoで、ダイナミックな暗号資産に関する洞察に満ちた記事を執筆している。BeInCryptoでの仕事に加え、Binanceのコンテンツライターとして、暗号通貨のトレンド、市場分析、アルトコイン、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、ICO、トークノミクスに関する有益なコンテンツを作成し、専門知識を提供している。ジャーナリズムと暗号資産に関する知識をユニークに融合させた彼女は、この業界で多才かつ高い評価を得ている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー