詳細を見る

柴犬コインは「K9」パートナーシップの後、0.00001ドルまで急騰する可能性

6 mins

ヘッドライン

  • K9 Finance DAOは、確認された取引ブロックに対してBONE報酬を獲得するKNINEユーティリティ・トークンのローンチを発表した。
  • Shibariumのアップグレードには、2025年に予定されているアップグレードの一環として開始される予定の新しいSHIBとBONEトークンユーティリティが含まれる。
  • ERC-404トークン規格で構築されたシェボシNFTの新しいコレクションは、まもなくShibaswapとUniswapで利用可能になる。
  • promo

Shibariumエコシステムの開発者であるK9 Financeは17日、3月7日に新しいKNINEユーティリティトークンをローンチすると発表した。同発表は、柴犬コイン(SHIB)が2月に再び関心を集めた後、0.00001ドルの水準に近づく中で行われた。

ShibariumエコシステムがKNINEリワードトークンのローンチを発表した後、SHIBは0.00001ドルに達する可能性があります。

KNINE保有者はBONEリワードでクランチする

トークン生成イベントは、KNINEが昨日CoinGeckoとCoinMarketCapに統合された後、2024年3月7日に行われます。新しく鋳造されたKNINEトークンの保有者は、Shibariumの取引ブロックを検証することで得たBONEで報酬を得ることになる。k9 Finance Decentralized Autonomous Organization (DAO)は1月31日、KNINEトークンのプレセールが完売したことを発表し、次の主要イベントとしてトークン生成を確認した。

k9 shibarium
KNINEローンチ日発表|Buzz.Shib(K9ファイナンス開発者)

続きを読む2023年に注目すべきイニシャル・コイン・オファリング(ICO)トップ5

3月7日のイベント後、K9 Financeチームはヘスペロシオネ・テストネットにデプロイする前に、監査とバグチェックのためにコードを利用できるようにする。開発者はこれに続き、最終版をリリースする前にShibarium BridgeとShibaswap分散型取引所との統合を行う。K9ファイナンスとShibariumのパートナーシップの詳細は、2月21日に開催されるTwitter スペースで明らかにされる予定です。

K9 Financeは、SHIBariumのWeb3エコシステム向けに開発された、流動的なステーキング・デリバティブ・プラットフォームです。このプラットフォームにより、ユーザーはBONEトークンをステークしてネットワークを確保し、knBONEリクイディティトークンを受け取ることができるようになる。このアップグレードは、柴犬コミュニティのWeb3国家に向けた動きの一環であり、リード開発者の草間志敏氏が1月に明らかにした。

0.00001ドルへの期待が高まるSHIBの動向

最近のSHIBトークンの開発は、その価格がすぐにゼロを1つ失うかもしれない興奮を生み出している。今週初め、開発者のLUCIE氏がShibariumのアップグレードの暫定的なスケジュールを提示したことで、トークンは0.00001ドルへとトレンドが変わりました。

SHIB price
柴犬(SHIB)価格チャート|ソース:BeInCrypto

LUCIEは、開発者が新しいSHIBとBONEトークンユーティリティを開発しており、2025年末までに大規模なアップグレードの一部としてロールアウトする予定であることを確認した。さらに、新しい分散型アプリはSHIBトークンを破壊し、SHIB取引手数料の燃焼を補完する。

LUCIEはまた、胎動中のERC-404トークン標準を使用して構築されたNFTの新しいコレクションを確認した。この新しいトークン標準は、ERC-20トークンの換金性と、希少だが比較的流動性の低いNFTに使用されるERC-721標準を組み合わせたものである。ERC-404はPANDORAトークンのリリース後に注目されるようになった。

LUCIEはまた、10,000枚のShiboshisコレクションを補完する「Sheboshis」コレクションを発表しました。NFTの購入者は、Shibarium Discordで発表された日にShibaswapとUniswapでShiboshisを取引することができます。

続きを読むERC-404トークン:完全ガイド

LUCIEはまた、現在Shiboshiピースを持っている人は無料で請求する資格があると述べた。これは、柴犬の人気を考慮すると、ERC-404標準が牽引力を得ることを可能にするかもしれない。

「…Shiboshisホルダーは無料で請求できる。柴犬NFTはまだローンチされていません。詳細はDiscordとTelegramでご確認ください。つまり、ERC-404と#SheboshisNFTは、NFTの世界に興奮と真の価値をもたらします」とLUCIEは述べた。

BeInCryptoはLUCIEにコメントを求めたが、報道時点ではまだ返答がない。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

david-thomas.jpg
David Thomas
南アフリカのダーバンにあるクワズールー・ナタール大学で電子工学の優等学位を取得。同氏はエンジニアとして8年間勤務し、南アフリカのオートメーション専門会社Autotronix (Pty) Ltd.で工業プロセス用ソフトウェア、AngloGold Ashantiで鉱業制御システム、スウェーデンのコングロマリットAssa Abloyが全額出資する国内セキュリティ会社Inhep Digital Securityで消費者向け製品を開発した。同氏は、商用アプリケーション向けにC、C++、C#でソフトウェアを書いた経験がある。 技術的なテーマへの情熱と、複雑なトピックをシンプルに説明する能力を組み合わせるため、2021年に執筆業に転身。 量子コンピューティングに関する記事など、暗号資産とその他の技術的進歩が交差する記事は人気を博している。 現在、同氏は視野を広げ、金融市場をより広く理解しようとしている。ステーブルコインが伝統的な金融をどのように変えるのか、金融システムの技術的基盤はどうなっているのか、などが彼の関心事である。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー