詳細を見る

SECの暗号資産執行責任者が退任

3 mins
更新 Bary Rahma

ヘッドライン

  • デビッド・ハーシュSEC暗号資産・サイバー課長が約9年の勤務の後、退任。
  • ハーシュは、彼のチームの歴史的な仕事を賞賛し、証券取締りにおける協力の重要性を強調した。
  • SECが暗号通貨規制の継続的な課題に直面する中、彼の退任は注目に値する空席となる。
  • promo

米国証券取引委員会(SEC)執行部の暗号資産・サイバーユニットのチーフであったデビッド・ハーシュ氏が、約9年間の勤務の後、退任することを発表した。

彼の在任中は複数の調査を担当し、暗号通貨を取り巻く規制環境に大きく貢献した。

SECのデイビッド・ハーシュが辞任

ハーシュ氏はSECでの勤務を振り返り、暗号資産・サイバーユニットの功績に誇りを示した

「同氏が特に誇りに思うのは、私が率いる特権を与えられた暗号資産・サイバーユニット・チームによる歴史的な仕事です。

ハーシュはその成功の多くを、SEC内の協力的な取り組みと、州、連邦、国際的な規制当局や法執行機関とのパートナーシップのおかげだと評価した。

ハーシュ氏の退任は、暗号通貨市場の規制を目指すSECにとって極めて重要な時期である。暗号資産およびサイバー・ユニットにおける彼のリーダーシップは、重要な問題に対処し、SECが今日採用している執行戦略の形成に貢献した。

ハーシュはお別れのメッセージの中で、証券取締りにおけるチームワークの重要性を強調した。同氏は、キャリアを通じて同氏を支えてくれた恩師、同僚、友人に感謝の意を表した。

「私が関わったすべての成功は、共通の目標に向けた協力と努力の賜物です」とハーシュは語った。

続きを読むゲーリー・ゲンスラーとは?SEC会長のすべて

ハーシュは今後のチャンスに意欲的だ。しかし、同氏は家族と過ごすために休暇を取る予定だ。同氏は最後に、今後の課題やプロジェクトについて示唆し、メッセージを締めくくった。

ハーシュの退任により、SECには注目すべき空席ができた。彼の専門知識とリーダーシップは、成長する暗号通貨産業がもたらす規制上の課題を乗り切る上で極めて重要だった。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー